インデックス投資家からの脱却(アンチインデックス)

インデックス投資について疑問に感じたこと、インデックス投資に代わる投資法を書いていきます。


テーマ:
私は一応バリュー投資家を自認しています。
そのため、四季報のスクリーニングでは低PER、低PBR銘柄等を発掘するようにしています。

にほんブログ村 株ブログへ 

低PER、低PBR銘柄を探していると、万年割安銘柄や万年ジャスダック銘柄を良く発掘します。
投資を始めた頃は、こういう銘柄を見つけた時に
「すごい銘柄を見つけた。この割安状態が見直されれば株価3倍も夢じゃない!」
とか思っていました。
しかし、実際に投資してみると割安銘柄がさらに割安になって損をしたり、
3年ほど待ってみても割安が全く解消されないまま、マーケット全体は上がっていて置いてけぼり、という事がしばしば起こりました。

なぜこのようなことが起こるのか当初は理解に苦しみましたが、今は理由がなんとなく分かりました。
万年割安銘柄がその価値を見直されない理由は
「利益成長」
がほとんどないからです。
万年割安銘柄の事業内容を見ると、
「堅実」である場合が多いです。
別に堅実なのが悪いというわけではないですが、
「利益成長」の夢を見させてくれるような事業内容でない場合が多いです。
このことに気付いてから、割安銘柄を発掘してもそれだけの事では喜ばず、事業内容を自分なりに勉強し、成長性があるかどうかを吟味するようになりました。
そうしていくと割安銘柄の中には、「堅実」と「利益成長」を両立している素晴らしい企業があるものの、その数は非常に少ないということに気付きました。

さて、万年ジャスダック銘柄も万年割安銘柄と似たようなところがあるのですが、
万年ジャスダック銘柄が抱える大きな問題として、「経営者に成長しようという気がない」という事が挙げられます。
上場企業の経営者たるものは企業成長を通じて、創業者利益と株主利益を最大化するということを目標として欲しいものですが、
「ジャスダックでもマザーズでも上場するのがゴール」
みたいな意識を持った経営者が存在するのも事実です。
もちろん経営者に真意を聞いたわけではないので、実際のところは分かりませんが、そうとしか思えない場合があります。
実際、そういう会社の株主構成を見ると、創業者一族と会社の持ち株会で発行済み株式数の半分以上を占めている。
などということがあります。
要するに同族経営から脱却して、近代経営を行い、利益成長してゆくゆくは東証1部に上場しようなどと考えていないということです。
こういう企業に対して
「割安だから」という理由だけで投資すると、大体が大したリターンを稼げない結果に終わると思います。


ただ、万年割安銘柄、万年ジャスダック銘柄でも、あるニュース等で大化けすることもあります。
私が昔保有していた銘柄に石原薬品(証券コード4462)があります。
これも万年割安銘柄で、目立たない銘柄でしたが、何年も地道に研究を進めていたのでしょう。
画期的な導電性銅ナノインクを開発したというニュースで急騰しました。
私が石原薬品を保有していた5~6年前にはプラスのニュースは何もなく、
「石原薬品が保有している株の評価損がすごい事になった」
みたいな悪いニュースしかなかったので、ずっとホールドしている人達の事をなんとも羨ましく思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近日経平均やTOPIXは爆上げですが、私の持ち株は鳴かず飛ばず。
多くのバリュー投資家や小型株投資家は同じような状況だと思います。

これまでの景気停滞時のボックス相場であれば、日経平均に採用されているような重厚長大産業の株価は特に悪材料もないのにだだ下がりになる傾向があります。
その反面、小型株やバリュー株は好材料で物色されると2倍、3倍になります。
日本株はここ数年このような状況が続いたので、バリュー投資家は
「自分の投資法こそが投資の最善方法である」
という錯覚を持ちがちです。
しかし、このような上げ相場であると、重厚長大産業(景気循環型産業)の主導株が大きく値上がりします。
その反面、小型株、バリュー株、ディフェンシブ株が全く見向きもされなくなります。
そして、バリュー投資家や小型株投資家は重厚長大産業への投資を軽視しがちです。
なぜなら、バリュー投資家が重視するPERや自己資本、利益率は重厚長大産業は魅力的でないからです。
しかし、投資でもなんでもそうですが、リスクのある世界において「1つの方法に固執する」という方法はあまり得策ではありません。
ということで、私はさっさとバリュー投資を捨てて、重厚長大産業への集中投資を始めます。
ほとんど株価の下がらないバリュー株を担保に、重厚長大産業の買い持ちを始めます。

長年かけて身に付けた自分の投資スタイルを崩すことは苦痛を伴いますが、みなさんにもお勧めします。
市場は儲けるためにあるのであって、自分のスタイルを貫くための場ではないのです。

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バリュー投資の注意点 その3について述べる前に、自身のバリュー投資に対する認識を以下に述べておきます。
・バリュー投資は下落余地が限定されている投資法である
・割安な銘柄が割安に放置され続けることはよくある


つまり、バリュー投資は、「損をしにくい」投資法であって、「儲かる」投資手法ではないと考えています。
その証拠に、市場には割安なまま放置されている銘柄がたくさんありますし、
自分もバリュー投資初心者の頃に買った株は、割安なだけで値上がりもせず、ほぼTOPIXに連動した動きしかしていません。
その会社の名前は「理研計器(証券コード7734)」です。
株価指標はとても割安であるにも関わらず、値上がりとは縁の遠い銘柄です。


話がそれましたが、では儲かるバリュー投資とはどのようなものか?
それは次のいずれかの条件に当てはまる銘柄への投資だと考えます。
1:キラーコンテンツを持っている
2:成長ストーリーを持っている

安定して利益を出し、かつ割安な株であっても、何の面白味もない株にはなかなか注目が集まらず安値で放置される傾向にあります。
注目され、値上がりをする銘柄は「安定して利益を出す」以外の光る部分を持っています。

キラーコンテンツを持つ銘柄の一例としては「サンリオ(証券コード8136)」が挙げられます。
この銘柄は株価指標を見ると割安でも何でもない銘柄ですが、保有しているコンテンツ(キティちゃんなど)は他にない価値を持っています。
また、キャラクター展開を国内だけではなくアジアや欧州にも行い、その成長ストーリーも現実的であったため注目をされました。
その結果、サンリオの株価は2年前からほぼ倍になっています。
サンリオを安値で買って高値で売っていればリターンは約300%になっており、最近の市場環境下においては「勝ち組」銘柄と言えます。

一方、私の保有している「理研計器」や、この前損切りを行った「三井情報(証券コード2665)」はというと、株価指標や財務状態から見るとどう見てもサンリオより割安ですが、リターンはとてもお粗末です。

それはなぜかというと、どちらの銘柄もキラーコンテンツや成長ストーリーがないからだと考えます。
理研計器と三井情報はどちらも機器の保守点検等で安定した利益を出していますが、
代替サービスを提供する会社は他にもある(キラーコンテンツがない)ので、目覚ましい利益成長を遂げる余地はあまりありません。
業界シェアも大して高いわけではなく(その分シェアを伸ばす余地はあるのかもしれませんが)、「株価指標が割安である」という以外に特に魅力のない銘柄であると言えます。
このような「ただ割安なだけ」銘柄への投資は大したリターンを生まない可能性が高いと考えています。

ただ、勝ち組銘柄として挙げた「サンリオ」のような銘柄の場合、株価指標が割高であるので、万が一のときに株価が半分以下、下手すると5分の1ぐらいになる危険性もあります。
また、無配になる可能性も大いにあります。
そのような危険性を避けるためには、株価指標が割安である銘柄の中で上記条件を満たすものを見つけていくのがよいと思われます。


↓押していただけるとブログ更新の励みになります
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今私が注目している銘柄についてです。
銘柄の分類としては割安株として80%、成長株として20%ぐらいかなと思っています。

会社名は「ミライアル(証券コード4238)」です。
半導体関連企業なのですが、作っている製品は半導体ウエハ運搬用プラスチック容器という、かなりニッチな製品です。
ニッチであるので市場シェアは非常に高く、市場の約60%をミライアルの製品が占めているようです。
古い記事ですが、こちら をご覧ください。
また、シェアが高いため製造業であるにも関わらず利益率が高いのも特徴です。

財務体質も非常によく、ほぼ無借金経営といってよい財務内容です。
資産に占める現預金比率が高いのもいわゆる資産株として有望だと考えています。
ちなみに時価総額が約130億円、現預金資産は約110億円です。
総資産は約200億円ですので、資産の半分が現預金ということになります。

しかし懸念事項として、以下が挙げられます。
1:半導体関連企業は需給の波が大きく、大規模な設備投資が無駄になる可能性が存在すること。
2;エルピーダ、SUMCOといった受注先企業の調子が悪いこと。

海外売上比率は現在約20%ですので、海外からの受注を増やし、受注先を分散し、上に挙げたリスクを分散してほしいと思います。
また、円高の影響をどれぐらい受けているかも気になります。


いろいろと書きましたが、ミライアルには期待しています。
現在のポジションは500株、平均取得単価は1260円です。
事業の今後の動きにもよりますが、とくに事業環境が変化しない限り、1100円を割り込むような事があれば、ナンピン買いしようと思っています。


↓押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バリュー投資は単にPERやPBRが低い株を買えばよいというものではありません。
自戒の意味もこめてこの記事を書きます。


バリュー投資は利益の質に注目

例えば株価が1000円で、1株当たり利益が2500円の銘柄があったとします。
計算するとPERは4倍であり、かなりの割安株であるといえます。
しかし、有価証券報告書や決算短信を見ると、利益の内訳は次の通りでした。

1株当たり営業利益 30円
1株当たり経常利益 20円
1株当たり当期純利益 250円

簿記をかじっているならば分かると思いますが、要するにこの企業は利益に占める「特別利益」の割合が大きすぎるということになります。
そして、特別利益の内訳を見ると次のような事が書いてありました。
「特別利益は主に営業不振店舗およびその土地の売却による利益」
要するに本業は不振な訳です。それは1株当たり経常利益の数字にも表れています。

今後、この企業の本業が回復するのかどうかはきちんと見極めなければなりませんが、
このような銘柄を買うとまず失敗をします。

自分もこのような銘柄を買って、失敗をした経験があります。
企業の名前は「ナカイ」です。
中四国を地場とするホームセンターを経営している会社です。
ネット証券のサービスである、スクリーニング(利益や有利子負債等の指標の条件を入れて銘柄を絞り込めるサービス)で割安銘柄として抽出されました。

PER、PBRともにお買い得だったので株価200円ほどで買いました。
しかし、その後ずるずると値を下げ、100円を割ろうかという株価水準になりました。
その時、危機感を感じ、決算短信をきちんと読むとだいたい上の例のような状況だったというわけです。
その失敗を糧に、今はきちんと決算短信や有価証券報告書を読むようにしています。


↓押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。