979

毎年、12月25日にTBSラジオ、
 「大沢悠里のゆうゆうワイド」の枠の人気コーナー、
   「毒蝮三太夫ミュージックプレゼント」で、
     聴いたクリスマスのお話。

実に毎年、クリスマスの日だけに、
 一部の地域で、マムシさんが、
  公開生中継で放送する中で、
   語られた物語。

「昔々、とあるヨーロッパの、
  寒い寒い国の町外れに、 
    貧しい病気がちなお母さんと、 
    小さな男の子が2人だけで住んでいました。

内職で生計をたて、
 爪に灯をともす貧しい暮らしの一年のなかでも、
  今日は特別な日、クリスマスイブです。

「ねえ、ママ。今日はクリスマスイブだね」

男の子がそう言うと、
 お母さんは内職の手を休めて、

小さな声で「そうね」といいました。

「ねえ、ママ。今日はサンタクロースが来るんだよね。
  サンタクロースが靴下の中に、
   プレゼントをいっぱい持って入れて帰ってくんだよね。
     ねえ、ママ。そうだよね。」

貧しい暮らしの中で、
 オモチャも買ってもらえない坊やが、
 どこで伝え聞いたのか、
  期待に震えてひとしきりまくしたてると、
   
お母さんは「そうね」と力なくいいました。

「そうだ、サンタクロースが来るんだ。
  じゃあ、今日はいい子にして早く寝よう。」

坊やは、嬉しそうに枕もとに靴下を置いて、
 すやすやと寝てしまいました。

翌朝、坊やは靴下の中を見ました。

靴下の中にプレゼントは何も入っていません。

一枚の紙きれの手紙だけがありました。

「坊や、メリークリスマス。サンタさん来なかったわね。
  来年はきっとくるようにお願いするから。
   ごめんなさい・・・。ママより。」

がっかりした坊やは、
 「なんだ、サンタクロース来なかったじゃないか。」

ねえ、ママ。来なかったじゃないか。」

「そうね、サンタさん忙しかったのかしらね。」

今にも泣き出しそうな、
 お母さんの悲しそうな顔を見た坊やは、
  急に叫びました。

「いやー来なくてよかったんだよ。」

「来なくてよかったサンタクロース。

サンタがさあ、僕より悲しい子や、
 親のない子、家のない子、
  飢えてる子のところへ行くんだろ。

だから僕のところへ来なかったんだ。」

「来なくてよかったサンタクロース。
  来なくてよかったサンタクロース。わーい、わーい。」

小さな男の子は空っぽの靴下を握り締めて、
 雪の積もっている庭に元気に駆け出して行きました。


作・演出・構成は、
 毒蝮三太夫こと、マムちゃん。

さっきまで、公開中継に集まった、
 地元のじいちゃん、ばあちゃんを捕まえて、
  ジジイ,ババァと毒舌で、
   爆笑を放っていたのに、
    こんなシリアスな物語を聞かされたら・・。

クリスマスといえば、
 孫にオモチャでも買ってあげたいと思うハズ。

飴玉も買えなかった、
 貧しい時代を生き抜いてきた世代の人なら、尚更・・。

マムちゃんが、台本も読まず、
 集まった皆の顔も表情をみながら、
  淡々と肉声で語るので、
   話の内容はその都度かわるので、
    感情が籠ります。   

さっきまで、破顔大笑していたばあちゃんが、
 この話を聞いて号泣したことも・・。

年の瀬の、慌ただしい頃だから、
 ふと、足を止めて、
  ラジオに耳を傾けて、考える、
   ひと時があってもいいのかも・・。
AD