2009年07月11日 18時15分21秒

入水鍾乳洞攻略

テーマ:自転車の旅東北編

7日目
現在地:福島県
天気:曇りくもり
体調:普通(・∀・)
走行距離:0キロ
宿泊地:漫画喫茶

FX:無し

ドコモ電波:快調

Eモバ電波:快調

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




行ってきましたぞ~~、



緊張した気分を引きずりながら、入水鍾乳洞へ!!




あらかじめ色んなページを見てて、移動の難しさや装備の重要さは知っていたので

俺もそろえたいところだったんだけど、

なにぶん朝一なのでどの店も開いているはずもなく…


旅用に持ってた100均でも売っていそうな、やたらと大きさはあるライトを持ってただけで

デジカメは何の防水対策も無しにむきだしのままという

丸腰で旅に出る勇者のようないでたちで挑んできました(^^;





駅から歩いて15分くらいだったか、ずっと田舎道を歩いていたら

ネットで見たまんまの入水鍾乳洞の看板が見えました。



朝早くに行っただけあって、何とその日の入洞者は俺が一人目!


Bコースを俺はチョイスしましたひらめき電球



一応上にレインコートをはおい、頭にタオルを巻いて、足が濡れるのは確実なので

近くにあったレンタル屋で草履を借り、

何だかますます怪しげないでたちになって、


いざ、突入!!








インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


まずはAコースからだったんですが、中はひんやりとしていて、

何かゴーーーッという濁流のような音が聞こえていて……





え、まさかこの濁流の中を歩いて進むんじゃあるまいな…?(´Д`;)


と早速一抹の不安が頭をよぎりながらも前進。



何せ俺より先には誰もいないし、後ろにも誰もいないので完全一人です。


何かあったら…… という恐怖はやっぱりありましたね。






インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


この上のつららがスッ…… と頭上に落ちてくるだけで

インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀はこの日をもって閉鎖だぞ…。





Aコースの時点で結構狭い道もあったので、おいおいこの先大丈夫かなーと思いながら歩いてたら、

遂に問題のBコースの入り口が!!







ゲゲェッ、

マジで濁流でこそなかったものの、

下は一面水だ!!





とても避けては歩けない。



おおっ、冷てーーー!!ヽ(゚◇゚ )ノ





でも冷たさが逆に心地良いぞ、と思ったのもつかの間、




痛てててて!!!





水が冷たすぎて痛い!!!



熱湯コマーシャルで熱湯に耐え切れなくなった人のように 

何とか水に漬からずに歩けないかと 水から足を出したがってしまう。



でも、ネットに書いてあった通り、しばらく歩いていると慣れてきたのか

冷たくはあるものの全然痛くも苦痛でもなくなってきて、ザブザブとそのまま進めるようになったひらめき電球



誰もいないのを良いことにドラクエ2の洞窟の音楽を一人口ずさみながら…にひひ






でも確かにこりゃ凄いわ、光が全く無いところや、本当に中腰じゃ進めない、

四つんばいにならないと進めない場所があって、



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


こんな感じだったんですがこれはフラッシュをたいたからこんなに明るくなってるだけで、

たいてなかったら





インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


ほんとこんな感じ。



明かり命!! です。



頭や肩は確かにガンゴンぶつけるし、全身を使って身をくねらせるようにしないと通り抜けられない

狭くて複雑な道があったり、

太ってる人は通りづらいというより身体が柔らかくないと通りづらいところがあった。



それに距離が思ったより長かったなーー、

時折せめてものなぐさめ程度に明かりが灯っている箇所はあったんですが、

あれは確かに往復一時間はかかるわけだ……汗





でも、ネットで色々脅かされていたせいか、そこまでの恐怖体験はすることなく、

それから無事にラストのカボチャ岩までたどり着けましたよひらめき電球



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


何より一番大変だったのが、デジカメをレインコートの胸ポケットに入れてて、

何も防水対策をしてなかったので、何としてでも上半身は濡らさずに移動することでした(^^;



四つんばい時でもライトと上半身だけは濡らさぬよう器用に這って……



でもそれで一応最後まで濡らさず通用したから、予想以上でも以下でもない結果だった感じかな?



でも楽しかったっすよー(^o^)


これは忘れられない体験になるだろうな……




ちなみに復路の時に、ライトを消して入り口まで目指してみようと思い立って、

歩いてみたらマジで真っ暗になって、

手探り状態で1~2メートル歩くのも苦労するような状態だったので呆気なく諦めました(^^;








その後、鍾乳洞を出たら流しそうめんの店なんてのがやってて、

流しそうめんなんて俺したことないので、迷うことなく中に入ってチャレンジしてきましたニコニコ



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀

ちょっとずつ麺が落ちてくるせいかあまり落とさず拾えましたねニコニコ


結構何回も何回も落ちてきてボリュームもあった。







その時で、まだ午前中だったかな?


せっかくお金使ってここまで来たんだからと、その後も歩いて散策しながら

他の場所も回ってみようと、ずっと徒歩で何キロも歩いてましたひらめき電球




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


シーーンとしてて小鳥やウグイスのさえずりだけが聞こえたりして

やっぱりこういう雰囲気は好きだなあキラキラ



普段もう動き慣れているせいか、ほとんど疲れずに山道を歩き続けられました。




インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


気づけばこんなに高くまで登ってこれて






インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


途中こんな面白い形のログハウスも発見(・∀・)


ファミリーや恋人と来てみたい場所ですね音譜






その後、今度は登りの道から下りの道に変わって歩き続けていたら、

「あぶくま洞」というまた鍾乳洞の洞窟が見えてきて、

ここは評判によると入水鍾乳洞に比べたら全然攻略は大したこと無いんだけども

知名度的にはこっちの方が断然上で、「東洋一の鍾乳洞」と噂されるほどの場所らしいので、


一応、寄ってみました。








インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


こんな怪しい岩があったりはしたけど






インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


全体的に入水鍾乳洞のAコース以上に歩きやすく、サクサク進める感じ。


ただ鍾乳洞の見応えではこちらの方が凄かったですキラキラ



鍾乳洞を純粋に堪能したいなら「あぶくま洞」

サバイバル気分でとにかく探検したいなら「入水鍾乳洞」

って感じでしょうか。




その後、金賞をとっただかでドイツから認められただか何だかのフランクフルトと

ラベンダー味ソフトクリームを食べて、再び郡山に舞い戻りましたとさ。



インドア坊ちゃまの何とかなるさ自転車日本一周紀


名声に弱い俺……!!



今日は全く自転車を動かさなかった日ですが、

一日の内容を考えたらこういう日もアリかなニコニコ



ただ だいぶ浪費したので今後はその分節制しないと~~




…と書きつつ今日も漫画喫茶……







追伸


今日ドラクエの発売日ジャマイカ!!


どうする!?(真剣に考える俺)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。