フォワードヘッド

テーマ:
おはようございます

気づくと 呼吸が浅くなっているか
止めてしまっているTAMAです…

良くない良くない!
最近は とにかく呼吸に意識を向けています


さて、昨日は 今野先生の解剖学講座を
受講してきました。

アーユルヴェーダサロンにて
セラピスト講習を受けている最中ですが
解剖学や生理学については 本で独学。
頭でわかっていても触るのが怖い部分が 
重た~い頭にくっつく  首 でした。

模型をたくさん手に取って触って
首の骨の構造を学べる講習だと知って参加。

{77284A8E-FC94-4119-9029-AA91FA20D851:01}

今野先生、終始にこやかに滑らかなトーク。
難しいお話のはず、なのに眠くなる暇なんてまるで無し。
参加者の皆さんも初めから和やかで、笑顔が絶えませんでした。


カバンから出てくる、出てくる
人体の骨見本の数々。


2時間の首の骨の解剖学だったのですが
出てくる骨は 腰椎、胸椎や腕まで。

筋肉や靭帯で繋がる部分が
非常にわかりやすい内容でした。
資料も 図画が多くて 見やすい!


頭でふと、
自分のおこなったワークショップを振り返り
…眠くなるわ、
難しいわ、二度と読みたくないわ
目が疲れるわで、酷い内容だった

参加された方には悪かったなぁと
深ーく反省し、次回に生かします!

{3C781AE9-4A32-4311-B591-DD45B1B1EC02:01}


首の繊細な7つの骨の
それぞれの可動域や方向を学んでから

実際に頭の重さを確かめ
繊細な首の扱い方を 確認しました。
チカラを加えすぎた時の危険を知り
微細な動きを 体感しました。


参加者の方はアーユルヴェーダやアロマ、
介護医療や 身内の方のケアを学ぶ方々でした。





施術で首こりを緩めほぐしても
大事なことは普段の姿勢。



正しい姿勢とは?
胸張ること?
壁に背中や頭お尻をつけること?
ストレートネックって、良く聞くけど
治らないの?

頭が前に出た姿勢 フォワードヘッドを戻す
自然な正しい姿勢の取り方
を教わりました。

いろいろな場所や人から
正しい姿勢って習いましたが
これは1番カンタンで ほんと自然!

まずは自分が 身につけたいと思いました!


…とスマホでBlog書きながら
気づくとフォワードヘッド滝汗あせるあせるあせるあせるあせる


ついつい夢中になるとなんでも
前のめりになってしまうけど
ボーリング(頭)を乗っけてると思ったら
まっすぐに支えてあげなくちゃ、です。

頭に水がめを載せてあるく
アフリカの女性を思い出しました。

{30233879-57AF-48FC-866F-23A0D00240BE:01}


ボーリングみたいな頭が身体より
前にでていたら、、、

首、首につながって引っ張られてしまう
肩や背中、腰、腕の筋肉や靭帯、神経
などの負担は 
それはそれは恐ろしい重さ、負荷です!


皆さんも気をつけてくださいね。


お読みいただき
ありがとうございました。




AD