生命保険の駆け込み寺 あんしん配達通信 Blog版

可以託六尺之孤(以て六尺の孤を託す可し)
そういってもらえる、FPを目指します。


テーマ:

R&I(格付投資情報センター)は、12月17日付で、太陽生命、大同生命、T&D生命の保険金支払能力の見通しを変更しました。

太陽生命 保険金支払能力
  新 A+ [ポジティブ]
  旧 A+ [安定的]

大同生命 保険金支払能力
  新 A+ [ポジティブ]
  旧 A+ [安定的]

T&D生命 保険金支払能力
  新 A+ [ポジティブ]
  旧 A+ [安定的]


A:保険金支払能力は高く、部分的に優れた要素がある


[ニュース・リリース]
https://www.r-i.co.jp/jpn/body/cfp/news_release_A/2014/12/news_release_2014-A-1228_01.pdf


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ムーディーズ(MOODY’S)は、12月2日付で、日本生命とソニー生命の保険財務格付を1段階引き下げました。


日本生命 保険財務格付
  新 A1  [安定的]
  旧 Aa3 [安定的]

ソニー生命 保険財務格付
  新 A1  [安定的]
  旧 Aa3 [安定的]


A2:支払能力が良好である保険会社に対する格付け。しかし、将来のある時点において、支払能力に影響を及ぼしうる要因がある


[ニュース・リリース]
https://www.moodys.com/researchdocumentcontentpage.aspx?docid=PBC_177775


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

R&I(格付投資情報センター)は、12月1日付で、メディケア生命の保険金支払能力を1段階引き上げました。

メディケア生命 保険金支払能力
  新 A+ [安定的]
  旧 A  [安定的]


A:保険金支払能力は高く、部分的に優れた要素がある


[ニュース・リリース]
https://www.r-i.co.jp/jpn/body/cfp/news_release_A/2014/12/news_release_2014-A-1168_01.pdf


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

S&P(スタンダード&プアーズ)は、11月26日付で、第一生命の保険財務力格付けを1段階引き上げました。

●第一生命 保険財務力格付け
  新 A+ [安定的]
  旧 A  [クレジット・ウォッチ]

A:強い保険財務力を有するが、上位に比べ、環境が悪化した場合、その影響をいくぶん受けやすい

[S&P リリース]
 http://www.standardandpoors.com/ratings/articles/jp/jp?articleType=HTML&assetID=1245377848760

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

相続の問題

 必ず死ぬ(何歳で死ぬか分からない)

 ①分割
 ②税金

 相続=財産を引き継がせる

 相続対策の全ては、生命保険で可能


相続の用語

 被相続人

 相続人(法定相続人)

 代襲相続


相続対策の目的

 遺産分割
  不動産
   代償分割   財産のほとんどが不動産
          自宅(不動産)→兄
          現金(保険金)→弟
          保険金で準備

  現預金     受取人を指定できない
  法定相続人以外 受取人を指定できない

 納税資金
  納税は現金   保険金で準備(物納は難しく)

 節税
  法定相続人の数╳500万円

  一時所得扱に(相続財産を保険金で増やさない)
   (解約返戻金ー保険料ー50万円)╳1/2

  現金の評価を下げる(一時所得扱の場合)
   死亡時の解約返戻金で評価される

  契約者
  被保険者
  死亡保険金受取人


生命保険活用のメリット

 投資効果
 法律的効果

 つまり、生命保険は
 ①実需があり
 ②手数料がかからず
 ③節税効果もある
 ④投資である


生命保険の法律的な性格

 生命保険は
  受取人固有の財産である

 つまり
  相続財産ではない
  ただし、見なし相続財産として相続税の課税対象

 例題
  夫に借金が多いとき、死亡したら?
  資産<借金
  単純承認?(預金の引き出し)
  相続放棄
  順番に引き継がれる(相続放棄を忘れると)

 預金は?
  すぐに現金が準備できる?
  100%の評価
  受取に時間がかかる(口座凍結)
  利息もほとんどない

 不動産は?
  貸家建て付け地として評価を下げられる
   継続的な家賃収入
   借入金により相続税の引き下げ効果
  入居者の心配(人口減少、空き家の増加)
  評価が下げられる=価値も下がる(維持に費用も)

 生命保険は?
  死んだら戻ってくる 保険金>保険料(原則)
  評価は下げられるが、価値(保険金)は下がらない

 遺留分対策
  生命保険は遺言書より強力な遺言である
  減殺請求権の時効は1年
  現金すべてを遺留分から外す
   特定の人(渡したい人)へ相続させる
   寄与分の対象(どんなとき? 嫁は?)

 公正証書遺言の場合は、変更の都度5~10万円の手数料
  人数
  割合
  受取人の変更は契約者の権利(公正証書遺言なら?)

 特別受益の問題

 認知症対策
  父母、自分自身が心配なときは
   成年後見人がいなくても
  保険金なら、遺産分割協議が不要

 財産を非課税にする
  500万円×法定相続人の数(国税庁公認)
  お墓
  リフォーム
  住宅資金の贈与
  (ただし、小規模宅地の特例が使えるように、考えておく)
  生前に贈与して、財産を減らす

 投資で増やさない
 死亡時に必ず減るようにする
 生命保険の活用
  現金の評価を下げる

(続く)

いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード