『紀文』

テーマ:
冬になると食べたくなるもの ブログネタ:冬になると食べたくなるもの 参加中
本文はここから








395


”おでん”良いですね~!。

うどんや、ラーメンも美味しいンですが、
 やはり居酒屋で熱燗と一緒に楽しむ、
  ”おでん”は最高です。


実は、以前ウチの会社で、おでんの具、
 「ちくわぶ」や、「ナルト」の、
  金型を扱ったことがありまして、
   最近の、水産加工の技術には、
    
 実に目を見はる工夫がなさてれいるのに、
  感心させられました。

擂り身、練り物、鮮度が命。

釣り上げた魚を、
 工場で加工してたンじゃ鮮度が落ちる。

船の上で、一次加工をしたり、
 カップ麺用に、フリーズドライしたり、
  その最先端のハイテク技術は、
   もう、魔法の様です。



さて、そのかまぼこ最大手の『紀文』。 
(おおっ!。さすが最大手、パソコンで一発変換)

前身となったのは、ナント!お米やさん!。



日本有数の米所、山形から上京した、
 保芦邦人(ほあし くにひと)さんが、
  昭和13年(1938年)、東京の八丁堀に、
  「山形屋米店(紀文食品の前身)」を開店。



後に邦人さんは、築地場外に拠点を設け、
 果物店を開業する事になりました。

その時、お世話になった方から、
 「紀国屋」という屋号を貰い受け、
   
 贔屓のお客さんから「紀国屋さん」と、
  ”さん”づけで呼ばれるコトを、
   申し訳ないと思った、邦人さんは、
    呼び捨てにしても、親しみのある、
     何か良い名前は無いかと思案し、

 店名の「紀」に、奥さんの名前
  (文子)から一字もらって「文」を添え、
   「紀文」と改称しました。


その後、海産物卸売り事業を手がけ、
 いち早く水産練り製品製造事業に着手。

店に並ぶ新鮮な海産物とともに
 品質の良い練り物が、評判を呼び、
  銀座松坂屋から、直々に、
   紀文の出店依頼が寄せられる程、

 紀文の評価は、飛躍的に高まり、
  世界中で食されているのです。

お正月のおせちや、おでんに欠かせない、
 練り物を作る、「紀文」の社名には、
  こんな素敵な由来があったンですネ!。


【送料無料】紀文(キッコーマン) 豆乳飲料200ml紙パック 選べる4ケース 計72本調製豆乳...

¥5,362
楽天

【送料無料】紀文 おでん 一人前 450g 12個入 【常温保存可】【長期保存可】

¥4,180
楽天

【常温】【12個】おでん汁の素顆粒(大) 17g×5 紀文食品 | おでんの素 おでんだし お...

¥3,324
楽天

AD