貧血

テーマ:
春夏秋冬、1番疲れる季節は? ブログネタ:春夏秋冬、1番疲れる季節は? 参加中

私は派!

本文はここから



春夏秋冬、1番疲れる季節は?

気になる投票結果は!?




春夏秋冬、1番疲れる季節は? ブログネタ:春夏秋冬、1番疲れる季節は? 参加中

私は派!

本文はここから



春夏秋冬、1番疲れる季節は?

気になる投票結果は!?




true-1356

ついこの間、夜中に目が覚める程、
 寒かったと思ったら、
  30℃を越える、
   真夏日の陽気が続いたり・・。

春から夏へ向かう、
 ちょうどコノ梅雨時は、
 
 急に暑くなったり、寒くなったり、
  気圧の変化で体調を崩し易く、
   疲れの溜る時期なンだそうです

たしかに夏の暑さや、冬の寒さの方が、
 体力的にキビシイんですが、
  それなりに覚悟して、
   乗り越えられるンですが、

 意外と春先や、梅雨寒の時期は、
  風邪ひきやすく、お腹を壊し易くなります。


試験に出ない!-4318



なんだか疲れやすい、やる気が出ない、
 「5月病」特有の、この症状の人は、
  「鉄欠乏性貧血」なのかも知れません。

急に気温が高くなると、
 汗と一緒に、血漿の成分が、
  大量に体外へ流れ出て、
   「鉄分」の喪失が著しくなります。

鉄分は、赤血球のヘモグロビンの中にあり、
 酸素を捕らえ、血流に乗って、
  体内の細胞へ酸素を供給します。

赤血球の寿命は、約4ヶ月(120日)位ですが、
 マラソンなどの、激しい運動や、
  長時間歩いたり、過酷な労働する事により、
   血管内で、赤血球が壊れ、
    また、尿に血が混じるなどして、
     大量の赤血球や、鉄分を失う事があるそうです。

血液中の鉄分が不足すると、
 酸素の供給が滞るので、
  頭痛、めまいや、虚脱感、
 
 また、内蔵の自律神経にも影響し、
  胃腸障害や、下痢を引き起こし、
   体力や、免疫力が低下して、
    病気にかかり易くなります。 


こういった非常時には、
 肝臓、骨髄、脾臓に蓄えられた鉄分を、
  酸素運搬役へまわされますが、
   鉄分は、食事からの吸収率が悪いので、
    積極的に補給する事が大事です。

レバーや豚肉などが、オススメですが、
 ほうれん草や、卵や動物性たんぱく質と一緒に、
  ミネラルや、ビタミンCをとると、
   さらに鉄分を吸収しやすくなるそうです。




エミネトン 80T[エミネトン 貧血の薬/鉄剤/錠剤 ケンコーコム]【第2類医薬品】

¥1,372
楽天

マスチゲンS錠 32錠[マスチゲン 貧血の薬/鉄剤/錠剤 ケンコーコム]【第2類医薬品】

¥891
楽天

貧血の人の食事 [ 代田常道 ]

¥1,260
楽天

あきらめない!その頭痛とかくれ貧血 [ くどうちあき ]

¥1,155
楽天

【あす楽対応】貧血、肝臓に良い!宍道湖産、しじみスープ 13g×12

¥1,281
楽天
AD