-アンティカペディア-

イギリス、フランス、イタリアからのアンティークをご紹介させて頂きます。定番品からマニアックな物まで時代背景やそれに付随する情報を交えてご紹介させて頂きます。


テーマ:

スコットランドの首都エジンバラと言えば、タータンチェックやバグパイプが真っ先に思いつきますが、

実はガラス工芸も特産品としております。 17世紀にヴェネチア人によってもたらされてた技術を受けつぎ400年の歴史を誇っております。


その中でも最高峰と言われるエジンバラクリスタル。

-アンティカペディア-

1773年に同社の前身にあたる製造所がエジンバラのリースで始動。


1867年、Edinburgh and Leith Flint Glass Co(エジンバラ&リース フリント グラス社)して創業。400年の歴史での初めての営利企業となる。


1955年、エジンバラクリスタル社に社名を変更


2006年、工場の大火災により、経営難に陥り一気に衰退。 2007年にWaterFord Wedgwood(ウォーターフォード ウェッジウッド社)に買収されて以来、『エジンバラクリスタル』のブランドネームは存在しているもののエジンバラでの生産は行われておらずデザインも一新される。

エジンバラ製のエジンバラクリスタルはこれから希少になっていくこと必須。 今のうちに購入しようと思っている方の為に年代別の透かしロゴを載せておきます。 底を見たらすぐに判別できるので、もし出会いがあれば底をチェックしてみて下さい。



-アンティカペディア-

1955年~1980年



-アンティカペディア-
1980年~2006年



もしかしたら、こんなレア物に出会うかもしれません。

-アンティカペディア-   -アンティカペディア-

エジンバラ&リースフリントグラス社時代のロゴ

左が1927年~39年、右が1945年頃


当店で取り扱っておりますシスルパターンのグラスになります。

シスルとはスコットランドの国花アザミの事で、グラス全体にそのアザミが装飾されております。 

このシリーズはエジンバラクリスタルの中で最も価値ある一つとされております。

-アンティカペディア-

1955年~1980年のエジンバラ製になります ※在庫がない場合は取り寄せ致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 http://www.anticarize.com/8_181.html



-アンティカペディア-
こちらはペアでの販売です。

1955年~1980年のエジンバラ製の透かしが入っております。

http://www.anticarize.com/8_183.html




ウォーターゴブレット

http://www.anticarize.com/8_237.html




シャンペントールグラス

http://www.anticarize.com/8_235.html


ブランデーグラス
http://www.anticarize.com/8_211.html



ソーサーシャンパングラス

http://www.anticarize.com/8_234.html


他にもまだございますので↓より是非お立ちより下さい。

http://www.anticarize.com/index.html


それでは。


ユニオンジャック英国アンティークスのグルっぽを管理しております

↓お気軽にご参加ください。↓
http://group.ameba.jp/group/ctnzn3DBkAmg/




facebookFacebookでも情報配信しております。 →ここからフォロー宜しくお願いします。



twitterフォローよろしくお願いします。フォロー返します。

https://twitter.com/#!/Anticarize





















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

西洋アンティークス『アンティカライズ』さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。