1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-06

謹賀新年2015年

テーマ:ANSとして
新年あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しく御願い致します。

年賀状はこちら。


昨年は設立25周年を迎えることができました。

また、会社の在り方を明確にブランデイングする為に、ブランドメッセージ、企業理念、ロゴなどを

刷新し、心機一転。私自身も経営者としてホンモノになるべく人として経営者としての在り方を

見つめなおし改善にいそしんだ一年でした。

今年も凡時徹底、愚直に謙虚に、身の丈に応じた経営を行い

100年継栄を目指します!

人は弱く、小さな欲に惑わされて、私自身はもちろんのこと過去偉人も通常では犯さないミス

をしてしまうものだと思います。

その欲に打ち勝つ為にも"判断の軸"となる「目標」を掲げ、損得抜きの正しい、正道を歩む判断をし

昨年よりも今年ということで、後退なしで成長したいとおもいます!!!

会社も、社員一同、自社のビジネスを通じて社会に貢献すべく、当社の場合、

「基幹系業務システムの導入効果・メリットでお客様を元気にする」をモットーに

経営品質を高め、現場力を鍛え少しでも多く貢献出来るように精進します!!!

どうぞ今年もご指導ご鞭撻のほど宜しく御願い申し上げます。

株式会社エイ・エヌ・エス
代表取締役 赤澤 博史
AD
いいね!(31)  |  リブログ(0)
2014-12-22

寄付しました。

テーマ:ANSとして

前期25期決算から、最終利益の1%を日本赤十字社に寄付することにし、

今回は、¥101,356-

寄付できました。



少ない金額ですが、身の丈に合わせ継続することで

大きな額となり、その分、地域・社会に貢献できる事を信じて。

自分だけ、自社だけ得するではなく、少しでも社会環境に感謝して

還元する精神を持って社会に貢献する法人としての姿勢を

正しながら会社運営して行きます!


AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)
2014-12-15

日本の財政

テーマ:個人的に
選挙もあり、日本の財政状況について調べて、考えてみました。

年間の歳入(税収など)は、約47兆円

年間の歳出は約100兆円

不足分は、国債を毎年発行し、"日本の"金融機関が購入し補てんする

毎年、日本国は50兆円の借金を増やしながら運営されています。

そして、現在の借金は約1280兆円まで膨れあがっています。


わかりやすく言えば、300万円の年収で600万円の暮らしをし

足りない300万円は、自分の子供と孫を保証人にしてサラ金からお金を借りている。

という状況と同じになります。


ある意味破綻状態の日本の財政ですが、ギリシャのように国債の保有者が外国でなく

日本の金融機関が殆どな為、いつか政府がなんとかしてくれるだろうという感じで

現在まで抜本的な解決策もなく現在に至っています。

消費税率を上げるのもいいですが、この様な状況下で効果あるのでしょうか?

この後生に積み上げた借金どうするのでしょうか?


極度なインフレ、ハイパーインフレにして借金を帳消しするという方法を狙っているという

話し(狙わなくても、財政破綻=インフレ)も耳にします。

そうしたら国の借金はなくなり、国民の円預金は紙切れ同然、会社は倒産、国民は生活どころか

生命維持が困難な状況になるのではないでしょうか?

スーパー円安、資源がない日本、輸入が出来ない。

最近ですと、アルゼンチン状態。ラーメン一杯、700万円!など。

現に日本銀行は金融緩和を推し進め、GDPが低下しながらも株価上昇という不自然な状況

大手企業の内部留保(=貯金)は、ドルがメイン、決算書でも円表記でが円換算して掲載


一部の人は既にその状況の未来を予見して準備をしている状況


政府の本音はどうなのでしょうか?


これが次世代の日本の未来だと思うとゾッとします。


企業が倒産するというリスクが全くなし、公務員の難関の支出は約27兆円、、、

公務員が年間で定年退職は1万人、そして新たな人員補充も1万人、、、

だから歳出は減らない。

人口は減少の一途を辿り、2050年に9000万人代、、、、高齢化率45%、、、、

企業数も現在で540万社あったのが、約380万社、、、

だから歳入は、減る一方

これで解決に向かうのでしょうか。非常にハイパーインフレの懸念を感じます。

実際に戦後、日本は大借金を抱えハイパーインフレにして、国ごと一回リセットして今がありますので
同じ事をする可能性は十分にあります。

旧国鉄が、民営化してJRとなり、サービス向上、利益向上した事例があるように

国の運営の一部を民営化し、国の歳出を民間還元させて、競争社会の中で

サービス、利益改善を進めるできではないでしょうか

会社経営を預かる身として、一人の人の親として、日本の財政状況は深刻な状況にあると思います。

多くの人が、この状況を理解して、より良い未来の為に判断、行動すべきではないかと感じます。


今儲かればいい!!!、金融型資本主義のなれの果てにどうかならないように。。。。祈る限りです。


AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2014-12-04

生き残る種

テーマ:ANSとして
会社が今後も長く存続する為にはどうすればよいのだろうか?

と考えてみました。

強い会社、売上の多い会社、大規模な会社、資金力のある会社

が果たして長く存続する意味で有利なのでしょうか?


地球の生命の歴史を振り返ってみると、大きく強い恐竜は

天候変化などに対応できずに絶滅

逆に、小さい小動物や昆虫など到底恐竜より弱い種でも

環境変化に対応できた種であれば今日まで進化を繰り返し

種として残っていると思います。

ある意味、強いから対応出来ない、必要性を感じれない

弱いから常に考える、努力するから変化を感じ対応するのかもしれません。


ですから、会社法人も環境変化への対応能力があれば

たとえ小規模でも環境に対応した進化を繰り返して行けば

存続できるのではないかと思います。

ビジネスにおいても、顧客は「慣れる」「飽きる」という今より良い物を追求する

人間の進化に必要なDNAがある限り、

社会ニーズの変化に対応した”次の一手”を考えて環境変化とともに

進化していく会社である必要を感じました。


強い点は、変化への対応という観点では弱点とも言えるので

強さへの慢心は命取りになりかねないので、逆に注視すべきだとも思います。


しかし、とかく人は変化を嫌がり、知らない物事を拒み、年齢を重ねるとそれが更に悪化してしまいます。

それでは社会の変化に飲み込まれてしまうので、

当社も小規模な会社ですが、変化を恐れず、進化のチャンスと捉えて

長く存続できる会社を目指します!!!


いいね!(2)  |  リブログ(0)
2014-12-01

設立25周年を迎えて

テーマ:ANSとして

おかげさまで、本日2014年12月1日で当社設立25周年を迎えることが出来ました。





ひとえに社員、その家族、お客様、お取引様のご支援ご協力のおかげだと思い感謝しています。

最近は、会社の存在意義は何なのか、自分は何のため、何を目指して企業経営をしているのか
自問自答することがあります。

経済性重視の儲け場であるならば、売上を稼ぐ為の社員、商品、売上さえあがればなんでもよし、
当然そうではないと思います。

自社のビジネス領域を通じて社会に貢献する為を目的とした会社であること
そしてそこで働く社員個人も社会に役立ち、成長し家族含め明るい未来づくりに寄与する
こと、その基盤が会社だと思います。

ですから、基盤として継続すること、社員、ステークホルダに対し、未来を見せ
目標を掲げ、目指す姿をイメージして会社と共に成長し、社会に認められる存在になる。

しかし、人は等しく歳をとり老います。

会社の在り方、不変的な考え方を、ど真ん中に一本軸を通し
社内に良き教育サイクルを根付かせ衰えない会社として毎期ノウハウを蓄積し成長し
衰えるどころか継続・成長できる会社を目指したいと思います。
(当社の企業理念などとりまとめて社内に掲示しました。)



当社は、100年継栄を目指していますが、私の死後も存続する会社を目指して
日々経営者としての成長に貪欲に引き続き頑張りたいと思います!

会社や組織を継続させる為に残すべきものは、お金やモノではなく、
どんな時代でも通用する、不変的な考え方、ルール(やる事、やらない事を決めるなど)ではないでしょうか
物事への取組む姿勢や考え方さえ正しく備わっていればどんな時代でも活躍できると思います。


私は、経営を引き受けて早7.5年経過しました。経営者としてまだまだ未熟ですが、成長意欲
旺盛にがんばりますので、どうぞ今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しく御願い致します。

PS.
全然関係ありませんが、クリスマスツリーをエントランスに飾りました。気分転換です。



いいね!(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。