「定礎」

テーマ:
441
街中を歩いていますと、
ビルやマンションに代表される建造物の脚もとに、
「定礎」と書かれた石や金属のプレートが、
埋め込まれているのをよく見かけます。

この定礎と書かれたプレートの奥には、
「定礎箱」と呼ばれる鉛や銅製、たいがいは、
ステンレス製の箱が埋め込まれていて、
その中には、建物の住所や発注者、
施工者などを記したモノが入っています。

また、地鎮祭や起工式、竣工式などで祀った、
氏神様のお札や、建築図面、さらに、
「定礎式」当日の新聞や通貨、
その会社の社史なども入っています。

もともとは、古来ヨーロッパで行われていた、
石材建築物の最初の基準となる、
石を置く仕来りに由来しています。

本来は、初期の早い段階に行われるモノでしたが、
日本ではある程度、建物が出来上がった時点で、
それまでの工事に対する、無事故を祝う感謝と、
その後の工事と建造物の安泰を祈願する儀式として、
「定礎」を嵌め込ンでいます。

いちど嵌め込ンでしまうと、
二度と取り出すことは出来ず、
建物が完成してしまうと、
次に「定礎箱」が日の目を見る時は、
建物を壊す時か、地震で壊れた時だけです。

ちょっとしたタイムカプセル。

皆さんも、街中を散策して、
ふと、ビルの「定礎」を見かけるコトがあったなら、
「この奥には「定礎箱」が入ってるんだな!」
と想像して見るのも面白いですよ!。

定礎石は、建物の南東の角に置かれることが、
多いので、ぜひ探してみてくださいネ!。


AD