雑食ロビングマンの卓球日記(休止中)

用具をコロコロ変える卓球愛好家のブログ。
Twitter→@tt_another


テーマ:
かなりお久しぶりです。
卓球は普通に続けておりますww

前回更新の時は用具はデュラングルに両面ラクザXでしたがそこからの用具変遷を軽く記しておきます。

R デュラングル ST
F ラクザX MAX
B ラクザX MAX
R 馬林エキストラスペシャル ST
F ラクザX MAX
B ラクザX 2.0
R 馬林エキストラスペシャル ST
F オメガVヨーロ 2.0
B ラクザX 2.0
R レグー ST
F V>15 MAX
B ラクザX 2.0
R 馬林エキストラオフェンシブ
F ラクザX soft MAX
B ラクザX 2.0
{44BB41E0-375E-4D79-9B6C-626D78FE5FA2:01}

{92D39FFF-358F-4B5B-AD72-43F9A356D171:01}



こんな感じでした。

バックのラクザXは現時点でプラボールに対して最強のチキータマシーンだと思います。安定感と安心感があり過ぎてずっと固定でした。
セルロイド時代のオメガ4アジアばりの高い性能です。

一方フォアはずっと悩んで試行錯誤を繰り返しておりました。
ラクザXはフォアでも素晴らしいことは素晴らしいのですがもっと弾みが欲しい。けどなかなか良いラバーが見つからない。そんな感じでした。

卓球王国ブラインドテストで立て続けに高評価を得たオメガ5ヨーロも使ってみました。
当初バックで使う予定でしたがバックだと軟らかさ故に薄く擦るチキータが入らないことからフォアに配置転換。それで2.0だったんです。

2.0で45度スポンジなんですがパワーロスを感じない流石の高性能でした。優等生のバランスタイプって感じです。

そしてV>15が周りで高評価なので購入してみました。が、馬林エキストラスペシャルに貼ると弾みすぎ重すぎと言うことで押入れの奥から引っ張り出したレグーにラケットを変えてみました。
これもなかなか良かったです。やはりVシリーズは5枚合板に合わせるととても良い。V>01をアベンジャー5に貼った時もかなり好感触でした。

で、私のレグーなんですが表面が板剥がれを起こしてるので5枚合板で何か別のラケットにしよう、というところで2年前、1年以上使っていた安心と信頼のラケット、馬林エキストラオフェンシブにしたのでした。前回のは後輩にあげた(結局その後折れた)ので新たに購入。前回の84gよりも重い87gです。

現在の組み合わせはフォアにsoftのMAX、バックに普通のラクザXの2.0という歪な組み合わせですが試行錯誤の末にこうなったのです。

とある社会人チームの練習に混ぜて貰った際にX softを使ってる方がいらっしゃいまして使わせて貰ったところ非常に素晴らしい。フォアでもパワーロス無くボールが打てる。エクリプスソフトにグルーを塗ったような感触でボールの伸びはセルロイド時代のラクザ9のよう。
打球音も爽快でラクザXよりもあらゆる面でフォアで使いやすかったです。それで私もラクザX softをフォア用に購入。

フォアのラバーが軟らかいお陰でバックの打球感も少しだけ軟らかくなりましてチキータの時は硬い打球感、強打をブロックしたり自分から掛けていく時は少しだけ軟らかい打球感という理想的な感じになりました。

バックが硬いのでフォアの打球感も少し硬い感じになって打球点を落としてもしっかりループが台に収まります。これはかつての軟らかいラバーでは難しかったことですね。

あとは最近V>15リンバーも借りて打たせて頂きましたがこれもフォアでの使用に十分耐えうる高性能でした。
少し前はスポンジが軟らかいラバーはバック用って認識がメインでしたがラバーの高性能化、プラスチックボールへの変更など様々な条件が重なってそれも変わってきたのかなーと思います。

事実以前はトップ選手のラバーはフォアテナジー05、バックテナジー64ってのが主流でしたが近年はフォアもバックもテナジー05、もしくはバックを少し硬くしてテナジー80を使う選手が増えてきました。

フォア軟、バック硬の組み合わせ。中級者クラスが小技から大技までこなすのに非常にやりやすい組み合わせなので是非試してみてください。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
AD
いいね!(7)  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたお久しぶりです。
しばらく大会はエントリーしてませんでしたが来月やっとオープン大会に出ます。
一般の部の硬球はプラボールです。とうとう来たか、って感じですね。

そんなこんなでテナジーをやめて様々なドイツラバーを試打してきましたが現在はラクザXが一番良い感じに打ててます。ラケットはデュラングルです。

このラバー、テナジーで言えば80に近い感じで硬すぎず軟らか過ぎず。バックで使っても安定しますしフォアで使ってもパワーロスが無いのでフォアバック問わず使えます。

バックにもMAXを貼ってますがチキータとブロックが良い感じに出来てこれまでのドイツラバーには無い良さがありました。
これまでのドイツラバーだとバックにMAXを貼っても私の力不足でチキータもブロックもモッサリした球しか出なかったので2.0を貼ってた訳ですがラクザXならMAXでも問題無く打てます。

個人的な持論ですがドイツラバーはだいたい同じ工場で作ってるらしいのでドイツラバー同士でチョイスに迷ったら「発売日が遅い方のラバー」を買うようにしますね。その方がよりグリップの良いラバーに巡り会える確率が高くなると思います。

ドニックやアンドロ、XIOMなんかは良いドイツラバーが出来ると前作から間髪いれず出したりしてますからね。

あとはサブにミズノのGF T48を貼っててこちらも非常に素晴らしいラバーです。打球感はラクザXよりも硬いので硬めのラバーが好きならこっちもオススメです。
私はフォアでも軟らかめのラバーが好みなのでサブも後々はラクザXにしようと思います。

簡単にまとめると(打ったことある中で)

テナジー05難民はミズノGF T48

テナジー64難民はオメガVアジア(フォア推奨)かオメガVプロ(バック推奨)

テナジー80難民はラクザX

でとりあえず試してみるのが良さそうです。
もちろんテナジーの打球感はテナジーにしか出せないのでもう私は割り切ってドイツラバーの強みで戦う方に切り替えてますww

そういえばラクザXの欠点ですがプラボールに対しては完璧なんですがセルで打つとボールを掴みすぎて逆にミスが増えてしまいます…早く品質の良いプラの練習球が普及してくれと祈るばかりです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
AD
いいね!(97)  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。
ブログは更新してませんが卓球は普通に続けております。

さてこの度、円安の影響にかこつけた便乗値上げ(爆笑)によりテナジーがオープンプライスとなるそうです。
その価格を聞いて以前「もうテナジーで固定します」と言ってた私はあっさり前言撤回をするハメになりました。

そして同じタイミングで全日本選手権で神巧也選手がラクザを引っさげて準優勝の快進撃を見せ付けました。 

そんな感じで今ラクザに追い風が吹いてるような気がするので私もラクザXに変えてみようと思いました。で、ラケットとラバーのメーカーは揃えたいのでラケットはデュラングルを予定しています。

一昨年の1年間ずっとお世話になったラクザへの復帰ですね。

ちなみに今はカットマンをメインに練習しておりまして用具が朱世赫とテナジー64とフェイントロング2超ゴクウスです。

なぜロング3ではなくロング2かと言いますと私なりのプラボール対策です。
プラボールでのカットはそれ自体軌道が安定してるのでラバーで安定感を求めると変化が足りないような気がしたんですね。
それでロング2にしたという訳です。これはまだ試行錯誤ですね。

攻撃用ラケットでプラボール対策になってるキラーラケットはまだ出てないですが色々机上の空論ですが考えてみました。

様々なメーカーのプラボール対策ラケットやネット上で囁かれている通説、トップ選手の入賞履歴などから色々考察してみました。

・ニッタクホルツシーベンやアンドロリグナの板厚は平均6.3~6.5mm辺り。

・インナーよりアウター。

・意外にも桐材が良い?

・アリレートカーボン等、混織繊維系?

これらの共通項を満たすラケットが幾つかあります。それは

・ビスカリアライト(バタフライ)
・レイガンド(バタフライ)
・フェミニスト(ニッタク)

などです。

と言っても実際打ってみないとプラボールとの相性はわかりませんからね…
平野早矢香選手や神選手はプラに向けて7枚合板に変更しましたしやはり人それぞれと言った所です。
AD
いいね!(26)  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。