ever green

不器用ですが、必死で生きてます。


テーマ:


おじいちゃんの入れ歯をトイレの洗面台で洗っていたら

 

耳元かすぐ後ろで声がしました

 

ひとりごちるような

 

ため息交じりの口調でした

 

 

後ろは壁で

 

トイレにはもちろん誰もいませんでしたガーン

 

 

まぁ…、病院ですから…ガーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日は、ずっと昔からの、大切な友達に元気をもらいました。

 

本当にありがとう。。。

 

  

このごろは、毎日二回にわけて、病院に行っています。

たまにどっと疲れるときもある。

なんだか微熱が出たり、落ち込んだりすることもある。

 

でも自分たちが行くことで少しでも何か食べてくれれば、

マッサージをすることで少しでも痛みが和らいでくれればと、

そんなことばかり考えています。

 

どんなにたくさんの栄養を点滴で入れたとしても

 

たった一口でも口から物を入れて食べることのほうが

何倍も効果があるんだよ、って、ヘルパーの先生が言ってた。。。

 

 

 

でも、、お見舞いって複雑だね。

ほんとうに近しい人ならいいのだけど、

隠していても、うわさが広がるのは早いから。

 

義理でやって来て、想像していたよりも大変だった、って、

そういうショックを受けるくらいだったら、

来てくれないほうがましだとおもう。

 

少なからず、本人には伝わってしまうから。

目の前の人の動揺も、すべて感じ取ってしまうから。

 

  

護ってあげたいよ。

 

せめて心だけでも。。

 

おじいちゃん、そんなところに真実はないよ。

会いたくて、顔みたくて、とにかく元気になってほしくて

 

それだけが真実だよ。

 

あんな事、もう書かないでね。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

悲しみが溶けて雨になるのかな

 

冷たい雨

 

 

 

私たちの前に突きつけられた選択の答えは

だれもが本当はわかっていて

でもそれを口に出す勇気なんてなくて

 

 

涙としてあふれてくる

 

 

だって信じられないよ

 

不安で仕方ない

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

詳しくは…

 

書けないけれど…

 

明日叔母さんが来ます。

 

ぎりぎりになるまで、考えなくちゃいけないことから目をそむけるのは

家系なのかな。

うちの家族はいつも、突然の現実にぶちあたります。

本当はもっと予期しなくちゃいけないことを、考えることが恐いのか、

縁起でもないと思うのか、先延ばしにします。

そうして、整理できないまま進んで、進んで、

 

そして…、突然いろいろなことを決めなくてはならなくなります。

 

 

おばあちゃん、私たちはどうすればいい?

何度も心のなかで聞いた。

仏壇の前で泣きながらたずねた。

ときどき、家の中でおばあちゃんを感じるから。

でも、声は届かない。

 

夢でもいいよ。

どうしたらいいか教えて。

 

 

明日も、病院に行きます…。

 

私信

ひろちゃん、ちぃちゃん、山梨…やっぱり、残念だけど、今回は見送って

お家にいます。ごめんね、メールで書こうと思ったけれど、書けなかった。

日記でも、なんか書けなかった。ほんとになってしまいそうで、怖いのです。

 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は妹の引越しを手伝いに行ってました。

 

今日は祖父のお見舞いに行ってきました。

 

 

 

いつもは自分のことで頭いっぱいだけど

 

自分のことを考えるよりも、

人を想ったりするほうがつらかったり、強かったり、

するのだなぁと思いました。

 

自分のことより大切なひとがいることは

 

とても幸せなことで、

 

そしてとても切ないことだなと思いました。

 

 

こんな当たり前のことを

言葉としてじゃなくて

体験として学ぶには

 

ひたすら生きていくしかないんだなってことも。

 

 

私 まだまだ うっすいな。

 

最近そんな感じです。

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気を強く持たなければいけないと思った。

 

入院して三日なのにも関わらず

祖父の体は三つもの機械がとり着けられて

管でつながれた絶対安静の状態になっていた。

 

どうしてこのあいだまで一人でご飯を食べ、お風呂に入り、

着替えたり用を足したりできていたのに、

 

昨日だって買って行ったプリン、美味しそうに食べてくれたのに

 

こんなふうにされなきゃいけない?

  


出来ていたことだって出来なくなる。

残存能力に働きかける、とか、そんな悠長なことは言ってられないのだろうか。

 

病院はひとつの社会であり、無知な私たちはただそれに従うしかない。

  

だからっていくらなんでも絶対間違ってる、と思いながらも、

専門的なことはわからない悔しさや、ショックが隠しきれなくて

 

涙が止まんなくなった。

 

病室で泣くなんてほんと不謹慎だけど

トイレ行ったら余計止まんなくなるし

こぶし握り締めたり 爪立てたり 上向いたり必死でごまかした…

けど…。

 

 

四月から病院で働くと思うと、余計に敏感になる。

看護主任のあまりに心無い対応。

 

ホント言うとそれがショックで泣いた。

 

 

必要以上に脅す必要なんて無いじゃない。

 

もしものときの責任のがれ?

 

患者にはもちろん、最善のはからいをしてほしいけれど、

患者の家族の心だって大切にしてほしい。

かけがえのない存在を、信頼して預けているのだから。

 

たくさんの不安を抱えながら。

 

 

…病院で気持ちのいい思いってしたことないなぁ。

この気持ちって絶対忘れちゃいけない。

私はああいう援助者にはなりたくない。

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


64

 

三分の一も表に出てこない

 

この気持ち

 

 

文章でも絵でも

 

ひとたび空気に触れると

 

伝えられない

 

そもそも、どこから発信しているのかもわからない。

 

心という不確かなみなもと。

 

 

それにしても意地の悪い顔になってしまった

  


 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。