12月14日17時0分配信 R25

福田首相の「消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させる」という所信表明演説のフレーズが、増税論議の封印を解いたらしい。首相の諮問機関である政府税制調査会では、2008年度税制改正答申で、3年ぶりに消費税の増税に言及した。これがきっかけで、あちこちのメディアで「消費税増税」の文字が氾濫。まるで、増税が決まったかのような印象すら一時はあった。

メディアの論調は否定的なものが多かったが、ではあえてメリットを挙げるとすれば、どんなものがあるのだろう。とりわけR25世代にとってはどうか。わかりやすいところでいえば、増税によって財政再建が進み、国の借金が減ること。結果的に国民一人当たりの借金も減る。また、増税は社会保障給付のためと位置付けられているが、もし将来的に年金の財源になるとすれば、年金不安も多少なりとも縮小することになる。これも本当に年金に充当されるのであれば、若い世代には、ありがたい話。また、かなり意地の悪い見方かもしれないが、所得税増税は働く現役世代だけの増税なのに対して、消費税増税は引退した世代も公平に“納税する”という意味では、不公平感のない増税といえるかもしれない。

しかし、だ。簡単に受け入れていいのかどうかは、やっぱり慎重に見極める必要がある。例えば1989年に消費税が導入されたとき、政府は「社会保障のため」と言っていた。では以来、社会保障の国民負担はどうなったか。健康保険の医療費自己負担は1割が3割に引き上げられた。年金の支給開始年齢も5年遅くなって65歳になった。介護保険制度が始まって、新たな負担も増えた。ありゃりゃ? なのである。

世界には消費税のような間接税が高い国もあるが、医療費や教育費が無料だったり、日々の生活に欠かせない食品は非課税だったりと、バランスはちゃんと考えられている。ぼんやりとしたメリットではなく、具体的なメリットを見極める。これからの議論を見守る心得かもしれない。

(R25編集部)


R25というフリーペーパーはフリーペーパーなのに、
内容が濃いというか、
政治とかに興味がなくても理解できるような内容になっているのがすごいと思う。

私も精進しないといけないなぁ。。。


ブログランキング参加中です。クリックプリ~ズ♪ <別窓で開きます>
AD
今年の後半の選挙より、いろいろな改革が起こっています。

ただ、なんで改革をしないといけない状態なのかは、
きちんと理解している人が少ないかと思うのでちょっとした指針として、
R25などに掲載された内容などを読んだ上でコラムにしてみました。


世界経済フォーラムの国際競争力ランキングというものがあります。

これは、世界11.000人の企業経営者のアンケート結果と、
各国の経済統計を組み合わせて算出されています。

2005年度のランキングでは、
日本は9位→12位とランキングダウンしております。

企業の研究開発支出、技術吸収力は前年度の首位をアメリカに譲り2位に、
技術力も5位→8位に後退してしまいました。

1位はなぜか保健・初等教育のみという状態です。

ランキングが落ちている原因の一部は

政府債務で117ヶ国・地域のうち114位、財政赤字は113位

上記のようなことになって
世界最悪の諸国に含まれ、財政的節度が欠如している…と指摘をされてしまったのです。

このように世界の中で日本は先行きがよろしくないとされているのです。

それゆえに、今の小泉内閣では負債を減らすことを論点として、
国民から見たらちょっと無茶な内容でもやってしまっている状態になっています。

確かに今までその弱点を見なかった国民も悪いとは思いますが、
いきなりの改革もそれでいいのか…とは思っていますけどね。

多分、改革があって、困る人たちもたくさんいますが、
なぜ、日本がこんなことをしているかを知った上で、
きちんと自分の考えを持つのが大切だと思っています。

ブログランキングにも参加中です。よろしければ投票お願いします。⇒人気blogランキングへGO!
会社に属していると必ず年に1回ある健康診断。
人間ドックもあるけど…違いって何かな~って思ったときにこの記事を見つけました。

健康診断は1年以内ごとに1回、
定期的に行うことを労働安全衛生法で義務付けられているもので、
健康異常の早期発見などが主な目的。
身長、体重、血液検査など検査項目は全部で11項目だ。

一方、人間ドックは法的には定義されておらず、
完全に自由意思、個人負担。こちらも同じく異常の発見を目的としている。

「健康診断との大きな違いは、検査項目の細かさ。
人間ドックには基本検査項目が50以上もあるので、
健康診断では発見できない病気が見つかることがあります。
また、検査結果や判定基準を“なぜこうなるのか?”説明し、
必要に応じて病院や医師の紹介まで行います」(日本人間ドック学会)

ということらしいです。

確かに、健康診断では隠れた病気を見つけられなくて
逆に安心感だけ与えてしまうので変更する…という内容のニュースもありましたね。

私も働いていたときは、健康診断を受けていましたが
一番引っかかっていたのは白血球が多いこと…それ以外は健康体と認識されていたのです。

そう考えると、健康診断っていい加減なものなんだな~と思いました。

ただ、人間ドックって高いんですよね。
金額も病院によって違います。
どうやら5万~10万くらい掛かるようですよ。

受けてみたいけど、なかなか手を出すのは躊躇う金額ですよね。

ブログランキング参加中です 

R25って?

テーマ:
”R25”というのは
首都圏の駅・コンビニ・書店・小売店・飲食店など、においてある無料の雑誌です。
25歳前後の男性をターゲットにした情報誌で、
いろいろな方向の知識が分かりやすくトピックスで載っているフリーペーパーです。

私自身もこれで、知識を得ているところがあって、
でも、首都圏にしかない…ということに気付いたので、
ここでもたまにそのネタを掲載して行こうと思いました。

私が興味が会った事がメインになるので微妙ではありますがよろしくです。

ブログランキング参加中です