藤本たからちゃん ライブ情報♪

テーマ:
「山陰アーティスト界の絶対的至宝」、「トレジャープリンセス」藤本たからちゃんの最新ライブ情報がたからちゃんのブログにアップされたので、私のブログにもアップします。




次回のたからちゃんのライブは今週土曜日の米子 カルフォルニアキッチンでのライブになります。

(カルフォルニアキッチンはたからちゃんが所属する音楽プロダクション SMR事務所のひとつ後ろの通り沿いにある昨年新しくオープンしたカフェで、昨年春にはたからちゃん、SMR所属の現役小児科医、「現代に蘇るジキルとハイド」田本直弘さんのバースデーライブ、先月上旬には「山陰ティーンエージャーのカリスマ」、「浦富海岸から吹く神風」AKARINのデビューライブが開催されているライブ会場です。

ちなみに私自身はこれまで全てのカルフォルニアキッチンでのライブにライブ参戦を果たしております。)




次回のライブはたからちゃん、あかりん、そしてSMR所属の畑本鮎美ちゃんのSMR所属の女性アーティスト3組が出演するという「大人女子力ライブ」です。




たからちゃんのライブ情報。
↓  ↓  ↓
http://s.ameblo.jp/fujimototakara/entry-12239976752.html












昨年8月、米子天満屋ライブでのたからちゃん♪
AD

藤本たからのMusic Emotion♪

テーマ:
この前の土曜日の深夜は「山陰アーティスト界の絶対的至宝」、「トレジャープリンセス」藤本たからちゃんがメインパーソナリティをつとめるラジオ番組を聴きました。




この日は午前中のみ仕事で、昼からは日頃からの仕事の疲労の休養に充てた1日でした。

(先週末は私は土日出勤であり、先週から今週にかけて連勤が続いております。)




この日の放送もメインパーソナリティのたからちゃんとSMR創始者、「山陰音楽界のスピルバーグ」南部さんのトーク形式で進みました。

(「創始者」というワードを使うと、プロレス団体 FMW創始者 大仁田厚氏、みちのくプロレス創始者 ザ・グレートサスケ氏の名前を連想してしまいます。

FMWの旗揚げ初期はそれまでのプロレス団体の試合では全く考えられなかった奇抜な試合方式や出場選手を器用し、当時「何が起きるか分からないおもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス団体」としてメディアで大きく話題となりましたが、当時のFMWと現在の音楽プロダクションSMRとは同じようなものを感じます。

SMR系ライブには「何が起きるか分からない独特のドキドキ感と複雑なからくり。」が秘められております。)




この日の放送は番組前半部分で「湖南市情報」のコーナーでカレーうどんの話、「行ってみたい47都道府県」のコーナーで京都 映画村の話がされていました。




番組後半には昨年秋にリリースされたたからちゃんの最新CDのタイトル曲「&」の音源が流されましたが、この曲はこれまでのライブで数回しか歌われていないサビの高音部分があり、難易度が高い楽曲であり、「この曲1曲聴けただけでライブ参戦したい甲斐があると思えるレベルである。」と思わせてくれます。

(実は今回のラジオ番組が放送された土曜日の昼間に私は「たからちゃんの「&」をラジオ番組で流して欲しい。」というメールを番組に送っており、早速そちらが実現した形になりました。)















昨年8月、八雲でのお祭りライブでのたからちゃん♪
AD









米子 インテリア館セレスでのライブイベント終了後はライブ後物販と並行して、同会場で新年会が開催され、私自身も参加しました。

(毎年同時期に開催されているインテリア館セレスでの新年ライブ後の新年会は3年連続で、私自身は全ての新年会に参加を果たしています。)




新年会はライブを開催したアーティスト、ダンサーの方々や、ライブ参戦したライブマスターの方々などを交えて、和やかな雰囲気の中で夜の8時から約1時間半程度行われました。

(同会場にはいろんな種類の料理が準備されていて、非常に豪華な仕様でした。

新年会では時間が限られている普段のライブ後の物販に比べてかなり時間があったので、SMR所属アーティスト、ダンサーの方々といろいろと雑談をすることが出来ました。

特に昨年11月からSMRに所属したAKARINとは私はこれまであまり話したことが無かったので、今回の新年会でいろいろと雑談することが出来たのは非常に貴重でした。

あかりんは年齢がたからちゃんの2つ下の現在21歳だそうです。

今回の新年会にSMR代表、「山陰音楽界のスピルバーグ」南部さんが不参加であったのが非常に残念でした。)




今年のSMR系アーティストのライブの展開についてが非常に楽しみです。

(私にとって「ライブ参戦は生き甲斐である。」と改めて感じた1日でした。)












SMR新年会でのAKARINのネイル♪

(あかりんのネイルはピカピカと輝き、時計はクルクル回っていました。

なお、あかりんはこちらのネイルを仕上げるのに2時間かかったそうです。)
AD