先日3/10に発売されたばかりの新刊、

これは私が読んで理解できるかしら!?

と少々不安な面持ちで臨みましたが、

これがなかなか。

 

 

なるほど、と思わせる内容が随所にきらり。

多少とっつきにくさはありますが、

高校、大学と進学されるお子さんをお持ちの方に、

参考になる場面が多数ありそうです。

 

 

あ、もちろん小・中学のお子さんをお持ちの方にも。

 

答えのない世界

グローバルリーダーになるための未来への選択

大前研一通信

ビジネス・ブレイクスルー出版

1,404円(税込)

 

 

おぉっ、いかつそうなおじさんが出てきた...

と、表紙を眺めていましたら、

 

 

我が家の大きなお友達(夫)、

「あれ?珍しい本読んでるね」

 

 

あら、この方有名なの?

ちっとも存じ上げないんだけれども...。

 

 

と、まっさらな状態で読もうとしましたら、

 

 

はい、目次の時点で

本の選択間違った感満載。。。

そして、目が拒否するカタカナ言葉。

 

 

パッと見て、

ビジネスで通用するには

どういう人材を採用して育てるか、

的な内容かと思って、

とっつきにくさを感じたんですが

実はそうじゃない。

 

 

確かに、ビジネスで通用する人材とは

こんなんよ~って説明していて、

一見、育児中の主婦には関係なさそう!

って思ったんだけど、

 

 

たぶん私にとってのメインはここらへん。

 

 

子供って、いつまでも小さなままじゃなくて

そのうち学校卒業して社会に出るわけで、

 

 

社会に出た後、成功するには、

社会で通用するにはどうであればいいのか、

小さなころからの教育で変わってきますよ、

というお話。

 

 

私が学生の頃は、

「いい大学⇒いい会社⇒いい人生」

的考えが普通だった気がするんだけれども、

 

 

就職した時には、大学関係なくて

どっちかというと、

「自分の意見が言える、創造的でる」

ことが求められてて、さぁ困った、

私の一番苦手なところだわと悩んでおりました。

 

 

マニュアル通りには動けるのよね、

というかむしろ、かなり優秀に動く自信ある。

 

 

だけど、企業が求めてるのはそんな人材じゃない。

 

 

んでもって、今のこのご時世も

これから子供たちが活躍するであろう時代も

自分で動ける人材が重宝される、ことは

間違いなくって

 

 

でもさぁ、今の教育じゃぁ、今の子育てじゃぁ

そういう未来に対応できる人を育てるの、

なかなか難しいんじゃないの?

っていう問題提起と、

 

 

実際に大前さんが経験してこれがいい!

とオススメの提案が盛りだくさん。

 

 

きっとね、夫曰く、

大前さんファンには、かなり有名な内容ばかり

記載されてると思うよ、とのことですが、

全く大前本(!)が初めての私には

なかなか実のある内容。

 

 

まぁ。英語大事よ、欧米的学習法大事よ、

あたりは、他所でもよく聞く内容なので

ごめんなさい、軽くすっ飛ばしましたが、

 

 

この本が一番いいたいことって、つまり

こういうことなんだろうな、と思うわけです。

 

 

でも、今の日本の教育は、

「決められた正解」を暗記すること、

に集約されちゃってると思うんだけどね。

 

 

そこからいかに、ご家庭で、両親がけん引して

脱却を図るか!がまずは大事よねぇ。

 

 

ということで!

これ!これよこれ!!

こういう具体的提案が多数載ってるんだけど、

 

 

この、Beautiful Oops!を

日常に取り入れていきたい!!

 

 

失敗=もう立ち直れない、

ではなくて

失敗=でも大丈夫!次に生かそう!

という子育てをしてみようと思う!

 

 

私の頭の中はもちろん、

失敗=もう立ち直れない、

で凝り固まってるから

そこから私がまず脱却しなきゃいけないの、

結構難しいけどねー。

 

 

でも、可愛い子供のためだもの、

前例に倣うだけじゃなくて、

よりいい人間に育つサポートができるよう

親も頑張らねばね、うん、頑張るよ!

 

 

あぁ、でも一つだけ。

お願いだからもう少しカタカナ言葉を

簡単でわかりやすい日本語にしてほしい。

何でもかんでもカタカナだと、

むしろ全部英語で書いておくれと思っちゃうひねくれものです。

 

 

 

レビュープラスさんから本を提供いただいてレビューしています。

 

 

 

 

アイコンママブロネタ「生活いろいろ」からの投稿

AD