インデックス投資家からの脱却(アンチインデックス)

インデックス投資について疑問に感じたこと、インデックス投資に代わる投資法を書いていきます。


テーマ:
タイトルの通りです。

インデックス投資は果たして簡単か?という疑問を私は常々持っています。
インデックス投資系のブログなどにはインデックス投資の利点として、
「ほったらかしで手間がかからなくて簡単」
などとよく書いてあります。

これは基本的に間違っていないと思いますが、私が大いに疑問に思っているのがインデックス投資は投資期間として
「長期」
を謳っています。
長期的にインデックス投資を続けていくのは存外に難しいのではないかと私は考えています。

インデックス投資を始めるのは簡単です。
証券口座を開いて、自分で選んだインデックス投信の積み立て契約をすれば終わりです。
肝心の
・インデックス投信をどう選ぶか
・アセットアロケーションをどうするか
・リスク許容度をどう考えるか
などはインデックス投資系の書籍やブログに懇切丁寧に書いてあります。
これらを参考にしてインデックス投資を開始すれば、インデックス投資歴1年目の人も10年目の人も同じ土俵に立ったも同然です。
何せ投資先が一緒なんですから、一種の完全なパクリ投資なわけです。

さて、インデックス投資はここまでは簡単です。
これを長期に渡って続けていく場合、困難が立ちはだかります。
考えられる困難を以下に列挙してみました。

1:個別株投資をやっている人間が継続してインデックス投資よりも儲けている。しかも自分より知能が低そうな奴が(アンチインデックスとかいう馬鹿がその最たる例)
2:ぶっちゃけつまらん
3:暴落時に平静でいられない

1について
他人の儲け話を無視できる人がインデックス投資を始めた人の中で何%居るのかは分かりませんが、100%の人が無視出来るほど人間は強くないと思います。
現に私は過去にインデックス投資信者でしたが、あまりに儲からないのでインデックス投資を辞めました。
インデックス投資を辞めた後は継続してインデックス(といっても国内株オンリーなので比較対象はTOPIX)を上回る成績を出せています。

2について
これもかなり忍耐が要求されます。
私はこの怠惰に対する忍耐力という適正が無かったようで、インデックス投資を辞めています。

3について
インデックスブロガーの中にも、暴落に耐えきれずブログを辞めてしまったの人が大勢いるとの記事 を梅屋敷さんが書いています。
もちろん、インデックス投資ブログを辞めただけで、インデックス投資は継続しているのかもしれませんが、インデックス投資を辞めた人が居ないとも言い切れません。
おそらく何割かの人はインデックス投資自体を辞めているでしょう。
ちなみに3については、「そいつが自分のリスク許容度を誤認識していただけ」との批判もありますが、「リスク許容度」は完全に定量化できないものですので、上記批判が全て正しいと言えるものではないと私は考えます。


まとめます。
・インデックス投資を始めるのは簡単。
・インデックス投資を継続するには最低限、以下の適正が必要である
1:他人がインデックス(自分)より儲けていても全く気にならない
2:怠惰に忍耐力がある
3:暴落でも絶対に損切せず、規律に沿ってインデックス投資を継続できる
どうでしょうか。
全てあてはまる人間というのは存外に少ないのではないでしょうか。
少なくともこれから投資を始めようと思っている人間の半数以上は1and2の条件の時点で脱落するように思われます。
他人が儲けていたら嫌な気分になる人間が多いという結果は行動経済学の実験結果で示されていますし、
また、老後のためなどに投資する大事なお金について怠惰になれる人間ってかなり特殊だと思います。

また、3番の「規律に従う」という行動はマーケットの魔術師達が口を酸っぱくして言っている、マーケットに対峙するときの一つの奥義のようなもの。
インデックス投資を始めた人全員が規律に従うだけの胆力があるとは私には思えません。
有名なインデックスブロガーは全員規律に従って行動しているように見えますが、それは「暴落を耐え抜いた、よく訓練されたインデックスブロガーが2015年の段階で生き残っている」という生存バイアスがかかっているからだと私は考えています。


↓個人の感想と推測ばっかりじゃねーか、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
しょーもない独り言です。
前の記事 で、「リスク許容度」についていろいろコメントがあったんですが、
「リスク許容度」の定義をしないままの議論なので、消化不良な感じです。
別に消化しなくてもいいんですけど。
結局投資なんて自己責任なんだから、各人が各人のリスク許容度考えて投資したらみんなハッピー。
みんなちがって、みんないい
って感じでしょうか。
リスク許容度の定義が定まっていないから、私の書いたコメント間で矛盾があります。
自分のコメントにおける発言が矛盾していることは自覚しているので、矛盾へのツッコミをされる場合は、リスク許容度の定義をきちんとしたうえでツッコミをお願いしたいと思います。
もちろん品の無い罵倒でもかまいません。


↓もうどうでもいい、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
インデックス投資に関する新しい疑問が出てきました。
それはインデックス投資家がアセットアロケーションを決める際の定量的判断の指標となる「リスク許容度」に意味があるのかという疑問です。

↓クリックしていただければ励みになります。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


例えば、「運用資産30%の下落まで耐えれる」人がいるとします。
この人は自分のリスク許容度を完全に定量的に把握できているとします。
そしてこの人は自分のリスク許容度といろいろなファンドの過去のリスク・リターンを計算し、各種インデックスファンドを組み合わせて
期待リターン4%、期待リスク10%のポートフォリオを組んだとしましょう。
-30%のリターンまで耐えられるのですから、期待リスクの3倍までこの人は耐えられることが出来ます。
期待リスクの3倍(3σ)というのは、正規分布でいうと、だいたい発生確率が0.3%となります。
まずありえないと言っていい確率です。

さて、この人がこのポートフォリオを組んで積み立てをしていたところ、積み立てから20年後に大恐慌がやってきました。
どの先進国株式も新興国株式も平均して90%の下落(過去の大恐慌とおなじ)、債券市場も完全にクラッシュしており、債券発行体のデフォルトが相次ぎ債券ファンドのリターンは-30%となりました。
積み立てて20年ということもあり、リスク許容度は当初より減って-15%のリターンまで耐えられるということで、
株式30%、債券70%の保守的なアセットアロケーションを組んでいたとします。

上記の経済状況よりこの人が大恐慌で得たリターンは
-90*0.3+-30*0.7=-48%
となります。
この人はインデックス投資家を自称しているので
「いつかは戻る。気にせず積み立てを行う」
と思って、気にせず積み立て投資を行いました。
おしまい。


上の話は一般的なインデックス投資家の行動だと思いますが、私がおかしいと思うのは、
当初決めた「リスク許容度」を上回る損失が出たにも関わらず、「何の行動もしなかった」ということです。
一体何のためにリスク許容度を決めたのでしょうか?
例えばリスク許容度が-10%であろうと、-30%であろうとインデックス投資家は
「どんな暴落が起こっても気にせず積み立て」
を行うと宣言している人が多いのです。
「どんな暴落が起こっても気にせず積み立て」という投資行動から垣間見える、インデックス投資家のリスク許容度は
-99.9999・・・・・・・・%
なのではないでしょうか?
最初に決めたリスク許容度が投資を開始する際のアセットアロケーションを決定するとき以外は何の働きもしていません。
潜在的にインデックス投資家は-99.99999999%のリスク許容度があるのならば、非常に高い期待リターンが見込める、高リスクなアセットアロケーションを最初から構築するべきなのではないでしょうか?

荒らし以外のご意見をお待ちしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:
インデックス投資で1億円達成者がどうたらこうたら、でちょっと盛り上がっている事に関する記事です。

インデックス投資で1億円を達成したという記事について私が思ったことは
1:1億円を達成させた、ブログ主とその妻の労働によって投資に回すことができるキャッシュフローはすごい(年間数百万円!)
2:トータルリターンが9年で28%はしょぼい(もちろん預金オンリーよりはすごい)
です。

ブログ主の投資の内訳を見たほとんどの人は、私と同じことを感じると思います。
「インデックス投資で金持ちになった人はいない?」というタイトルとその記事の内容はちょっとインデックス投資を礼賛していて釣りくさいですが、ブログのアクセスを集める目的でつけたタイトルや内容としては普通だと思います。

ただそれだけの事なのですが、件のブログのコメント欄は大盛り上がり!
他のインデックス投資家のブログやインデックス投資以外の投資ブログでも取り上げられるほどの盛り上がりになりました。

私なりにコメント欄や他のブログ記事を追っていくにつれ、私は以下の考えに落ち着きました

件のブログは
「インデックス投資で1億円達成という表現は少々語弊がありました」
というコメントさえあげれば済むところに、ブログ主とは別の宗教くさいインデックス投資家が湧いてきて、
「ライフスタイルがどうたらこうたら・・・」
「1億円という結果は本質ではない」
とかわけのわからないコメントをまき散らしていきました。
他のインデックス投資家も
「インデックス投資を継続しているということが尊敬に値する」
とか、さっぱり的外れな内輪同志のインデックス投資礼賛に終始していました。
どうやらインデックス投資家の間では
「結局はインデックス投資が俺たちのナンバーワン!」
「ほかの投資手法の奴らは相手にしない(正当な疑問にも、とにかくインデックス投資は俺たちにとってはすばらしいんだ、という答えで済ませる)」
が結論のようです。
それを見て私は
「インデックス投資家たちの自己肯定と排他性が宗教的に強すぎてキモい」
と思いました。

もちろんインデックス投資家のすべてが宗教的な人たちばかりではないのでしょうが、ちょっとインデックス投資家の人たちとは議論したくないなと思いました。

ちなみに私はインデックス投資にある程度の合理性は認めています。
ただ、自分では今のところやりたくないというだけです。
もしかしたらいつの日かインデックス投資をやるかもしれません。
ただ、インデックス投資と一言に言っても
「アセットアロケーションとリバランス」
という非常に難しい問題があります。
これを突き詰めると、結局インデックス投資というのは
「コストの安いファンドを自分なりの考えで組み合わせを行い、自分なりにリバランス(売買)を繰り返すファンドオブファンズに分類されるアクティブ投資」
だと感じています。
コストという優位性を考えれば、むしろ個別株とかのほうが有利です。

件のブログ主はアクセスが集まって、結果的にあのブログ記事を書いたのは大成功と言っていいでしょう。


↓お前のアンチインデックス姿勢も宗教くさい、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は集中投資をしておりますので、分散投資に特に魅力は感じていないのですが、なぜ世間一般では分散投資が金科玉条のように語られるのか少し考えてみました。

↓お前は集中投資で破産しろ、と思う人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


分散投資の根拠となっている理論はCAPMやらの理論ですが、これらの理論は完全に「機関投資家用」の古典的な理論です。
そして、古典的な機関投資家の投資法には以下の制約があります。
1:買いポジションしか持てない
2:常に資金の100%近くを投資しなければならない
3:頻繁な回転売買は禁止
4:TOPIXやS&P500などのインデックスに負けることは許されない
5:資金量が数百億円~数兆円など

はっきり言って上記のようなガチガチの制約があれば、リスク管理の方法として「分散投資」以外に出来ることはありません。
ですので、機関投資家たちは自分たちの投資法が正当性を持つという言い訳のために「分散投資」を金科玉条にし、それが業界の慣行になったと思われます。
その業界の慣行、言い換えればある業界の狭い範囲でのみ通用する常識が、なぜか一般世界の常識になっているというのが現在の投資環境の悲劇かと思います。


私はそのような制約に囚われずに売りポジションも持ちますし、資金の半分を現金に退避することもあります。
それが裏目に出ることもありますが、資金量が小さいために好きなタイミングで損切や新規注文を出すことができます。
ですので、裏目に出た場合の傷も浅くて済みます。

もちろんプロの中に業界慣行に異を唱えている人たちもいます。
例えば、ウォーレン・バフェットは典型的な集中投資家です。
「集中投資は富を築く」とも言っています。
ウィリアム・オニールも集中投資を勧めています。
ピーター・リンチもむやみに保有銘柄数を増やすことには警鐘を鳴らしています。

上記の偉大な投資家たちも投資銘柄への調査に時間が取れない等の理由があれば、コストが安くて、よく分散された銘柄を保有する投資信託を買って放置しておいた方がいいと主張しています。
ですので、本当に時間の取れない人はインデックス投資を行えばよいと私も思います。

しかし、インデックス投資家のブログを読めば、インデックス投資家は時間がないどころか、
インデックス投資や世界経済について時間をかけてよく勉強し、それをさらにブログという文章にしてアウトプットする時間まで取れている事が分かります。
彼らの投資に対する情熱がなぜインデックス投資以外に向けないのかが私は不思議でたまりません。
インデックス投資は単なる金儲けの手段であると思うのですが、インデックス投資を行うこと自体が目的化しているような人も多少いるように思われます。

まぁ、別に人の投資行動などどうでもいいっちゃどうでもいいんですが、
「市場参加者は合理的である」
との論者であるインデックス投資家がなぜ非合理的な行動を取るのかというのが、哲学的問題として個人的には興味があります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。