発達障害

脳の中枢神経などの機能障害に由来する障害。
知的障害、自閉症、アスペルガー症候群や高機能自閉症などの高機能障害、
注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などを指す。

文部科学省が全国の小中学校の教員に対して行った調査では、
生徒・児童の約6%に発達障害の可能性がある。

個人差があるが幼少時に発現することが多く、早期の発見と療育・支援が必要とされる。


ブログランキング参加中。50位以内が目標です。(現在65位)
AD
一番使われるであろう、病気の解説をしていかなかったことに気がつきました(^^;;

自律神経というのは外界からの刺激に対して、
体が平素の状態を保つために自動的に働く神経系統のことを意味しています。

したがって、この自動的な調整がうまくいかない、
機能障害が自律神経失調症ということになります。

症状としては、
倦怠感・動機・頭痛・息切れ・不眠・食欲不振・胃部膨満・下痢・便秘
などが見られます。

これらは狭い意味での自律神経失調症で、
実際には心身がさまざまな症状を呈したときに、
一般的に自律神経失調症として便宜的に使われています。

精神病というのは半分以上が、定義があってないようなものですよね(苦笑)

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)
心的外傷後ストレス障害/PTSDの定義

自分自身や他人が死に直面するような危険な出来事を経験することによって心に傷を負います(トラウマ)そして、この心の傷が安全な環境で生活しててもその人の生活を脅かし続けます。
例えば、昔大規模な交通事故を目撃し、大怪我を負った人々を間近で見てしまったとします。
その光景が頭から離れずに、夢に同じ光景が出てきて苦しんだり、フラッシュバックしたり、このような出来事を思い出さないために車に乗ることを避けたり、人によっては車が視界に入るのすら避けます。

トラウマは心の傷(心的外傷)のことであり、心の傷を負うような体験や出来事ではありませんが、
なぜかこちらの出来事の方がトラウマと呼ばれるようになりました。

心的外傷後ストレス障害/PTSDと言う名前がついたのは最近のことですが、この障害自体の歴史は古く南北戦争の時に「Da Costa's Syndrome」という症候群が誕生しました。
この症候群が心的外傷後ストレス障害/PTSDと極めて似ており、
この時既に心的外傷後ストレス障害/PTSDの概念は出来上がっていました。

「Da Costa Syndrome(ダコスタ症候群)」とは、Arthur Bowen Richards Myersが初めて言及した症候群ですが、なぜか J. M. Da Costaという人物からの名前を取った症候群です。
南北戦争に行った兵士達の多くが、安全な環境に帰ってきても過呼吸や動悸に苦しみ、彼らに見られる共通の症状をダコスタ症候群と呼びました。

心的外傷後ストレス障害/PTSDなる言葉を誕生させた出来事はベトナム戦争です。
ベトナム戦争帰還兵士に社会生活に適応できない人が続出しその原因が研究されました。
そして、その結果1980年に心的外傷後ストレス障害/PTSDが誕生。
瞬く間に、最も有名な心の病の1つとして認知されるようになりました。

トラウマ体験をした人々が心的外傷ストレス障害になる可能性は非常に高いです。
男性にとってのトラウマ体験はレイプ、戦争、育児放棄、身体的虐待が多く、
女性にとってのトラウマ体験はレイプ、性的虐待、身体的暴力、凶器による脅迫、子供虐待が多いです
(注:これはアメリカでの統計です)


心的外傷後ストレス障害の診断基準は以下の通りです。

A. 以下の2つが共に認められる心的外傷となる出来事にさらされた経験がある。
(1) 死や死の脅威、または深刻な負傷、もしくはそれらの生じる恐れ、あるいは自分自身もしくは他者の身体的保全に対して脅威となるよう出来事を体験、目撃、またははそのような事態に直面した。
(2) その人の反応が、極度の恐怖、無力感、絶望などを含んでいた。

B. 心的外傷となった出来事は、以下の一つ以上の形で再体験され続けている。
(1) 出来事の反復的、侵入的で苦痛を伴った想起でそれらはイメージ、思考または知覚のかたちをとる。
(2) その出来事に関係した苦痛を伴った夢の反復。
(3) 心的外傷となった出来事が再び起こっているかのような行動や感情が生じる。
 (その体験を再体験する感覚、錯覚、幻覚、解離性フラッシュバックのエピソードを含む)
(4) 心的外傷となった出来事の1つの局面に類似してたり、その出来事を象徴するような内的・外的なきっかけに直面した場合に生じる強い心理的苦痛。
(5) 心的外傷となった出来事の1つの局面に類似してたり、その出来事を象徴するような内的・外的なきっかけに直面した場合に生じる生理的反応。

C. 以下の3つ(またはそれ以上)によって示される、(心的外傷以前には存在していなかった)トラウマと関連した刺激の持続的回避と、全般的反応性の麻痺。
(1) 心的外傷と関連した思考、感情、会話を回避しようとする努力。
(2) 心的外傷を想起させる活動、場所、人物を避けようとする努力。
(3) 心的の重要な側面の想起不能。
(4) 重要な活動への関心または参加の著しい減退。
(5) 他の人から孤立している、または疎遠になっているという感覚。
(6) 感情の範囲の縮小(例: 愛の感情を持つことができない)。
(7) 未来が短縮した感覚(例: 仕事、結婚、子ども、正常な一生を期待しない)。


D. (心的外傷以前には存在していなかった)持続的な覚醒亢進状態で、以下の2つ以上によって示される。
(1) 入眠または睡眠維持の困難。
(2) 易刺激性または怒りの爆発
(3) 集中困難
(4) 過度の警戒心
(5) 過剰な驚愕反応

E. 上のB,C,Dが1ヶ月以上持続する。

F. 臨床的に著しい苦痛または、社会的・職業的・その他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

心的外傷後ストレス障害/PTSDを引き起こす原因

上で書いたように、心的外傷を負うような体験(レイプ、戦争、交通事故etc..)がPTSDを引き起こすのですが、
なぜ人によってPTSDまで発展したり、出現するまでの期間が違うのか等の根本的なことに関しては不明です。

心的外傷後ストレス障害/PTSDの治療

認知行動療法、薬物療法、Eye Movement Desensitization and Reprocessing/EMDR、Brief psychodynamic psychotherapy、グループセラピーが一般的な療法です。

あんずのモチベーションを上げるために、清き1クリックをお願いします☆\(´∇`)ノ☆
ナルコレプシーの定義

別名「居眠り病」「過眠症」と呼ばれており、日中過度の眠気や睡魔に襲われてしまう睡眠障害です。一般の人でも睡眠不足や陽気な天気、または食後などに眠気を感じることがありますが、ナルコレプシーの人々はそのような要因は一切関係ありません。睡眠を充分に取っていても、睡魔に襲われ時には実際寝てしまうので、単なる怠け者と誤解されてしまう恐れがあります。

日中の過度の睡魔が主な症状ですが、その他には身体の脱力、金縛り(睡眠麻痺)、幻覚等の症状があります。

診断基準は以下の通りです。

A 最低3ヶ月間は抵抗できない回復性の睡眠発作が毎日起こる。
B (1)か(2)、または両者の存在:
 (1)情動脱力発作(突然両側性の筋緊張を消失する短いエピソード。強い情緒と関連していることが多い)。
 (2)レム睡眠の要素が睡眠と覚醒との移行期に侵入することが繰り返され、それは出眠時または入眠時幻覚、または睡眠エピソードの開始または終了時に起こる睡眠麻痺として現れる。
C その障害は、物質または他の一般的身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではない。


ナルコレプシーを引き起こす原因

最新の説(1999年)ではオレキシンという神経遺伝物質が原因とされています。

ナルコレプシーの治療

薬物治療が効果的だが、その時代時代で効果的とされる薬物は変化しているので注意が必要である。

ブログランキング参加中です。応援してもらえると喜びます。
夜驚症/夢遊症/夢遊病の定義

夜驚症は突然起き上がり、発狂や発作を示します。悪夢を見てそれに怯えてるのではありません。なぜならば、夜驚症は夢を見ない深い眠りについている時に起こる症状だからです。何も理由はありませんが、誰かから苦しめられてるかのように大声をあげ、のたうちまわります。英語では「夜のテロ」と呼ばれています。

夢遊症は夢遊病として知られる症状で、一見寝ているように見えるのですが布団の外に出て歩行などの行動をすることです。これは、夢に反応して起こる症状ではありません。多くの子供は少なくとも1回は経験する珍しくない症状であり、頻繁に起きなければ心配する必要は全くありません。

主に子供に起きる症状で、この2つには密接な関連性があります。頻繁に夜驚症を経験する子供の内の約3割が夢遊症も頻繁に経験します。大半の子供は成長するにつれて何もしないでも治まりますが、この子供のうちの約1%は治まらず大人になっても経験し続けると言われています。


夜驚症/夢遊症/夢遊病を引き起こす原因

明確な原因は不明ですがセレトニンの不足が原因と言う説が現在有力です。そして、親から遺伝する障害と主張する専門家も存在します。しかし、疲労や不安が少ない一日を過ごした場合、この症状に苦しむ回数は減ります。


夜驚症/夢遊症/夢遊病の防止と治療

不安や疲労を極力減らす事が防止策となります。早めの就寝と就寝前にリラックス出来るようにサポートしてあげましょう(本と読む、添い寝をする、マッサージなど)防止策とは関係ありませんが、夢遊症の場合怪我をする可能性がありますので、周囲に危険物や鋭利な物を置かないなどの配慮が必要です。

大概の場合、特別な治療は必要ありません。

夜驚症の場合は起きるたびに安全さを伝えてください。例えば「大丈夫。今お布団でお母さんと一緒に寝てたんだけど嫌な夢を見ちゃったのね。何も怖いことないから寝ましょうね」等の言葉をかけて安心させることです。そして、1番大事な事ですが、無理に症状を止めようとしないで下さい。逆効果になります。例えば、大声で叫んでる場合は疲れるまで叫ばせ続けてあげて下さい。暴れる場合は身体に危険が生じない限り、身体的に押さえつけないで下さい。彼らは、何かに襲われ苦しめられると勘違いし、余計にその行動を強化してしまいます。

夢遊症の場合は起きるたびに優しくお布団に戻してあげましょう。それだけです。

頻繁に症状が現れ、不安があり何かしてあげたい場合は一週間連続で子供さんの症状のパターンを記録して下さい。通常、出現時間に一定の法則が認められるはずです。この法則が分かれば、症状が現れるであろう10~15分前に子供を起こし、トイレに行かせたり水分を補給させたりして下さい。5分程度の時間をかけ、その後再び寝かせつけてあげて下さい。

何かストレスの原因に思い当たることがあったり、症状が酷いと感じたり、年齢を重ねても消失しない場合には専門家に会いに行く事をお勧めします。睡眠薬や不安軽減剤、またはセラピー等で治療にあたります。

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)

こちらの文は掲載するかとても悩みました。
理由はこれを書いて読んだ人の中で、知ってしまったために行動を起こす可能性があったからです。
私自身も元リストカッターなので、気持ちがわかるだけに考えました。

でも、知り合いがやっている時の対処というのは、その事実の根底を知らないと出来ないと思ったので取り上げたいと思います。

あまり、詳しくは載せません。
もし、相談などありましたら、メールにご連絡いただければ出来るだけ対処したいと思いますので、
知り合いがなっていてつらいなどありましたら、ご連絡ください。


自傷・リストカットの定義、自傷・リストカットとは

自己の体を傷つけてしまう行為です。自傷ではリストカットが最も知られている症状ですが、髪を抜いたり、骨を折ったりするなど様々な自傷行為があります。Wristcut Syndrome(リストカットシンドローム『症候群』)と名づけてる人もいますが、リストカットシンドロームを含めてSelf-harm, Self-injuryまたはSelf-mutilationという呼び名が世界では一般的です。世界中で100人に1人の割合で自傷行為をする人がいると言われており、その大半が10代・20代の若い女性です。また、自傷は摂食障害と密接な関連が様々な研究で明らかにされています。ある調査結果では自傷で悩む人の約5割が摂食障害でも悩んでいるという結果が出ました。

自傷・リストカットを引き起こす主な原因や要因

ミラーやソロモンなどの専門家は自傷・リストカットを引き起こす要因を以下のように記しています。
・うつや不安からの逃避
・安心感を得るため(傷つける事によって安心感を得る、またはスッキリする)
・自己への罰
・自殺防止(自傷に留めて置くことにより最悪の事態を自己回避する)
・怒りを静めるため、興奮を抑えるため
・生の実感(何かを感じるため、また自分が生きているということを確認するため)
・表現出来ない感情や苦しみを表すため(周りの人への訴えという意味も含みます)
これらが全てではありませんが、代表的な理由です。

私の場合は、自分がうつ病になり、仕事が出来ない状態に陥るとしていました。
落ち着いた今、考えてみれば自分が生きている理由がないような気がして、血を流して自分を罰したり、生きている実感を得たかったのだと思います。
病気なんだから仕事のペースが悪くなるのは当たり前だったのですが、根本的に変に真面目に生きていたためにやっていたんだと思います。

さて、自分が自傷をやめたいと思うのであれば治療法はきちんとあります。

相談
日本では分かりませんが、オーストラリアの調査結果では自傷で悩む人の約6割~7割がカウンセリングを受けず、また他人にも相談しないでその悩みを自分ひとりで抱えているという結果が出ました。まず、基本的な事ですが適切な相談窓口に相談に行ってください。


近年の調査結果では自傷に対していくつかの薬が効果的だという結果が出ています。自傷に詳しい専門医への相談が効果的です。

残念ながら現段階で心理的なアプローチで自傷を改善出来るという研究報告は少数です。しなしながら、認知行動療法が自傷改善のために使われる最も一般的な手法です。薬と認知行動療法を用いて改善するのが一番効果的だと言われています。

病院に行きたくない、両親に知られたくないという場合は
本当は専門医にかかることが一番良いとは思うのですが、
自分で予防できるように以下のことを覚えておいてもらえるといいかと思います。

・リラックス出来る方法を見つける(散歩・読書・お風呂・音楽を聴く等)
・1人になる時間を減らす(友人と電話で話す)
・リストカットする代わりに、赤のマーカーで手首にラインをひく
・氷の塊を手に持つ(痛みを得ますが、身体は傷つけません。あくまでも自傷をしそうになった時の応急手段なので強く推薦するわけではありせん。氷だけではなく色々応用物はあると思います)
・自分が傷をつけた事で自分の大切な人が悲しむ顔を思い浮かべてみる


本当にたいした事はかけません。
魔法の杖があって一振りで治せたらいいとよく思います。

自分は心配してくれる人は一人もいない…と思っている人がいるかもしれません。
私もそういうタイプでした。
でも、冷静になって考えてみると家族や友達や恋人、そして心の中でのもう一人の自分…結構、心配してくれる人はいるものなんです。

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)

Compulsive Skin Picking(CPS)/強迫的皮膚摘み取りの第一の特性は、自分自身の皮膚を日常的に摘み取り損傷を与えます。通常、大半の人は顔を引掻いてしまいます。しかしながら、顔以外にも様々な場所を傷つける人も存在します。

このように書くと特別で奇怪な行動に思えるかもしれませんが、かさぶたを剥いだりニキビを潰した経験は誰しも一度はあるでしょう。これの境界線を越えたケースがCSPになります。

爪を使って引掻く人が多いのですが、その他には歯やピンセット、またはピンを使用する人もいます。この結果、出血や打撲傷を引き起こしてしまいます。こうして出来た傷のことを「自傷性皮膚症」と呼びます。

抜毛症、万引き依存や買い物依存と同じで不安やストレスが蓄積されると、ほぼ無意識状態でこの行為をしてしまいます。そして、傷つけてる最中は安心感や快感が得られるのですが、数分~数十分後には深い後悔に襲われてしまいます。目立つ場所に傷を持つために、社会活動を避ける傾向が強く、社会不安障害やうつなどを併発する場合が大半です。

データ不足ですが、人口の約2%がCPSでありその大半が女性です。年齢は20歳前後が多いと主張する専門家もいれば、30~40代と主張する専門家もいます。新しい病気なので信用出来るデータはまだ出揃っていません。

私自身もにきびやかさぶたは、治る前にはがしてしまうことが多いです。
やってはいけない…とわかっていても、自分の中で制御が効かなくなることが多いです。
傷が残ることになるとわかっていても、やってしまう気持ちは、
もしかしたらリストカットとかと同じかもしれません。

ブログランキング参加中です。人に情報を発信するにはある程度有名になりたい気持ちです。
ご協力お願いします。
・自己の過小評価
・自己コントロール力の欠如
・うつ
・不安や寂しさの感情
・ストレス
・文化の要因(日本人は体型や体重に過敏すぎる国民です。その文化で育つと様々な外部の影響を受けます)
・いじめ・虐待の経験
・自己表現が苦手

わざわざあげてみるほどの内容ではなかったかもしれません。
でも、精神病が増えるのと同様に摂取障害も異常なペースで増えているのも事実なのです。

自分に自覚がなくてもあっても、その事実はその人を大切に思っている人たちを心配させ
ストレスを与えていることだけを理解していただければ良いな…と思います。

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)

チューイングとは、食べ物を食べ続けるのですが決して異の中に入れない行為です。
ガムのように長時間かみ続け満足するとトイレなどに吐き出します。
カロリー摂取で体重が増えるのを防止するためです。

食べなければ拒食になるのですが、食欲が強いためこのように形で満足感を得ようとします。
多くの人は、この行為を繰り返し長時間色々な食べ物を噛み続けています。

反芻は食べたものを1回口の中に吐き出し、それを再び食べる行為です。
痴呆症の老人や重度の知的障害の人々に多いのですが、最近では何も障害を持たない人の反芻が増えてきています。


頻度は人それぞれで異なりますが、毎日繰り返す人が多いです。
反芻と診断されるには最低この行為が一ヶ月以上続いてることが条件ですが、命に関わる行為なので早期の治療が重要です。

余談ですが、今は亡き流れの風俗ライター菜摘ひかるさんも反芻はよくやっていました。
(コラムとかでよく書いていたのを覚えています)

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)

通常人間が食べない物(ゴミ、土、紙、異常なほどの氷etc...)を食べてしまう(食べたい欲望に駆られる)障害です。
最低でも一ヶ月間継続していることが診断名のつく条件です。

痴呆症や統合失調症との併発の場合は特に深刻です。
なぜならば、時に致死量に至るまで食べ続けるので必ず治療が必要です。

原因はストレスや不安から来ると言われていますが、なぜ異食行動が起こるのかは不明です。
妊娠中に異食が起きるケースが多いく、貧血状態になってもこの状態になるときがあります。
治療は心因性のものであれば本人自身のセラピーも必要ですが、家族の協力も必要不可欠です。

ブログランキング参加中です。役に立ったら押して下さい(。。)