2009年08月10日 17時47分18秒

激痛と孤独の7時間コース

テーマ:自転車の旅北海道編

37日目


現在地:北海道
天気:晴れ
体調:不調(・・;)
走行距離:5キロ
宿泊地:ライダーハウス(みどりの湯)
FX:絶好調
ドコモ電波:快調
Eモバ電波:ギリギリ圏内


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





気分は戦場に赴く一介の戦士。




朝6時前、自転車をふもとに置いて、あらかじめ買っておいたリュックに

水1リットルとパン二つ、レインコート、虫除けスプレー等を収め、

いざ、難攻不落の利尻山の登山口へと向かいました。




歩いてみて、

うん、昨日よりは足の痛みは引いている……




でも、やっぱり左足の甲と右足の付け根が痛い……




登山口に向かう段階からこんなんで大丈夫か!?





アスファルトの上を歩き、キャンプ場と思しきところを歩いていたら、

見えてきました!!

登山口ひらめき電球




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀




ラウンド… 1。


ファイッ!!



てな具合に、意気揚々と突入アップ






少し歩いたら山道に水が流れている場所に遭遇して、

そこに一つの看板がありましたひらめき電球


「これより先に頂上まで水はありません。

 ここで十分に水を補給しておいて下さい。」





……!!





そうなんです。

この利尻山は途中、トイレも携帯用トイレブースしかなく、水が補給できる箇所が一箇所とて、

無いんです。



まあでも1リットル水を持ってれば大丈夫かなと、その時は思っていました。






3合目あたりの道はこんな感じです。



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


まあ普通の清々しい登山道ですねニコニコ


ただ、俺の他には登山者が誰もいなく、

この道を突き進んでいいのかとちょっと不安になっていた道中でした。






4合目か5合目あたりだったかなあ……


ぼちぼちと登山者を見かけるようになり、スイスイと抜かしていって

先へ進めるようになってきました。


うん、行ける。 行けそうだ。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


しかしほんとにこれが登山道なのか、えらく道が狭いんですが……







6合目や7合目あたりまで来ると、

先発隊か、登山者を沢山見かけるようになってきました。


すでに俺も疲れはあったんですが歩みは速い方なので、

次々とディープインパクトよろしく抜かしていったんですが、初めは高齢の方々、

抜かして行く度、登山者の世代がどんどんと若年層になっていく。



あまり負担になってないのか麻痺しているだけなのか、足の痛みはそこまではありませんでした。






しかしそれより、ここに来て問題が表面化してきたのが

水不足。



思った以上に水分補給の機会は多く、みるみるうちに持参してきた水は減ってきています叫び


行きだけじゃなく帰りの分の水も必要なので、

8合目あたりまで来た時、真剣にそこで悔しいながらも引き返そうか迷っていました。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


大分景色は凄いことになってきていますひらめき電球





無理しないとか言いつつ、それでもこの先が見たい……

と結局先へ進んでしまったんですが、ようやくたどり着いた9合目。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



オイオイ、ナンダソノオドシモンクハ……




持っていた水はその時で大体300ミリリットルくらい。


もはやこれまでかな……


と思った時でした。




下山中の人と出くわして、ちょっと山について話していたんですが、

俺の水の事情を話したら……


何と持っている水を

その方から分けてもらえたんですよ!!



400ミリリットルほども!!



いやあーーありがたい!!キラキラ



これで、これで頂上まで目指せる!!




自分の予測の甘さを悔いると同時に、凄いその方に感謝しました。






正念場という言葉に少し気圧されながら、その後頂上まで目指してみました。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


うげげぇーーーっっ!!


き、キッツ……!!



ほんとに!!




両端崖っぷちな上に、下は滑りやすく、ロープを掴んで進まないと進みづらい状況にも

陥ったりしました。




俺1「死ぬだろーー」

俺2「         死ぬだろーー」

俺3「                  死ぬだろーー」

一同「AH~~~~~」




パニック状態です。





それでも日本一周チャリダーの誇りにかけ、一緒に登っていたおばちゃんと励ましあいながら、

何とか頂上まで到達しました!!アップ




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



眼下に雲海が見える!!



凄い!!



ややガスってたのでそこまで遠くは見えませんでしたが、

でも礼文島を始め近隣の光景は空から見下ろしているかのごとく、

綺麗に拝むことが出来ましたニコニコ



達成感と共に、壮大な景色のプレゼント。

これだから山登りは楽しい。




しかし、ここまで3時間半で来れちゃったぞ……


先日礼文島で会った女性ライダーの方もこの利尻山に登り、3時間半で登れたと言ってましたが

確かにそれくらいで来れました。








ただ、地獄はこれからでした。






ひとしきり頂上を堪能した後、さて戻るかと、下山を始めたんですが……




ビキビキビキッ……





足が……  痛いッッ(>_<)





まさか、下山時に痛みが響こうとは……


下は石ころばかりの道で、下って足を落とした時の衝撃は大きく、

歩くたんびにズキズキと痛むような始末でしたドクロ



下りでここまで苦戦することになるとは……汗


しかも、せっかく補給した水分も俺が持ってきた分はとうになくなり、

残り200ミリリットルくらいをチョビチョビ飲みながら、一番下まで持たせる展開になりました……Orz



水を分けてくれた方がいなかったら確実に制覇は不可能でしたダウン



日なたは体力を奪うので出来るだけ日陰を歩くのに時間をかけ、

汗を出してあまり水分を消耗しないようにゆっくりと……



行きと帰り、同じくらいの時間がかかりました。




何とか水は持たせることが出来て、7時間の道中の末、

無事、下山……!!!



行く前にパンは一つ朝食がてら食べていったんですが、

残る一つは下山後キャンプ場で食べて、水をガブ飲みしました。



何はともあれ制覇出来て良かった……(・・;)



足はガタガタだったものの、達成感を胸にもう利尻でもやることはやったと、

その後そのままフェリー乗り場まで一気に向かいました。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


自分への祝福の意を込め、そこで海鮮カレーを食。




わりと早めにフェリー乗り場に着けたので、

15時前のフェリーに乗って稚内まで目指すことが出来ました。






この日は先日も泊まった、ライダーハウスのみどりの湯に宿泊。


シーズンとはいえ、38人という尋常でない人数がこの日ここには泊まったんですが、

色んなオススメ情報を聞けたり旅の話を聞けたり、

また充実した時間を過ごせましたひらめき電球



皆さん、これからも良い旅を続けましょう!!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。