この前の日曜日は山陰アーティスト界の絶対的至宝、トレジャープリンセス 藤本たからちゃんの倉吉 食のみやこフェスティバルでのライブにライブ参戦しました。

 


たからちゃんのライブへのライブ参戦は前日の岡山県児島でのライブに引き続いて連日になりました。




この日は前日の岡山県への遠征ライブ参戦の疲れが若干ありましたが、朝イチからウォーキングと録画してあったテレビ番組を観てから朝9時位には家を出ました。

(前日の児島での夜の部のライブイベントにライブ参戦していたら帰りが真夜中になっていたのでおそらくこの日の倉吉でのライブには極度の疲れの為にライブ参戦することが出来なかったと思います。

逆にこの日の倉吉でのライブが仮に無ければ、前日の児島ライブを昼夜共にライブ参戦していたかもしれません。

いずれにしても「無理をしない。」は私自身のライブ参戦の信念のひとつです。)




安来から倉吉までの道のりは現在は高速道路が整っている為に約1時間位で到着することが出来ます。

(倉吉や鳥取市へのライブ参戦を「遠征ライブ参戦」と呼んでいた頃が懐かしいです。

以前は安来から倉吉までの道のりが車で2時間位かかっていた時代があったので。

米子西インターから鳥取市方面は現在のところ高速料金が無料なので倉吉方面行きは非常にお得感がありました。)  




今回のライブ会場である倉吉市はたからちゃんの地元である鳥取県中部にある町ですが、私が鳥取県中部のライブ会場へのライブを重ねることで、鳥取県中部の町並みや鳥取県中部独特の言葉のイントネーションや訛り(「倉吉弁」という表現があるかどうかは分かりませんが。)がじわりじわりと好きになってきました。

(ちなみにSMR関係の鳥取県中部の出身者はエースのたからちゃん、「鳥取県中部が誇る孤高の天才ギタリスト」コージさん、そして7月24日の米子ラフズのライブイベントで1日限りの復活を遂げるかなみなみのお二人などです。

この日も前日の岡山ライブに引き続いてお会いしたかったライブ会場が地元である「ご当地ライブマスター」の方々にお会いして、いろいろとお話しをすることが出来たので楽しかったです。)

   
 









今回のライブイベントである食のみやこフェスティバルは倉吉未来中心の近くの広い空き地で開催された食の関係のイベントで、この日は天気も良くイベント日和だったと思います。

(なお、たからちゃんが同イベントにライブ出演されるのは今回のライブが3回目になります。

ちなみに前日は同イベントにお笑い芸人 品川庄司の庄司さんがステージ出演されています。

今回のような「お昼の野外イベントライブ」というシチュエーションのライブは久しぶりのライブ参戦になりました。)

 


イベント会場周辺には食べ物関係のブースがたくさん出店されており、私はかなりいろいろと吟味してから昼食を食べました。

(今回のライブ参戦は前日の教訓を活かしてかなり早めの時間にライブ会場に到着していたので。

今回のイベントは以前にライブ参戦したことがありましたので、駐車場が非常に混み合う事を知っていました。)




たからちゃんのライブは予定通り13時25分にスタートしました。

   
   









たからちゃんのライブの前には鳥取県中部が誇る戦隊ヒーロー「イナバスター」のステージがありました。




イナバスターのステージの時間は小学生以下位の小さい子供で客席は満席状態でしたが、かつての広島のショッピングモールでのたからちゃんのライブの後にアンパンマンショーがあった為に小さい子供と親に挟まれてサンドイッチ状態になった恐怖が蘇りました。
AD









今回のライブ会場は4月のライブイベントと同様に児島市民交流センター地下の視聴覚室で、広すぎず狭すぎずの適度なキャパのライブ会場だったと思います。

(なお、今回のライブの音響はSMRの野津さんが担当されていました。)




今回のライブでたからちゃんは昨年12月の滋賀県湖南市でのサードソロコンサートで発売して即完売したCD「over」のジャケット写真と同じ深紅のワンピースの衣装で、ライブスタイルはオケにSMR代表、「山陰音楽界の巨匠」南部さんと「鳥取県中部が誇る孤高の天才ギタリスト」コージさんのダブルエレキをサポートに入れた、たからちゃんのライブスタイルの中で最もスタンダードな「王道スタイル」でした。

(「王道スタイル」は主のメロディラインはオケを使い、サビ前からサビにかけてのみにエレキの演奏を入れるという独特なもので、私は思わず私自身がライブ参戦を始めた頃のその昔の「中海夕暮れコンサート」をふと思い出しました。

今回のライブについても南部さん、コージさんのエレキ裁きは非常にカッコ良かったです。

とにかくエレキギターの重厚なサウンドがズシンズシンと響いておりました。

なお、コージさんはライブで比較的使う割合が高い焦げ茶色のエレキを演奏されていました。

今後、「王道スタイル」でのライブは非常に貴重な存在になると思います。)




今回のライブはライブ中に写真撮影が禁止でして、ライブ自体にかなり集中することが出来ました。

(ライブ中に写真撮影が出来るライブは良いのですが、写真撮影、セトリのメモなどライブ中非常に忙しいです。)




セットリスト♪
①brightness
②wish
③cross road
④my precious
⑤rising wave
⑥voice
⑦exceed
⑧over




今回のライブは事前のたからちゃんのブログでの告知の通り、約1時間に合計8曲という多くの楽曲が歌われ、セトリはたからちゃん自身が考えたもののようです。




8曲のセトリを観て、いろいろな分析が出来ると思いますが、私自身としてはセトリ中盤の「my precious」、「rising wave」辺りのアップテンポ系の楽曲でライブを温めて、バラード曲「over」でバシッ!とライブを締めたという印象を受けます。

(「my precious」はたからちゃんの楽曲の中で私自身が3本の指に入るほど好きな非常にレベルの高い楽曲で、ライブの最後に歌われた「over」はサビの部分の伸びやかなたからちゃんの歌声が印象的でした。)




約1時間に渡るロングランの「王道スタイル」でのライブはとにかくクオリティが高く、個人的にはここ最近のライブでは最も素晴らしい内容であったと感じました。

(岡山県への往復400キロの遠征を1ミリも後悔させない完璧な内容のライブでした。)




メンバー紹介の場面ではたからちゃんにコメントを求められたコージさんと南部さんが今回のライブイベントに出演されたアーティスト「大野瞬さんになりたい。」と全く同じ事を繰り返し話すという往年のドリフのコントばりのお決まりの流れがありました。




たからちゃんのオリジナルタオルをステージ上からたからちゃんがファンにプレゼントする場合ではたからちゃんがシュートしたタオルを客席の私がキャッチして、即座にステージ上のたからちゃんに投げ返しレシーブするという今まででは考えられないまさかの流れがありました。

(こちらに関しては常連ライブマスターである私がたからちゃんのオリジナルタオルを受け取るよりも他の観客の方に受け取って貰いたいという想いからでした。

かつてのライブでシュートされたオリジナルタオルを受け取ったことがきっかけでたからちゃんのファンになるという奇跡的な出来事もあったので。)




私は3列目センターから叫びを中心にたからちゃんを応援しました。

(今回のライブ会場は最前列がステージ上のアーティストから50センチ位しか距離がなかったので、むしろライブがより観易い3列目を選びました。

私は1年ほど前に○を痛めてしまってからライブでの叫びが以前の3分の1位のパワーでないと出来なくなりました。

私自身が単純に歳を取ったという関係もありますが。)




次回のたからちゃんのライブは今週末の愛知県、滋賀県での県外ライブです。












ライブ後物販でのたからちゃん♪

(今回、素晴らしいクオリティのライブをみせてくれたたからちゃんは問答無用の山陰が誇る「神アーティスト」です。)
AD









昨日は岡山県児島 児島市民交流センターでありました山陰アーティスト界の絶対的至宝、トレジャープリンセス 藤本たからちゃんのライブにライブ参戦しました。




たからちゃんのライブへのライブ参戦は今週中頃の米子 インテリア館セレスでのライブに引き続き連続でのライブ参戦になりました。




昨日は1日仕事が休みで、朝からここ最近忙しくてなかなか出来ていなかったウォーキングをして、録画していた探偵ナイトスクープを観てから出掛けました。

(今週は仕事などで連日帰りが遅い日が多く、かなりの疲れがありました。

ちなみに探偵ナイトスクープは私が毎週楽しみにしている番組でして、今回の放送のネタは私的にはかなりツボでした。

依頼者がダウンタウンの松ちゃんの回でしたね。)




岡山県児島までの道のりは意外と遠く、雨の降る運転がしにくい状況の中で今回の遠征についても愛車である軽自動車のコスパを最大限に活用しました。

(特に土日のETCを使った高速道路の走行はかなりのお得感があります。)




児島にはお昼の11時過ぎに着きました。

(今回はあまり時間が無く昼食も適当に済ませました。

あまり時間に余裕が無く結構ハラハラしました。

やはり、私のライブ参戦の信念は「ライブ開始3時間前には余裕を持ってライブ会場に到着する。」です。)












今回のライブ会場である児島市民交流センターは今年の4月にもSMR系のライブイベントが開催された近代的な作りの綺麗な施設です。

(ちなみに4月にライブ参戦した日は児島はお祭りをやっていました。

時間や土地勘が全く無かったので児島の散策は出来ませんでした。)




今回のライブイベントでは久しぶりにお会いした「ご当地ライブマスター」がおられてお話しをすることが出来ましたが個人的に岡山弁がやたらと懐かしく聞こえました。

(私は岡山県のとある大学を卒業しており、岡山県では4年間生活しています。)




今回のライブイベントは昼夜の2部構成で、昼の部はお昼の12時半にスタートしてたからちゃんは出演4組のうち3組目の出演で、13時50分からのライブでした。

(私自身は今回のライブイベントでは昼の部のみのライブ参戦でした。

これは翌日もライブ参戦を予定していることと、帰りの運転などを考慮していろいろと検討した結果の上で決めました。)


 






今回のライブイベントの4組目として出演した岡山県を拠点にアイドル活動をしているS-QTY:Rのお二人♪

(S-QTY:Rのライブ参戦については4月の同ライブ会場でのライブイベントに引き続いて2回目でしたが、今回のライブではゴリコリのアイドル的な楽曲もありましたが、カフォンとアコギを使ったアーティスト的な楽曲も披露しました。

写真左のCaiちゃんはこぼれ落ちそうなほど大きな瞳のキュートなルックスで、少しだけお話しをしましたが、非常に話しやすい感じの方でした。

Caiちゃんはたからちゃんのライブを聴いて「非常に勉強になる。」と話されていました。」)
AD