OverlandVerdeのブログ

海外在住のセラピストです


テーマ:

こんにちは

 

リマはかなり寒くなってきました。曇り空が多いので、たまに午後ちょっと太陽が出てくれると嬉しくなります。

 

今日は、頭の目で見る場合と、心の目で見る場合の違いについて書きたいと思います。

 

多くの人は、物事を頭の目でしか見ていないために、余計なエネルギーを消費してしまっていると思います。自分の周りで起こっていることや他人の言動が気になり、それらの影響を受けてしまうのは、頭の目で見ているからです。

 

頭の目で見るときというのは、見る対象に焦点を合わせ、分析するために頭を集中させます。頭は見ている対象を、重要なものと捉え、様々な判断を下します。そして、判断した内容によって、色々な考えや感情が生じ、エネルギーが費やされていきます。

 

一方、日常の中で、心の目で物事を見ている人はあまりいません。心の目で見るときというのは、頭は停止しています。頭が停止している状態になると、見ている対象は重要性を失いますので、気にならなくなります。どうでもよくなりますので、影響を受けることはなくなります。

心の目で見ると、見ている対象は全体を形成する一部でしかなくなるので、それに特別の注意を払うということはしなくなります。それについて考えたり、重たい感情が生じる事もなく、余計なエネルギーを費やすことはありません。

 

それでは、頭を停止させるには、如何すればよいのでしょうか?

 

頭を停止させるためには、対象に焦点を合わせずに、自分と対象の間にある空間を意識します。空間には形がありませんので、空間を意識することで、頭は分析することも判断することも出来なくなり、働きがストップします。

 

更に、自分と対象の間の空間を意識すると、その空間は目に見えないエネルギーで埋められていていることに気が付きます。そして、その見えないエネルギーによって、存在する全てがつながっていると感じることが出来れば、全てを一つとして捉えられるようになります。見ている対象は、全てを形成する一部でしかなくなります。

 

自分自身を見つめる際にも、頭の目ではなく、心の目で見ることが大切です。頭の目で見ると、自分自身を分析し、「良い悪い」の判断してしまうので、自分の中の影をありのまま受け入れるということが出来なくなります。頭の目で自分を見ると、自分が重要になってしまうので、自分に関することが全てが気になってしまいます。他人に無視されたり、陰口を言われたり、嫌みを言われて気分を害してしまうのは、実はその人の自分に対する行動自体が原因なのではなく、「自分は重要である」と感じていることが原因なのです。しかし、心の目で自分を見てみると、自分は重要性を失い、全ての一部として捉えることができ、、自分の影も光もありのまま全てを受け入れることができます。

 

しかし、それは決して自分は重要ではないということを言っているのではありません。全てを形成する個々は、それぞれ重要なものです。頭の目で見て分析し、判断しなければならない場合も、もちろん沢山あります。大切なのは、いつ頭の目で見て、いつ心の目で見るかをうまく使い分けることです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

OverlandVerdeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。