あんとみ的 ことば ころころ たまむすび

ころころと たのしいことば
ころころと うごきまわることば
ころころしても ぬけないように
たいせつな ことばを たまむすび

ことほぎのことだま師あんとみのブログです。
どうぞよろしくおねがいします。


テーマ:
{64277457-1850-4E76-B0DB-8954FA6CEB7D}

三歳の時は
わたしが三歳の時に着た着物を。
(54年前なのね(;^_^A)
今年は七歳で
娘達が着た着物を。
(28年前…)

新しい物を新調するのも
おめでたくていいものですが、

祖母、母が子どもの時に
着た着物を
孫、娘が着るというのも

なんだか、うれしいものですね。

代々語り継がれる
その時の思い出は
その家のお宝ね(୨୧ ❛ᴗ❛)✧

{2DFC6AD9-5679-48C8-9D1C-B820BDA99817}

ちなみに七五三のバッグに
入っていたのは
この子の叔母が
持った時(28年前)に
入れてあったハンカチと
御賽銭の20円でした(*´罒`*)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ほかいびと(祝言人)」 の記事

テーマ:
反対側にまわって
着いたのはこちら〜
{10054E12-800A-48D8-B773-96F3175880E0}

立派な山門ですね〜〜
{37DF0748-95E6-4AC3-97E6-96DCD747A923}

立派な多宝塔〜
{38D3B6BE-FAA7-441E-9D8E-72B1D8C68E82}

ついで感満載で寄ったんだけど…
ここは
「三人よれば文殊の知恵」で
超有名なお寺(⊙ꇴ⊙)

独りでなにか始めるよりも
複数人でしなさいってこと?

まだ、何を始めるか
どうしていくか
何も決まってないけど…

グループ行動とか苦手だけど…
数人で何かイベントとか
苦手だけど…
一匹狼的な単独行動の方が
動きやすいと思ってるけど…
集団になると、そこから出たくなるけど…

仲間と呼べる人達が
いることはシアワセだし、
独りで生きてるとも
思ってないし、
いろんな方々のおかげさまで
ここにいられるのは
本当にありがたいと
毎日感謝してる…

ここにきて、
三人よれば文殊の知恵…

一般にはこの三人は
凡人と言われてますが、
凡人、されど凡人…

道を極めようとしている人は
まわりから凄いと
言われても言われなくても
人が相手ではなく
天を相手に目指している

だから、いつまでも
謙虚に素直でいられる
我をはらない
自慢もしない

そういう人達と
何かしていきなさい…
ってことなのかもね
(*´˘`)(✽-ᴗ-)ウンウン❤︎

{8A3E1A84-B398-41F7-BFC5-4ECD5852C690}
亀に乗ったちょび髭( ื∑ ื)に
導かれて、ここまで来られたので
亀さんの御守りを買っちゃちました。

ウミガメ系のグッズに
ハマりそうで。o゜ヤバ(p´□`q)ヤバ゜o 。

{184C76E5-1DC6-4009-9636-CCBBD95B5FC4}
天の橋立を歩いてみました。
ここは自然が作った
砂洲なんだってね〜〜〜
すごいわ〜〜〜〜
砂洲ってコトバに
ブラタモリ的にテンション⤴

天の橋立から
{9C18CE8C-DC4D-4CA4-BBA4-D0B386FE1C1A}
この太陽の道に導かれて、
さてさて、
これからどちらへ
行くことになるのでしょう〜〜〜
ヾ(≧∀≦*)ノワクワク……

誕生日の宴から
亀に乗ったちょび髭さんに
導かれた旅は
これで一旦おしまいです。

と、書きましたが、
実はですね
すでに
その予兆は動き出しているので
あります( ✪ฺ╻✪ฺ)‼‼‼‼‼‼

「終わる」ことを「お開き」と
言うように
ひとつの終わりは
次への始まり!

それは、あるサインに
関係してるんだけど…

わたしが
マサカ、そっち???
ウッソーン!!Σ(;゚ω゚ノ)ノな感じなのです。


このお話はまた後日ね(^_-)-☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モノレールで登って
展望台へ〜
{52DD2CEB-091A-444F-A73E-6EA6D42F06CB}
すご〜い!
龍に見える!

イザナギ、イザナミが
天への上り下りに使われていた
浮橋が、ある日
イザナギが昼寝をしている間に
倒れて天橋立になったとか…

イザナギがイザナミに会うために
天から架けた橋だったとか…

昔の人の想像力は
豊かだね〜〜
うんうん、豊かさだわ〜〜

籠神社の籠って
竹かんむりに龍!!
そういう意味?
でも、籠(かご)って
龍に竹だと考えると
分かりづらい…

「龍」には
「いつくしむ」「大切にする」とか
「まもる」「いとおしむ」って
意味もあるんだって!

籠は
竹でカゴをつくって
中身を大切にするもの…

籠神社(このじんじゃ)は
中身を大切にする
場所なんですね〜〜

わたしのまわりには
龍が見える人達もいて
どんなに見えるんじゃろ?
すごいな〜〜
わたしも見てみたいわ〜
とも思いますが

龍の
「いつくしむ」「大切にする」
「まもる」「いとおしむ」って意味を
知ると、
見えなくてもそんな感じは
わかるような気もします。

龍国日本とか聞くと
わからない世界のようだけど
「いつくしむ」「大切にする」
「まもる」「いとおしむ」国が
日本なんだな〜と素顔に思えます。


ちなみに、ご多分に漏れず
股覗きもしてみましたよ(^_-)-☆
逆さに見るって
見方が変わって新鮮!
だけど、
股覗きして写真を撮っても
同じ景色なのね( ื∑ ื)

{EDFF8763-A549-426B-904A-A602E5FAC2B1}
 籠神社の絵札にも描きこまれてる
冠島と沓島がここから遥拝できます。
{B471DACB-7AAC-432F-80D5-C9AA4E5F7405}

お腹が空いた〜〜
麓に下りて
発見したのが
古代米を復活して作った
古代米玄米麺「たべそ」
{20D296CC-E87B-43B7-A64F-6C9CAFF7605F}
籠神社の神饌として
奉納されてる米だとか、
斎宮の稲も同じ種類だとか、

食べようとしたら
「たべそ」に詳しいオジサマが
嬉しそうなお顔で寄ってこられて
根掘り葉掘り聞くわたしに
それ以上深く教えてくれました。

古代米の会長さんなんだって〜。
そりゃよくご存知のはず。

冷たい麺にしたから
のびないけど
早く食べさせて〜〜
とも思ってたら
(わたしが質問するから
    どんどん長くなるんじゃろがい)

お店の大将が
「ご静聴ありがとうございました」
と、きってくれました( ^ิ艸^ิ゚)

関西のこういう
自然に、かけ合い漫才をしてしまう
人達、好きだわ〜〜
コトバ遊びができる
余裕があるんだと思う。

ちなみに麺はツルツルしこしこで
お出汁も大変美味しゅうございました。

麓神社にも立ち寄りました。
ここも由緒があるのですが
それはさておき、
{33C93D66-9437-4FD2-9A7A-72ADF7A8F74B}
子どもの頃のわたしなら
犬の散歩に毎日来て
階段のところで座って
犬と肉まん半分こする神社だわ。

分かりにくい?よね〜〜

懐かしい感じってことです(*´罒`*)
{115886AE-31D8-46D8-A907-567E5DCCC4A3}
狛犬さんが子ども連れ〜
優しいおかあさんみたい。

{602A181A-C194-4B73-8927-3EC6FB7433E2}
芳名帳の木の箱に書かれた
古代文字の「麓」がカッコイイ!

ようちゃん思い出しちゃった〜
フェイシャルハーモニー
ハートフル100セッションの
真っ只中!!
フレーッフレーッ!!*\(・▽・)/*ようちゃん
会いたいな〜〜

そんなこんなで
次は天の橋立を歩いてみます〜

つづく〜〜



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
籠神社の奥宮と言われる
真名井神社の入口です。
ここから緩やかな登り道。
登りは緩やかでも
苦手です(;^_^A

{130624D9-A58C-4E42-81E0-9DA9120C07BB}
現れたのは
不思議な光に包まれた場所
{44F40F16-318F-40C3-9058-F898B504BD4D}

そして、お出迎えは
狛犬ではなく
狛龍!
銀魂と赤魂を両手に
にぎっています。
{8047FE6B-24D8-4EBB-9D20-8BB21E62A689}

{8DEEDA10-02F6-4EF8-9C08-06E8851F4B44}
この狛龍さんも
かわいい〜〜〜。(*ˊૢᵕˋૢ*)

赤に見える玉は
実は金色らしいです。
金色を際立たせるには
多分地塗に赤を使うのでしょうね。

わたしの中の「赤」とは?
わたしのまわりの「金」とは?

もう少し感じたいと思います。

あすかちゃんがみてくれた
「赤」というのは
このことだったのかもしれません。

その上、こちらには
後日知ったのですが
イザナミさまがいらっしゃいますし
お話も残っているようです!!
なんということでしょうฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ
すごいよ、あすかちゃん!!

{91099D52-2112-4B43-AA49-0F548903FA8C}
〜日本屈指の古社にして
最大級の聖地〜
と、某サイトに書いてありました!
境内は撮影禁止なので
写真は撮れませんでしたが、
祀られている
磐座と御神木、土地の威厳が
すごいです!
シンプルなお社は
謙虚でいて、
優しくおおらかな存在感!

拝殿前では心地よい風が〜〜(*ˊૢᵕˋૢ*)

厳かで優しい空気でした。


大切なところほど
手を入れては
いけない

本当に大事なら
そっとしておく

それは放置ではなく
見守ること

見守り見守られる
見守られ見守る

そうやって遺したいもの


そんなことを感じました。

ここでは、おちゃらけられない
そんな空気感です。

さて、せっかくここまで来たので
天の橋立を見に行きますよ。

つづく〜〜






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
籠神社には絵馬的な木札がありまして
{224713F1-F901-4ACF-A9BF-28D61262B3DF}
裏には説明が…
{DE926423-1322-4CCB-88C3-36E0D4B9591E}

登場人物(神様)?が増えてくると
いっきに、何がなんだか
わからなくなる、あんとみです(;^_^A

この中で
キラリとわたしの目に飛び込んで
キタ━(゚∀゚)━!のは
「天香語山命」

古事記や日本書紀、先代旧事本紀など
研究されてる方々によると
それはもう、諸説あると思いますが

そういうのとは
多分全く関係なく
感じたメッセージは

天香語山命
(天の香りのする物語りを
    する存在(山)に
    なりなさい(命、みことのり)

もちろん、コトバ遊びですが、
ほんわかと響くのであります(*ˊૢᵕˋૢ*)

先代旧事本紀より〜普通に〜
コトバ遊びが好き〜〜
ゴッホより〜普通に〜
ラッセンが好き〜〜
(後半、永野になってますよ…)
{6B4F7D6A-F302-4AFB-BC04-7E52FD3DFBD3}



あんとみは思考好きなので
一応何かと調べて検証したがりますが
音と匂いには
直感的に反応するようです。( ื∑ ื)

さて、次は真名井神社に向います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。