2009年10月04日 17時13分01秒

世界遺産「合掌集落」前編

テーマ:自転車の旅中部編

92日目
現在地:岐阜県
天気:晴れ晴れ
体調:好調('-^*)/
走行距離:64km
宿泊地:道の駅(白川郷)
FX:無し

電波:良好

ドラクエLV:33「戦士」(宝の地図攻略)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


岐阜県

面積:10621k㎡

人口:210万人

年平均気温:16.4℃

道の駅数:50


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




さ…  寒い((((;´Д`))))



新しく買ったふかふかの寝袋のおかげで安眠は出来たんですが、夜から朝にかけて

空気が冷え込んでたなあー。


前寝袋だったらまず眠れていなかったぞ……汗




そういえば、以前落としたテントに関しては、未だ警察から連絡はありません。


やはり誰かが拾ったのではなく、谷の方に弾かれてしまったと考えるのが妥当か……


今頃群馬県の山中で人知れずひっそりと眠りについているのかなあ……






さて、朝、テントをたたんでいたら、地元の方でしょうかご達者そうなお婆さんに話しかけられました。


もちろん旅に関しての話をしていたんですが…









やべえ、

何言ってるのかよく分かんねー…(°д°;;)




方言の破壊力、恐るべし!!



まあ得意技の"愛想笑い"を駆使して何とか切り抜けたんですが、


富山弁なんてそもそもあるのだろうか?





そんな疑問を抱えつつ、お婆さんに別れを告げて出発しましたひらめき電球


目的地はもちろん白川郷!!




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



あらかじめ天気を調べておいてから来てるだけあって、朝イチから清々しい晴天に恵まれましたニコニコ



そして白川郷に行くのに最も近い道の駅を利用していたので、

ちょっと進んだらすぐ山道に突入することが出来たんですが……




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



…キテルねキテルね( ̄ー ̄;


思ったより坂道の傾斜が急だ。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



き…  キツいぞ(゜д゜;)



画像の傾斜の標識を見てもらうと分かりますが、一見「9%」って大したことなさそうに思えますが、

チャリダーにとっては結構ーキツい傾斜なんですよ。


10%以上行くと立ちこぎでも登れるかどうかというくらい…

過去に15%の傾斜に遭遇したことがありましたが、これはもう押して登るのもキツいような傾斜…

ちょうど伊香保に行った時にぶつかった坂ぐらいのキツさでしたね(゚ー゚;



初っ端から急な坂道を蛇行しながら何とか登っていきましたが、

坂道の距離も結構あったのでほんとしんどかったです(><;)




ハァハァ(´Д`;)言いながら、途中あった展望台に寄ったんですが、




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



んー、すでに見晴らしが良い。


一休憩していたら、岐阜側の方から車で来たご夫婦に話しかけられ、何とみかんを頂いてしまいましたニコニコ


ご主人は 「自転車…  いいなあ~~」 とおっしゃってましたが、


「いやー… キッッツいですよ」 と実感を込めて返しました(^^;




お礼を言って、気持ちを切り替えて再びスタートしたんですが、

今度はトンネル近くで、このあたりに住んでいて同じく自転車の使い手だという若い男の人から

カマボコを頂いちゃいましたひらめき電球


ここまで来た坂道が急だったことを話したら、

これから先はここまでキツい傾斜はないですよ、と返されたのでちょっと安心(^ー^)



お礼を言って、またスタートしました自転車




トンネルを抜けてからは、下り坂になったり確かにこれまで来たような急な上り坂は訪れなくなりましたが、

しかし白川郷までの道は走っていて、結構総じて急な坂が多い。


そしてトンネルも多かった汗



トンネル内はほとんど歩行者用の道は確保されていなく、おざなり程度の路肩を利用して

走るしかなかったのでちょっと危険な場所だなと思いましたが、

車の通行量はそこまででもなかったので、そこだけは救いでしたひらめき電球


でも攻めるのが楽しいところなのか、やたらとライダーを見かけたなあ。






お昼ちょっと前くらいだったかな、白川郷の合掌集落に辿り着く前に、

「相倉合掌集落」というのが見えてきて、ここも世界遺産登録されている場所らしいので寄ってみましたひらめき電球




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



合掌集落キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀



凄い。


山と木々と花々と住居の一体感が、ほのぼのとした古き良き景色を眼前に表現してくれています。


これら住居は200~300年前からのもので、「合掌」と名が付く様に、当時はこういう小屋造り住居を

「ナムアミダブツ建て」と呼んでいたらしいですひらめき電球





インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀




んん?



あたりを見渡しながら歩いていた足が、ふとピタッと止まりました。



これら画像を見て、何かを感じた方はいらっしゃるでしょうか……?



俺は何かデジャヴみたいなものを感じて、瞬間、ハッとなりました。





何かこれらの家々ってさ、

「ひぐらし」思い起こさね?





この時はこの疑問は解決しませんでしたが、

後で調べたところによるとこの閃きはどうやら間違いでは無かったらしく、

「ひぐらしのなく頃に」の舞台って何と白川郷だったようでした(^^;


白川郷を回っていた時はそんな目線を入れてないまま回ってきちゃったけど

その予備知識があったらもっと違う楽しみ方も出来たのかもしれないなー。





とりあえず後編に続きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。