あなたは、セルフエスティームという言葉をきいたことがありますか?あまり、ご存じでない方も多いようです。

 

セルフエスティーム(self-esteem)とは「自分の人間としての価値に対する高い自己評価」のことです。

 

直訳すると、セルフは「自分自身」でエスティームは「尊重する」という動詞です。つまり、短く訳すと「自分を尊重する気持ち」のことです。

 

辞典などでセルフエスティームについて調べると「自尊心、うぬぼれ」などと和訳されていることがあります。

 

しかし、セルフエスティームの意味合いは全く違います。うぬぼれとは、「否定的」な言葉であり、前述したような肯定的な意味とは全く違います。

 

セルエスティームとは、本来、肯定的でポジティブな意味合いとして外国では使用されています。

 

これは、日本と外国の文化や礼儀作法などの違いからもきているといえます。

 

現代の日本では、「私はダメな人間だ」「私にはできない」などと、否定的に自分や物事をとらえる人が多くいます。

 

これは、セルフエスティームが低いために起こる感情です。

 

セルフエスティームを高めると、自分に自身がついて、物事をうまく進めることができるようになります。

 

今回は、セルフエスティームを高めて人生を豊かにする方法について解説します。

セルフエスティームの重要性

セルフエスティームについて、「自分の人間としての価値に対する高い自己評価」と前述しました。

 

また、セルフエスティームとは、他人からの評価に依存せずに自分自身を高く評価することともいえます。

 

他人は、自分のことを、さまざまな視点から評価してきます。もちろん、自分のことを高く評価してくれることなら嬉しいものです。

 

しかし、多くの人は、相手(自分)のネガティブなことを指摘します。

 

例えば、自分の上司が「お前は、なぜこんなことができないんだ」「お前は、バカだ」などと指摘や評価してきます。

 

こうした評価をいつも受けていると、脳にネガティブな情報が深く記憶されてしまいます。

 

もともと日本人は、謙遜するような文化や教育が、昔から風習としてありました。

 

そのため、いきなりセルフエスティームを高めるといっても、難しい面もあるでしょう。

 

しかし、日本人には「他者へ配慮する」という気配りの精神や文化を持っています。

 

他人を大切にする気配りができる日本人ならば、当然自分のことを大切にしてセルフエスティームを高めることも可能です。

 

もちろん、辞書的な「うぬぼれ」などという否定的な言葉とは、全く意味が違います。

 

うぬぼれが強い人は、独りよがりになるため、他人を見下すような態度をします。

 

うぬぼれが強い人は、一見自身を持って強そうに見えます。

 

しかし、実は自分に自信がなかったり臆病だったりするために、わざと強い態度をとる人が多いようです。

 

つまり、うぬぼれの強い人はセルフエスティームが低く、自分に自信がないのです。

 

他には、自分自身を粗末にする人は「自虐的」とみなされて、他人からの尊敬を得ることはできません。

 

現代の日本では、うつ病になる人がとても多くいます。

 

厚生労働省による精神疾患の患者数は、平成23年(福島県と宮城県の一部を除いた医療機関への受診者の統計)で320万人にものぼります。

 

この内訳は、多い疾患からうつ病、統合失調症、不安障害、認知症などです。

 

そして、うつ病や認知症の患者数が著しく増加しています。

 

元リクルートフェローであり、東京の杉並区立和田中学校で初の「義務教育民間人校長」を努めた藤原和博氏はいいます。

 

藤原氏は、若い人たちに「アイデアを出してほしい」といっても、なかなか発言してくれないといいます。

 

これは、若い人たちのセルフエスティームの低さが理由として考えられます。

 

これは、「自分の未来は明るい」といったポジティブな思考を持つことができないため、自分に自信がないために意見を出すことができないからです。

 

このように、藤原氏は、教育現場の状況について解説されます。

 

こうしたことから、日本におけるセルフエスティームを高める教育や指導をおこなうことが、重要課題とされています。

 

 

セルフエスティームが低下する原因

日本人のセルフエスティームが低下しているのは、さまざまな原因があります。

 

会社では、折角新しく優秀な人材が入ってきたのに、仕事上のパフォーマンスが上がらないことがあります。

 

さらに、近年では入社しても、すぐに辞めてしまう人も多いようです。

 

他にも、メンタルヘルス上の問題を抱えた社員が、多くいる会社もあります。

 

これらの原因は会社だけの問題だけではなく、家庭や友人関係、恋人、普段の生活環境なども、セルフエスティームの低下につながっています。

 

現代の日本企業のあり方は、長い間デフレーションが続いたことも、セルフエスティームが低下する原因として挙げられます。

 

例えば、1997年(平成9年)以降長期で、デフレーションが続き国民の年収が下がりました。

 

その結果、努力しても評価を受けられず、その対価となる年収が減少していることです。

 

こうした結果が、日本人の「セルフエスティームの低下につながっている」といわれています。

 

年収が下がると、比例して婚姻率も低下します。

 

必ずしも、独身者にセルフエスティームの低下が起こるとはいえません。

 

しかし、現実に経済環境が悪ければ、結婚したくてもできないという人が多くいるのが現状です。

 

また、セルフエスティームが低い人はストレスが溜まるために、買い物などに依存することも多く物が増えるといいます。

 

自分のことを嫌いな人は、心が満たされていません。

 

そのため、心が満たされないことを埋めるために、買い物に依存したり不要なものを溜め込んだりしてしまうのです。

 

例えば、誰も持っていない高価なブランド物を買って自分を誇示したり、整形や無理なダイエットで人にアピールしたりすることです。

 

高価な物を持ったり、整形したりして外見が変わっても、自分の心は満たされることはありません。

 

根本的な解決法は、低いセルフエスティームを高く引き上げることです。

 

セルフエスティームが高くなると、心が満たされているため、高価なブランド物や外見などはどうでもよくなることに気付きます。

 

 

人生を豊かにする高いセルフエスティーム

それでは、セルフエスティームが高くなると、何を自分にもたらすのでしょうか。

 

例えば、前述したように、物欲や外見の見た目などはどうでもよくなります。

 

これは、セルフエスティームが高くなることにより、日々の生活で幸福感を得られるためです。

 

また、セルフエスティームが高くなり幸せで自分に自信がつくと、幸福感が伝染したように周りの人にも好影響を与えることになります。

 

幸せそうな人をみると、こちらまで幸せな気分になるのは、この影響のためです。

 

もし、幸せそうな人をみて「ひがむような気持ちになる」のであれば、セルフエスティームが低い証拠です。

 

セルフエスティームが高い人は、感情をうまくコントロールすることができるため、ストレスや怒り、心配事などがあってもうまく対応することができます。

 

そのため、会社や家庭などでも、豊かな人間関係を築くことが可能になります。

 

また、セルフエスティームが高いと、周りの人の感情を読み取ることが可能になります。

 

すると、仕事でも家庭でもうまくコミュニケーションをとることができるため、周りが和やかになり仕事も家庭もうまくいくのです。

 

また、高いセルフエスティームを持っていると、周りから凄い人や包容力のある人とみられて仕事や家庭も円満になります。

 

また、セルフエスティームが高くなると、何らかの失敗が起きたときに失敗や挫折から立ち直る力が早まります。

 

セルフエスティームが低い人は、何か失敗が起こると「ああ、私はもう駄目だ」と勝手に決めつけてしまうことが多いため、なかなか立ち直ることができません。

 

なぜ、セルフエスティームが高い人が立ち直ることが早いのでしょうか。

 

それは、何かの失敗があったときに失敗の中から何らかのプラスの要素を探して、ポジティブな要素として物事をとらえることができるからです。

 

このことを「リフレーミング」といいます。

 

リフレーミングとは、何かの出来事や物事を違う見方をおこなうことにより、意味を変化させて「自分の気分や感情を変えてしまうこと」です。

 

セルフエスティームが高い人は「リフレーミング」ができるのです。

 

そのため、何かの失敗や挫折があると、それを自分の糧にしてさらに、成功するスピードを速めていくことができるのです。

 

 

セルフエスティームを高める方法

セルフエスティームを高めることにより、さまざまな素晴らしい効果が現れるといわれています。

 

成功したい人は、自分でセルフエスティームを高める行動をすぐにおこないましょう。

 

セルフエスティームを高めるには、最初にセルフエスティームを下げている原因に気付くことが大切です。

 

現代では、テレビや新聞、雑誌、インターネットなど、さまざまな情報が溢れかえっています。

 

しかも、その情報の多くは、事件や災害などを大きく取り上げています。これらの情報は、ときとして必要なものです。

 

しかし、自分にとって「セルフエスティームを下げるネガティブなもの」として、脳に深く植え付けられてしまいます。

 

凶悪犯罪などのニュースは、物事の考え方をネガティブにとらえるようになるため、自分の考え方に大きく影響を及ぼします。

 

また、事件や災害のニュースだけでなく、ドラマやバラエティ番組、情報番組などでも偏った価値観が脳にすり込まれてしまいます。

 

近年の情報番組では、タレントが散歩しながらレストランや商店などに立ち寄り、食事や物品などの評価をします。

 

タレントが「このケーキは美味しいです」というと、そのケーキが欲しくなるように脳にすり込まれてしまうのです。

 

これは、製品やレストランなどの宣伝手法の一つです。

 

インターネットでの宣伝やSNSなどのやりとりでも、他人の共感を得るために、自分自身の感情を抑えて自分の感情と違った内容をSNSなどでアップすることも考えられます。

 

これは、自分の本心とは違うため、ときとしてセルフエスティームの低下を招くことになります。

 

メディアを見たり、インターネットでの情報検索やSNSなどをおこなったりする場合でも、一度止まって「本当に正しいか」考えて行動を起こすようにしましょう。

 

また、これらの情報以外にも、セルフエスティームを下げるものがあります。それは、親や家族、友人などとの関係です。

 

特に、親からの影響は大きく、もしセルフエスティームが低いのであれば「親の育て方」に関係していることが多いようです。

 

もちろん、今の自分が存在するのは、親が手塩に掛けて育ててくれたおかげですから本当に感謝しなければいけません。

 

ただし、親と自分は、別の人格だということも理解しておく必要があります。

 

私たちが生まれて育っていく過程の中で、親や学校の先生などによる教育や価値観は、自然に脳へ植え付けられていきます。

 

例えば、子供が何か失敗したときに「こら、何してるの!この馬鹿者!」などと、何度も怒られていると、セルフエスティームは下がります。

 

また、親や先生に「ちゃんとまともな仕事に就きなさい」といわれて自分の夢を諦めてしまうことも、自分のセルフエスティームが下がる原因になります。

 

もちろん、教育は必要ですが、長い期間怒られたり否定され続けたりすると、ネガティブ感情が脳に植え付けられて「私はダメな人間だ」と無意識に脳にインプットされてしまいます。

 

すると、将来的にセルフエスティームを高めることが大変になります。

 

親は子供に、多くの愛情を注ぎますが、育て方一つでセルフエスティームを下げることもあります。

 

また、親や学校の先生だけでなく、友人や恋人、配偶者なども同じです。

 

例えば、相手の年収が低かったり相手の会社が自分の会社よりも小さかったりするとします。

 

すると、自分の方が上だという捉え方をするため、相手を見下すようなことをすることがあります。

 

こうした考え方は、相手を傷つけるだけでなく、相手のセルフエスティームを大きく下げることになります。

 

また、相手の容姿や家庭環境を自分と比べて、相手を見下すような評価をすることも同じです。

 

何もない状態で、全く対等の人間として相手を尊重することが、セルフエスティームを高める基本ラインになります。

 

私たちは、人格形成ができる大切な幼少期に、親の影響を最も受けやすいといわれています。

 

この時期に、前述したようなことにより心理的に影響を受けると、セルフエスティームが大きく下がります。

 

たとえ子供でも、自分と子供のアイデンティティを切り離して、セルフエスティームを高めるように育てることが重要です。

 

それは、親が子離れできないことにより、自律できずに社会的適応性が形成できなくなるからです。

 

最終的には子供は巣立っていくため、「デタッチメント(detachment、分離や距離をとること)」を考慮して、日々子育てをおこなうことが必要です。

 

下記に、セルフエスティームを高めるための具体的な方法について記述します。

 

 

自分の素晴らしさを認める

前述したとおり、セルフエスティーム(self-esteem)とは「自分の人間としての価値に対する高い自己評価」のことです。

 

ところが、日本人の文化や性質上、自分に厳しくすることを礼儀とするような傾向が日本にはあります。

 

とても素晴らしい日本の文化といえますが、ときとしてセルフエスティームを下げることになります。

 

ある程度、自分に厳しくすることも必要ですが、「自分が素晴らしい存在である」ということを認めて日々を送ることが、セルフエスティームを高める第一歩になります。

 

私たちは、この世に生まれてきただけで素晴らしく尊い存在なのです。自分を認めて、成功するために前進しましょう。

 

 

日々の生活を改める

もし、自分の生活がだらだらと過ごすような怠惰な生活をしているのであれば、日々の自分の生活を改める必要があります。

 

これは、自分の素晴らしさを認めることと同様に、セルフエスティームを高める重要なことです。

 

いくら、自分を「素晴らしい人間だ」と思っていても、毎日テレビばかり見ていたりゲームばかりしていたりする状態では、自分が成功することはあり得ません。

 

ただし、これらの全てを止める必要はありません。

 

少しだけ余暇の時間を減らして、その分自分が成功するための勉強や読書、行動に移すことをおこなうことにより、確実に成功に向かって前進することができます。

 

どんな成功者でも、何らかの勉強をおこなったり、行動を起こしたりすることにより成功が得られたわけです。

 

今一度、自分の行動を見直して改め、「自分が成功するために何をしたらいいのか」気付くようにしましょう。

 

そのためには、瞑想法や気功法なども有効な手段となります。

 

ゴール設定をおこなう

自分の素晴らしさを認めて、日々の生活を改めたら、自分のゴール設定をおこないましょう。

 

何の目的もなく日々を過ごしてしまうと、成功を収めることはできません。

 

先ずは、自分が何をやりたいのか気付くことが重要です。

 

自分のゴール設定をおこなうには、自分の心を落ち着かせて、静かな環境で自分を見つめることがポイントです。

 

それには、前述したとおり、瞑想法や気功法などが有効な手段となります。

 

瞑想により、心を落ち着かせて、自分が何をやりたいのか気付きを得ましょう。

 

そして、気功法により「アファメーション」をおこなって、自分がゴール(成功)している姿をイメージしたり宣言したりします。

 

こうしたことを日々おこなうことにより、成功することが可能になります。

 

このように、セルフエスティームを高めることは、成功するうえでとても重要なポイントになります。

 

前述したような方法を実際におこなうことにより、確実に成功する方向へ向かうことができます。

 

そのためには、先ずは自分自身の素晴らしさを認めることが重要です。

 

セルフエスティームを高めて、自分の人生を幸せなものにしましょう。