1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月30日 09時27分01秒

ゴールデンタイム「朝」時間の使い方

テーマ:ビジネスパーソンとして

 

最近、活字を読むのが苦手な私もAmazonのAudible(聴く本)で

(Audible凄く便利でオススメです!)

 

色々な書籍を読んで(聴いて)いますが、どの書籍でも

 

「朝」の時間の使い方が重要だと書いてありました。

 

成功者は朝型の生活であると。世界の有名な経営者など。

 

私自身も、経営塾に通っていらい約4年前くらいから

 

完全に朝型タイプの生活をしています。

 

AM5:30にほぼ自動的に目覚めます。

 

そこから、約15分ほどボケーっとしてから

 

AM5.45になったら、テレ東のモーニングサテライトを観はじめます。

 

世界経済の動向など経済関係の情報収集の時間です。

(特に、「プロの眼」のコーナーが好きです。)

 

もう20年近く飲み続けている、青汁、お陰でよく30歳前半って言われます。

 

最近は、酵素も一緒に飲みます。健康とダイエットの為です。

 

 

さらに毎日ではないですが、モーサテ観ながら、ゴルフの練習

 

ここぞと言う時、入らないパターの練習

 

よらないアプローチの練習

 

今年は80切りが目標なので、スコアメイクの鍵となる練習しないと。。。

 

そして、モーサテが後半に入ったところで、お風呂へ

 

ダメ習慣と思いつつも、朝風呂派です。

 

お風呂では、青汁飲みながら、歯磨きしながら大事な"思考"の時間です。

 

モーサテの続き観ながらそのあとの、モーニングチャージを観ます、

 

最新のサービスやトレンドが知れるので

 

自分の潜在思考とすり合わせをして、自社の事業比較や気付き、ヒントを得る時間です。

 

あとは、今日一日の予定をシュミレーションします。仕事は準備で80%決まると

思ってますので、"後手"に回る事を避ける為です。行き当たりばったりでは

仕事は上手く行きませんから。

 

お風呂から出て、ここで完全にスイッチ入って心身ともに目覚めます。

 

私の読んだ書籍によれば、人間の集中力の継続時間は15分で

15分刻みで"ながら作業"をすると朝のフレッシュな脳が活性化するそうです。

 

朝ごはんは基本食べません、青汁と酵素のみです。

 

そこから着替えて、神棚に拝礼して家を出て会社に向かいます。

(起きてから起動までに2時間もかかります。。。)

 

太陽の光を浴びる為にわざと、公園の中を通るルートで駅に行きます。

 

人は、太陽の光を朝浴びる事はとても良いそうで、太陽からエネルギーをもらえるそうです。

 

電車の中では、集中して15分、英単語の勉強。

 

月曜日は、朝MTGがあるので、8時前に出社

 

その他は、8時30分前後に出社

 

そして、会社の神棚の榊の水と水換えて、拝礼して仕事スタート!

 

メールの処理は、定時の9:00までに終わらせるのが一つの基準です。

 

9:00以降は、フリーに動ける状態にしておきたいので。

 

朝から午前中までが、脳がフレッシュで活性化している状態なので

 

午前中に重要な思考系の仕事を詰め込んでこなすように心がけています。

 

社内打合せなどはなるべく午後に回すなど。

 

私のイメージ、仕事の80%は朝から午前中で終了する感じです。

 

午後からは、脳がだんだん疲れていきパフォーマンスが低下するので

重要な思考などはなるべく避けるようにしています。

 

私の場合、こんな朝のゴールデンタイムの時間の使い方をしています。

 

ある意味、お爺ちゃんみたな生活ですね(汗;)

 

でも、

これを数十年継続すれば、大きな積み重ねになり、成長できるし

 

なにより、全ての基盤である健康に良いと思います。

 

人に与えられた時間は平等で限られていますから、如何に上手く、効率的に

 

時間を使うかが大きなカギになるとおもってます。

 

PS.

今朝は、いつも食べない、朝ごはんを食べました。

シリコンバレー視察(サンフランシスコ含む)の際、自分用のお土産で買った
オーガニックの白トリフオイル。

卵かけご飯にかけてみたくて。。。日本人なら皆共感。

 

結果、メチャクチャ美味しかったです!!!

 

凄いを越えて、marvelous美味しい(笑)!!!

 

ハマりそう、明日も食べよう。

 

WHOLE FOODS マーケットには、オーガニック商品が沢山売ってます。

オススメです。

 

次は、ロスに行きたいなあ。。。ラスベガスもセットで。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月21日 11時09分28秒

君の名は。観た、人の縁って大切で不思議

テーマ:プライベートなこと

1月末に大阪で半ば暇つぶし目的で、大ヒット映画

 

「君の名は。」を観ました。

個人的に、フィクションよりは、ノンフィクションが好きで

 

しかもアニメでフィクション!?あんまり興味なしって感じなんですが

 

あまりにもヒットしているので観てみる事にしました。

 

 

 

感想は、メチャクチャ感動して、面白かったです!!!(笑)

 

私、素直で単純なんで。。。

 

 

 

ストーリーのテンポも良いし、光や水の描画も凄い奇麗だし

 

家の近くの聖地!?も沢山出てなんか親近感も湧きましたね。

 

挿入歌もいいですね。個人的には、前前前世~より

 

エンドロールの曲の方がなんかしみじみして(涙;;)、好きですね。

 

とにかく久しぶりに、心奪われる想いがした映画でした。

 

特に、"黄昏時"のところの話や描画は、最高でした!

 

ネタばれになりそうなんでここの位にします(汗;;)

 

この映画みてると、最近年をとったせいか、色々昔の事思いだし

 

人の縁って不思議で凄いなあと感じる事があります。

 

ここ最近私が偶然気付いた実体験で、

 

え、なんで、そこにいるの!?

よくよく記憶を辿ると、そうか!あの時の一言がきっかけで、

そこにいるんだ...へーそうなんだ。。。凄い頑張ったんだろうね。

 

なんて事がありました。

憶測ですが、それはその人にとって幸いであり

私がなんかしらのきっかけになったのかなと思ってます。因縁を感じます。

 

出会いって偶然ではなくて、必要だから出会っているように感じます。

 

最近読んだ、遺伝子の本によれば、私たちは、皆数億の中から

選抜されたエリートとして生まれて来て、地球の人口約70億人いて

ものすごい確率の中で出会っている事になります。

これは偶然でなく、必然(縁)のような気がするんです。

 

必要な出会いしかないので、無駄な出会いなんて無いのでは!?

 

とても不思議です。

 

私自身、振り返ってみると、会社の新規サービスもベトナム進出(日本語しか話せません)など

 

すべて出会いで影響を受け、きっかけをもらって今の姿(会社や自分自身)があります。

 

自分自ゼロベースの発想のみは少なく、自分潜在ニーズと影響、気かっかけが

 

上手くマッチした時に、ターニングポイントやイノベーションが生まれる。

 

もう一つ言えるのは、いい出会いはいつも"苦境"の時が多いという印象

 

自分だけで解決できないから、必然的(必要だから)に出会っているように

過去の自分の実体験からも思います。

 

でも、

出会いを自らの成長や幸福に繋げるには

影響やきっかけだけではなく、成すのは自分自身、例えば未体験ゾーン(転職とか)に

一歩踏み出す「勇気(決断)」が必要だと思います。

 

私が経営塾で学んだ事のなかで

 

人生の結果は

「考え方 × 熱意 × 能力」

もう一つ大切な要素があると思う!

それは、「出会」×「決断」=80%はこれで決まる!

 

また、出会いには法則がある!

「類は友を呼ぶ」

 

という事です。

 

私の尊敬する経営者、大久保秀夫さん(経営塾の塾長)との出会いも

いい経営者仲間の縁のなかから生まれています、

この出会いのお陰で会社も私もとても成長する事が出来ました

これはお金で表せない宝物で感謝しかありません。

「類は友を呼ぶ」そこでまた良い縁に出会う、人の縁は数珠つなぎだと思います。

 

ただし、

出会いには、良い出会いと、悪い出会いがあると思います。

 

出会いは連鎖する、良い連鎖ならいいですが、易きに流れる悪い連鎖は最悪です。

 

だから良い出会いにめぐり会えるように自分自身を鍛え、

損得抜きで"本来なりたい自分"をしっかり持っておく事がとても重要なんだと

改めて思います。

自分もそうありたい。

 

人と人の縁、仕事でもプライベートでも大切で、まか不思議ですね。

 

こんな事を深く考えさせてくれた映画でした。

 

これまでの出会いに感謝を込めて、人生(たぶん)一度きり、

私に影響・きっかけをくれた方、

私から影響・きっかけを受けた方が

 

幸多かれと願うばかりです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月16日 17時08分40秒

窓にインターネット

テーマ:ANSとして

 

オフィスを移転して、早1.5年くらいになります。

 

ずっと応接室の真っ白な壁になにかいい絵でも飾ろうかな!?と考えていましたが

 

いいの見つけて、1月末に発注して先週くらにやっと届きました。

 

絵じゃなくて、窓を付けました。

 

ただの窓じゃなくて、4Kの画像とサラウンドを搭載した、

IoTの窓です。

 

(これはハワイの砂浜です。波の音に癒されます。)

 

絵だと、私の趣味が出過ぎて、しかも固定的でなんかつまんない。

 

これなら、約400種類くらいの動画を季節や気分に合わせて

窓から眺められます。

 

リアルな4Kの動画なので、本物の窓みたいで、さらにサウンドもあるので

結構臨場感ありますよ。

 

拡大写真

時計や天気、カレンダーも表示可能です。

 

その景色の場所情報も

 

インターネットで追加の景色も購入可能です。1個600円程度。

 

操作は、スマホアプリ経由です。

 

こんな感じでわが社にもIoTがやってきました。

 

今後、社会はどんどんIoT化が進んで行くと思います。

 

色々なものにインターネットがついて、そこからセンシングされたデータが

 

ネットワークを通じてどんどんデータが蓄積されてビックデータになる。

 

そのビックデータを活かしたAIの技術で様々な事業イノベーションの種が

 

生まれる時代が到来すると思います。

 

昔、現在は、データが生成される主だったモノは、PC、携帯、スマホ、レジなど

 

ある程度発生もとが限定的でしたが、今後この窓のようにあらゆる家電製品や

 

モノが対象となり、発生するデータは多種多様膨大な量になります。

 

なので、製品メーカー系企業は、今まで作って終わり、だったのが

 

作ってから、蓄積されたビックデータを如何に活かし企業発展に繋げて行くか!?

 

の勝負になると思います。

 

これからの時代は、データを沢山もっていて、活かしている企業が有利だと思います。

 

当社の事業である、業務システムの分野においても

 

端的に業務システムを表現すると

 

「インプット ⇒ データ加工 ⇒ アウトプット」

 

という概念的ですが単純構成です。

 

IoTの普及で

 

・インプットがモノからセンシングされたデータの蓄積になり

 

・データ加工は、ビックデータをAIが処理し、人が確認、調整

 

・アウトプットはより正確で予測可能な気付きを促す、まとめられた情報

 

になります。

 

IoTの普及により企業の業務プロセスの流れそのものも革新的に変化していくと思います。

 

これに従い、当社もIoTやAIなどの概念を取り入れた

 

新たな業務系システムの在り方を模索し、今後この様な企業の発展の支援を出来る会社に

 

進化して行きます。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月13日 10時43分12秒

メディアに取り上げて頂きました!BrSEスクール in ダナン

テーマ:ANS Asia in ベトナム

 

先月、ANSAsiaダナン支社でBrSEスクールの説明会を行い

 

多くのベトナムのメディア各社や大学、政府関係者にご来社頂き、取り上げて頂きました。


・ダナンにある大学の情報学科長あるいは代表者
(ダナン工科大学、師範大学、ズイタン大学、技術短期大学、ドンア大学)
・政府機関(情報通信局センター長)
ベトナムテレビ局VTV8、ダナンのテレビ局 DRT、Thanh Nien 新聞、Tuoi Tre 新聞
など

 

説明会の様子はこちら

 

VTV8局のオンエアーはこちらからご覧になれます。

http://vtv.vn/video/ban-tin-16h-24-02-2017-205462.htm

 

QRT局のオンエアーはこちらからご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=vEQRh8ZELBE

 

新聞各紙の掲載は、BrSEスクールサイトの「MEDIA」からご覧頂けます。
http://brse-school.vn/

 

ベトナム語なんで全然内容が解らない!ですよね(汗;;;)
私も自分の名前しかわかりません(笑)

 

大体、以下のような内容で放映させているとの事です。。。

-----------------------

政府からの最新のレポートによりますと、ベトナムでは高品質ITエンジニアの400,000人が必要です。
2020年までこの人材の不足が深刻になって来て、500,000人に至るかもしれません。
この問題を解決するため、ダナン市は日本企業と協力して、現地にITエンジニアを教育するプログラムを展開しました。
ダナン市は各企業の現場に教育学校を開く事を促し、
同時に高品質情報技術エンジニアの協力プログラムの効果を発揮していきます。
現在、株式会社A.N.Sは「BrSE SCHOOL」というプロジェクトを行っています。
このプロジェクトは現在のダナンの高品質ITエンジニアの不足を補うこと、
そして日本へITエンジニアを提供することを目指しています。
長期的な経済発展の指向として、ダナンは外国の企業と協力してIT人材の育成を重視して、
ソフトウエア開発企業のアピールを取り、ITパークを建設することに努力しています。

-----------------------

 

この取り組みは、ビジネスという側面より、事業を通じたベトナム、日本両国の未来の利益の為の社会貢献として継続して行きたいと思います。

社会性、独自性のある取り組みは、関わる人の共感を生み、それが波及して行く事を体感出来ました。

 

今後も会社のライフワークとしてこの活動を継続的に続けて、多くの優秀なBrSEの育成に貢献して行きたいと思います。

 

ご興味ある方は、

BrSE School Introductionをこちらからご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=OLxQeGJlbMQ

 

BrSEスクールのFaceBookページはこちらです。色々情報発信して行きます!
https://www.facebook.com/brse.school.vn/

 

BrSEになりたい方、日本で働きたい方、お待ちしています!!!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月09日 16時00分05秒

労働感の違い・日本はITの活用が不可欠

テーマ:ITシステム・コラム

瑞穂の国、日本

 

稲作に精を出し一生懸命、働いて、汗かき、収穫された美味しいごはんを食べる

 

「はたを楽にする=働く」に美徳を感じる日本人

 

だから日本人は基本的に真面目で働き者、だから戦後焼け野原から
復活して、世界GDP2位まで上り詰めたのだと思います。

 

働く事は、良い事と心の奥底で誇りに感じているのではなかろうか!?

それが、日本の労働感のような気がします。

 

なので過剰に働いてしまい、色々な労働問題が生じて
現在、社会的に働き方改革が推進され
長時間労働の是正など様々な取り組みが進められていると思います。

 

一方で、欧米諸国はこの労働感が違うように思います。

 

キリスト教の労働感が影響していると思います。

 

蛇にそそのかされて禁断のリンゴを食べてしまった原罪の償いが"労働"

という認識のスタンスがあるようです。

 

だから、罰である労働は効率的に短時間で済ませて
バカンスを長期間とる事が、美徳、良い事、喜びなんだと思います。

 

日本と欧米諸国の労働感このように異なると思います。

 

日本は、真面目に長時間労働して仕事を進める・・・疲弊して今働き方改革

 

欧米諸国は、利益を出す為の効率的ビジネスに集中・・・リーマンショック

 

それぞれ労働感の違いで、良い面もあれば悪い面も生じてしまっていると思います。

 

IT投資の分野においても

 

日本は、投資に対してITの割合が約20%程度

 

欧米諸国は、約40%以上もIT投資するとの統計情報を目にしました。

 

欧米ではITで業務を効率化して利益を追求する。

 

日本は、非正規社員を増やして、さらに残業して業務をこなす。

 

日本は、非正規社員の割合は約40%近くもあるそうです。

 

労働感は欧米スタンスが100%良いとは思いませんが、

人口減少が進み、生産年齢人口の割合も低下していく日本では
これまでの様に非正規社員の採用や残業での対応は限界なのではないでしょうか

 

しかし、少ない労働力、長時間労働NGな環境で企業の業績維持、向上
国としてもGDPを成長させなければこれまで以上に豊かに暮らせないと思います。

 

この問題には、

 

"労働生産性の向上"

 

が不可欠だと思います。

 

如何に、少人数の中、短時間で作業を進行させ利益に繋げるか!?

に掛かってくると思います。

 

IT人材の需給に関する推計結果の概要

出典: 経済産業省ホームページ(http://www.meti.go.jp/)
(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY_report.html)を加工して作成 

 

そこには、IT、システムの活用が有効的だと思います。

 

24時間、365日休みなくシステムは働いてくれます。

 

今こそ、自社の労働生産性の状況、業務状況を把握した上で

適切なIT導入を検討してみては如何でしょうか

 

現在、第四次産業革命(インダストリー4.0)や第三次IT革命などが

同時進行しており、AI、IoTやロボット関係など様々なイノベーションが

大小巻き起こっていますのでそんな技術も活用を模索しながら

レガシーな仕組みや業務フローを見直して

労働生産性を向上させて、発展して行くことが素晴らしい未来に繋がっていくと思い
ます。

 

当社も事業を通じて、労働生産性向上に貢献して行きたいと思います。

・自社に合わせたフルオーダーシステム

 https://ans-net.co.jp/fullorder/

 

・既存システムの再構築サービス

 https://ans-net.co.jp/renewal/

 

・既存のシステムの保守代行サービス

https://ans-net.co.jp/maintenance/

 

・業務系WEBシステムの構築

https://ans-net.co.jp/web_system/

 

・業務系アプリ開発

 https://ans-net.co.jp/app_development/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月06日 15時43分09秒

人材不足をITで解消【システム開発会社コラム】

テーマ:ANSとして

 

少子高齢化で人口減少が始まった日本

 

生産年齢人口の割合の減少が進む日本

 

高齢化が進み働き盛りの人が介護や看護に携わる必要がある日本

 

今後、日本の人材不足問題はより深刻化していくと思います。

出典: 総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/)
「平成24年版情報通信白書」(総務省)(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc112120.html)


そんな状況でも、明るい未来の為に企業は成長して行く必要があり

そこで働く人やその家族が幸せにならなければならないと思います。

 

人材不足の状況下で企業成長して行くには、具体的に
どのような手段があるでしょうか

 

”人海戦術で乗り切る”

 

しかし、これからの時代、通用するでしょうか

 

コスト的に見ても、採用ゼロでも高額な採用広告費、人材紹介費、
教育費、入社後の労務管理リスク、更には退職リスクなど
人材で対応するには、コストもリスクも高いと思います。

 

私は、今こそITの活用で人材不足問題を解消すべきではないかと思います。

 

これまで、日本企業は、ITの投資の割合は全体の約20%程度
それにくらべ、欧米先進諸国は約40%~と日本より大幅にIT投資が多い
との統計情報を目にしました。

 

過去、日本は非正規雇用を増やす事や
長時間労働を行う事で成長を補ってきた統計情報を目にしました。

 

しかし、今後は人材そのものが高齢化し、不足していて、
働き方改善により長時間労働も厳しく規制される社会情勢です。

 

逆に言えば日本企業は、欧米に比べてまだまだIT投資で業務改善、
効率化の猶予があると思います。

 

社内の業務を分析して、ムダな作業や、目的のあいまいな作業
人が介在しなくてもITで処理出来る作業など、沢山あると思います。

 

また、現在システムが導入されていても、どれだけの業務効率に
貢献しているかなどパフォーマンスを分析する必要があると思います。

 

そうした、現状分析を踏まえて、業務の流れの中でのムダの削減、
新たなIT投資を行う事で業務効率化を図る事で、これまで
多く費やしていた時間が削減され、少人数で沢山の成果を生む
企業へとレベルUP出来ると思います。

 

他にも、設備投資や海外連携など手段は業種業界で
様々かと思いますが、IT投資も一つの有効な手段の一つだと思います。

 

稲穂の国、日本、汗かき働き者の日本人ですが
そろそろ、ITで楽すべき点は楽してよいのではないでしょうか

 

とわ言ってもIT投資ってシステムってなんか難しい

 

こんなお悩みは当社にご相談ください。

 

IT投資を低リスクで失敗しないノウハウでご支援致します。

 

システム導入の効果・メリットはこちらをご参照ください。

https://ans-net.co.jp/merit/


システム導入を成功に導くポイントはこちらをご参照ください。

https://ans-net.co.jp/point/

 

お気軽にお問い合わせください。

https://ans-net.co.jp/contact/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月02日 11時41分13秒

遺伝子って凄い

テーマ:個人的に

 

最近、どうも妙な胸騒ぎがしてどうも落ち着かない自分

 

30歳代最後の1年となって個人的な目標がイマイチぼやけてしっくりこないで

なんかカッカしている自分

 

なんか精神的に落ち着きがない、考えても仕方がないことエンドレスに考えたり

昔の事を思い出して、ああすれば、こうすれば、解決出来ない事に自問自答をこれまた

エンドレスに頭の中をグルグル回って、なかなか長時間寝れない。

 

いったいなんなんでしょうか?自分の脳!?

 

悩みというか、脳が休まらない、覚醒してる!?

 

なんかターニングポイントが近い予感がします。根拠のない勘ですが。

 

そこで、そんな状態の私に書籍を紹介してもらい読んでいるのがこの書籍です。

 

 

遺伝子に纏わる研究結果を読みやすくダイジェストで読める本です。

 

生命の尊さ

 

生命の奇跡

 

生命の凄さ

 

また、遺伝子のスイッチをオンにすれば使ってない潜在能力を解放して

到底不可能と思われる事さえも出来る可能性を自分が持っていると

気付かされました。

 

人って意外と自分自身の事を本当に理解出来ていないのでは!?

自分が何で出来ていて、自分が把握出来ないところでどんな事が起きているか

など、自分の生命の尊さに気付いていないのでは!?

 

既にあるものや、良かった事は、すぐに当たり前になってしまい

失ったものや、嫌な事にばかり心を奪われて、支配されてしまう。

 

当然、得るものがあれば失うものもあるわけで、得たものに心のフォーカスを

当てて過ごしたほうが、よっぽど幸せだと思う。

 

私もまだまだ、環境変化、考え方の変化などで、まだまだ成長出来そうな気がしてきました。

 

やはり、この人生、生命をもらって生かされている私は、幸せ者です。

 

だからもっと自分の遺伝子をオンにして、やるべき事にチャレンジすべきだと感じた

いい書籍でした。

 

環境変化、出会い、刺激、ストレスは大事にして行きたいと思います。

これらが、遺伝子の潜在能力を呼び起こすきっかけだと解りましたから。

 

しかし、サムシング・グレートはだれなんでしょうか!?やっぱり神の仕業ですかね!?

 

PS.
子供のいる方や

結婚して、これから人の親になる方にも素晴らしくオススメの書籍です。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月27日 11時43分58秒

BrSEスクール in ダナン

テーマ:ANS Asia in ベトナム

ANSAsiaダナン支社で、3月から本格的に

BrSEスクール事業がスタートします!!!

サービスサイトはこちら!
http://brse-school.vn/?lang=ja

 

Br・・・・ブリッジ、橋渡し役

SE・・・・システムエンジニア

 

今後、日本は生産年齢人口の割合が低下して行く中で

 

ITのみならず様々な業界で、日本語を第一外国語とした

 

ベトナムとの関係は今後益々親密になり両国の発展に向けた

 

取り組みが増えて行くべきと考えております。

 

当社としては、ITの分野でキーマンとなる

 

BrSEの育成の分野で貢献して行きたと考えました。

 

・BrSEが不足している
・スキルの習得が困難
・実践的な研修が困難
・日本で求められる業務知識の不足
・日系企業や日本現地企業へ就職が困難

 

など、キーマンとなるBrSEの育成には困難と課題があります。

 

そこで、日本ANSがこれまで培った業務知識などのノウハウと

 

ANSAsiaと取り組んで来たオフショア開発の実績、また

 

これまでグループ内でBrSEを育成してきたノウハウを

 

結集して、「こんなBrSEがいてくれたら最高!」と喜んでもらえる

 

BrSEを育成し、沢山のベトナム人SEがBrSEになり、または日系企業、

 

日本企業への就業のチャンス、給与UPに繋がれば良いと思いますし、

 

日本のIT企業も人材不足に日々悩んでいる中で、そんな

 

優秀なBrSEがいてくれたら非常に頼もしく助かります。

 

普通のBrSEは
⇒プログラミング+日本語

 

ANSAsiaが育成するBrSEは
⇒プログラミング+日本語+実践的な業務知識(プロジェクト管理)

 

こんな、ベトナム、日本両国にとってプラスしかない

 

事業は最高だと想い、BrSEスクールの開設を決意しました。

 

この取り組みは両国の発展に繋がれば、幸いです。

 

先日、ダナンに出張し多数のメデイアも来て頂き、説明会を行いましたので

その様子も今後、UPします!

 

ロゴの意味
①日本とベトナムの国旗、ドラゴン橋につにて
ドラゴン橋 は、ダナンのハン川に架かる橋である。    
→日本とベトナムの国旗、ドラゴン橋は日本とベトナムの

架け橋になるブリッジSEの役割を示している。    
    
②五行山について    
ダナンのシンボルである五行山を表している。
BrSEスクールの場所はダナンにあるという意味である。    
    
③ハートマックについて    
ロゴの中心にあるドラゴンの目は原版と同じハートである。    
心を込めて仕事をする事を意味している。    
そういう人材を育成していきたい。
    
④スローガンについて    
Head for the Futureは「 めざす明日」、    
We make IT together は「共につくる」である。    
・ITは上記の「めざす明日」だけでなく、IT業界であることも意味している。    
・Headは英語で頭、知力、トップ、一番という意味である。    
→ ITは頭脳を使う職種である。    
→ 知力・マネジメント力を身につけて、トップの人材を育てるところを目指したい。    
    
⑤カラーについて    
ANSとANSAsiaのブルーと同じ意味でブルーは、

技術力、信頼感、堅実、真面目を表している。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月22日 12時30分00秒

30歳代、最後の1年。

テーマ:ブログ

今月2月で、39歳になりました。

 

40歳まであと1年。

 

仮にやりたい事にチャレンジしやすいアクテイブに活動出る年齢を60歳までと仮定すると。

 

あと20年たらずです。もしくは20年もある、と考えるか!?

 

もちろん60歳以降もチャレンジ出来ると思いますが、肉体面など制限があると思います。

 

時間と自分のリソースを限られています。

何に時間と自分のリソースを注ぎこむか、、、

 

最近そんな、カフェで考え事。。。状態です。

 

「人生は”恐らく”一度きり」

 

年取ってからあの時、こうしておけばよかったとか悔いを残したくないのです。

 

ただ何となく過ごして、何となく60歳なるなんて嫌なんです。

 

だからこの最後の1年で3つの軸ごと先20年のすべき方向性を

自分自身で決めようと思います。

 

①仕事(私の場合、会社経営含む)

 

②家族

 

③自分

 

優先度は、利害関係者(ステークホルダー)の多い順で
①→②→③です。

 

①仕事(私の場合、会社経営)については

 

ピンチとチャンスを同時に感じていて、今後ロボット、AI、IoT、ビックデータ、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーの普及で、所謂、第四次産業革命(インダストリー4.0)がおこり
特に深刻な人材不足問題を抱える日本には普及に追い風となり、様々な業界の在り方が変化し、新興企業の台頭と規模に関係のない淘汰が生じる時代になると、想像しています。こんな時代の中で、会社として個人として如何に創造性のある仕事や事業に取り組めるかが、カギになると考えています。
この点も不安とワクワク感の入り混じった最近の不眠症の原因の大きな一つです。

 

②家族

 

健康面が気になります。人口ボリュームの多い団塊の世代が70歳を迎えようとしています。
比例して癌など重篤な病気になる確率も上がり、統計理論上でも過去最多の患者数になると思います。
優秀な医師は足りているのか?実際のデータは確認していませんが、どう考えても足りているように思えません。幸い現代は医療技術の発達で早期発見できれば完治は出来ずとも治せる時代と聞きます。
それなら早期発見して治せばいいと思うのです。
自分の家族には、健康寿命が長く過ごしてもらいたい。同時に当社の私と同年代の社員皆さんも同じ立場という事です。家族が介護、看護状態になることをなるべく避けて仕事も人生も健康に楽しむ環境が今後重要になると思います。
この点は、悩みというより、すでに会社として医療のコネを投資して手当しましたので今後やるべきことをやって行くまでです。個人的には来年から前厄なのでビクビクしてます(汗;)

 

③自分

 

まず①と②を背負っているので、背負いながらに制限されます(涙;;)

いや、逆に背負われていると言った方が正しいかもしれません。

 

また今年4月で、経営者としても丸10年(29~39歳)になる節目の年です。

 

10年を振り返ると

最初の2.5年間、暗黒の時代でした、経営ができる状態でないのに継いでしまった。
多くの失敗をし、多くの人に迷惑をかけてしまった、しかしこの経験で
守りから攻めの経営、現状維持はマイナスという事に気付けた事で大きなターニングポイントを得ました。

 

約6年前の私。

次の2.5年、沢山の人と出会い最高に楽しい時間でした。
同年代の若手ベンチャー系経営者友達から沢山の刺激をもらい、実ビジネスでも
取引が始まり、自分で事業を企画して経営ができ始め手ごたえ感じられる時期でした。
ただ、楽しいあまり勢い任せの誤った経営判断や、自分の我がままや浅はかな判断(短気や衝動的な判断)で
迷惑をかけてしまう事もしばしば、反省と後悔の念、、、

 

そして、直近の5年間、前記の反省から、人としての在り方、経営者としての在り方を
見つめ直し、経営塾で学んだことを実践してきた5年間でした。
・ベトナムの現地法人設立、逆に不採算拠点の撤退
・経営塾での学びと実行
・会社の在り方の再構築、ブランデイング
・得意分野に絞った新規サービス開発
などを行い、1経営者としても会社自体も成長できた充実した5年間でした。

 

ただ前の2.5年の"楽しい"という部分は少なく、自分自身は哀愁と一抹の寂しさの中、
経営者としての"修行"の旅に出た感じです。。。

 

そして、ふっと顔を上げてみたら、あっという間に5年も過ぎ、39歳になり、、、みたいな感じです。

 

苦しみあり、楽しさあり、反省あり、学びありの成長を体感できる充実の10年だと思います。


でも、
過去を振り返り、おめおめと、あの時こうしておけば、ああしておけばなどと考えながら

(タラレバ男)

 

それだけに、
この先の10年、20年の自分の生き様に悩みます。

 

自分にとって何が、ワクワクするのか!?

 

①仕事(私の場合、会社経営)
②家族
③自分

 

まあある意味贅沢な悩みかもしれませんが、今のままでは前に進めない。

 

この3軸絡めて1年間、自問自答を続けて答えを出して

”次へ進める自分”を創りたいと思います!!!

 

とりあえず、③にはダイエットとゴルフ70台(現ベスト81)、英会話はマストで入れて行こうと思います!

 

折角、地球に住んでいるので世界各国を旅してみたい!

 

その第一発目はシリコンバレー!!!

 

最後に、

孔子の「論語」の中にある言葉です。

『子の曰く、吾れ
十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順がう。
七十にして心の欲する所に従って、
矩を踰えず。』 (為政編)

わたしは十五歳で学問に志し、
三十になって独立した立場を持ち、
四十になってあれこれと迷わず、
五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、
六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、
七十になると思うままにふるまって、
それで道をはずれないようになった。

 

との事です。

 

私、四十をまえにして惑いまくりです(笑)ほんと未熟者です、、、

 

まあ、節目の年なんでたまには、将来像についてとことん考える機会もいいと思ってます。

 

取り止めもない長文、お読みいただきありがとうございます!!!

 

PS.

奇しくも父が、当社ANSを起業したのも40歳です。

 

私と同じく、決意の起業だったのでしょうか!?聞いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月13日 16時58分56秒

書籍に掲載されました。

テーマ:ブログ
日経BP社さんの書籍に当社が掲載されました!(約2年前で今更ですが。)

飛躍するベンチャー7社に学べ!

 なぜ新事業が起こせるのか?

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/238020.html

そんなに飛躍もしてなければ、私二代目なのでベンチャー!?という感もありますが
事業内容や取り組みをご評価頂き、7社の紹介の1社に取り上げて頂きました。

システム構築への想い
ベトナム展開への想い
私の経営への向きあい方
ANS社の「在り方」

など、語らせて頂いております。

ご興味あれば購読頂けますと、光栄です。

一応、買う事も可能です。。。
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%8C%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F-%E9%A3%9B%E8%BA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%EF%BC%97%E7%A4%BE%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B9%EF%BC%81-%E6%A3%AE%E9%83%A8%E5%A5%BD%E6%A8%B9/dp/4822279502
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。