2010年07月11日 15時46分46秒

"夜神楽"

テーマ:自転車の旅九州編

ぷはーーーー



疲れたーーーー!!



怖かったーーー!!




辿り着いた道の駅で購入したおにぎりセットが美味しい美味しい!!



理由は本日の記事で供述(!?)するとして、

昨日の夜のお楽しみについての話なんですが……




20時から、「夜神楽」というものを見に行ってましたニコニコ


高千穂に伝わる神話を模した舞を舞う催しですねひらめき電球



高千穂神社の神楽殿で公開されたんですが、道の駅から目と鼻の先だったので近くて良かったですアップ


全部で33番まである夜神楽の内の、4番をその夜は公開されましたひらめき電球




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


雨でしっとりと艶めいていた夜の神社も趣深いもんですねキラキラ



雨の中、夜の神楽なんて見に来る人はそんないないだろう、そう思っていたんですが……





インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


甘かったァーーー!!!


おまんじゅうのようにギッシリと狭い神楽殿の中に人々が詰め込まれていました(^^;


さすがは高千穂……



頭取と思しき人が

「私らは神楽のプロというわけではございません、普段は百姓をしております。

 月に一回しか披露しないもので、緊張のあまり舞いを間違えてしまうかもしれません、

 そういう時は温かい目で見守っていてあげて下さい」

と言って場を沸かせていましたニコニコ


でも遠い遠い昔から伝説の神話を模した舞を今日まで伝承されてきているわけですから、

期待はしてしまいますよね。



全部で4つの舞が披露されたんですが、

1番は、昨日話したタヂカラオがアマテラスが天岩戸に隠れたのでその天岩戸がどこにあるのか

探し出す様子を表現した舞でした目



そして2番が、これも昨日話しましたがアメノウズメが所在がハッキリした天岩戸の前で

アマテラスを誘い出そうと面白おかしく舞う様を表現したものでした。






一応動画にしてみましたが、"面白おかしく舞う"という割にはわりと地味でしたね(^^;


まあこんなものなのかな?


もっと江戸時代末期の「ええじゃないか」のような派手なものを想像していましたがあせる





インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


3番は、1番も現れたタヂカラオがアマテラスを迎え出すために

天岩戸の岩を力いっぱい取り除く様を表現した舞でしたひらめき電球


さすがにこれは荒々しい感じが表現されていましたねニコニコ






インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


それで最後の4番目はちょっと番外編という感じで、

イザナギ・イザナミが酒を造ってお互い仲良く飲んで抱擁し合い、夫婦円満を象徴している舞とのことでした。



おおっ、イザナギ・イザナミ!!!ひらめき電球




って

おいおいこれどう見てもさっきの

タヂカラオとアメノウズメじゃねーか!!!爆弾



用意されていないのか、イザナギとイザナミのコスチュームは(^^;






インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


でもこの4番のが一番面白かったです、

イザナギとイザナミが顔を近付けて接吻を表現した後、イザナギが客席に入り込んできて

女性客の近くまで行って、イザナミに浮気を怒られて連れ戻されるという表現があったり、

イザナギが押し倒したと思ったらイザナミの方が上になっていたり、

神話の枠に収まらない人間くささが現れていて俺含む観客をドッと沸かせていました(^o^)



何だか神話を模して堅苦しいもので終わらせずそういう形を崩した人間味あるところが見れて、

高千穂の人たちは良い人たちばかりなんだろうなあという印象を抱きましたねニコニコ



まあこれも観客を飽きさせないためで、

もっと本格的な神楽だったらもっとしっかりやっていたのかもしれないですがひらめき電球




でもこれが長年伝えられてきた日本神話の神楽なんだなあと思ったりもして、

その世界に引き込まれていましたニコニコ



一時間だけの夜神楽でしたが、見れて良かった、楽しかったなあキラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。