厚生労働省は31日、新型インフルエンザの流行について「現時点では沈静化している」として、第一波が事実上、終息したとの見解を示した。

 同省が同日開いた専門家会議で、長妻厚生労働相の談話として発表した。会議では今後、ワクチンや水際対策など6項目の政策について検証。再流行などに備え、結果を6月中にまとめる。

 ワクチンは、スイス・ノバルティス社から輸入した234万回分(30億円)が同日、出荷しないまま使用期限を迎えた。同省は廃棄方針を示している。

<将棋大賞>最優秀棋士賞 羽生名人が3年連続で受賞(毎日新聞)
<米核新戦略>鳩山首相が歓迎「まさに第一歩」(毎日新聞)
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<蘭越母子殺傷>被告が控訴 無期懲役判決に不服(毎日新聞)
<水害>荒川決壊で121万世帯停電 中央防災会議が報告書(毎日新聞)
AD