• 28 Sep
    • 秩父宮記念公園にて…

      日本の歴史公園百選 「秩父宮記念公園」 御殿場市東田中 東名高速御殿場インターから約3分の場所 奥に進むと「うぐいす亭」があり カフェタイムを 期間限定メニュー 白玉クリームぜんざい 350円 遊び心満載 抹茶セット350円 添えられたお干菓子は なんと~ハロウィーン仕様 でも 大切な目的は 10月8・9・10日開催の 「ごてんばmiyaマルシェ」の打合せですよ 今回で3回目 静岡県内東部の食が大集合! 食べて  学んで 体験して~ 詳細は後日 アップします、お楽しみに~♪ お花が咲いていますねぇ 曇り時々小雨 気分で陽射し…ですが 山野草の可憐な色が ホッとさせてくれます ミズヒキとシュウメイギク コルチカム 母屋に向かって行くと… 最近は、 この中でイベントも開催されます 11月のジャズコンサートは なんと完売! 12月は落語です❤

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 第七回 特別そば会

      静岡市葵区 「水塩土菜」で開催の 第七回 特別そば会 初めての参加です そば打ち職人 高橋邦弘氏の技を見て 打ち立て 揚げ立て 食らいます~♪ 一気に加水して 目の前でみるみる形になっていく メニューは… ソバは 北海道と茨城の春そば2枚 サラダの玉ねぎは おかかのせ ポン酢でサッパリ 吟とうふと ヒレ肉を、ニンニク・玉ねぎ・唐辛子で柔らかく煮た三味煮 揚げ物は、 ヒレかつと車エビを塩で いただきました 貴重な昼時を ありがとうございました 「水塩土菜」さんは 10月~ 豚しゃぶ鍋とフリードリンク 11月~ 牡蠣と車海老のフライとフリードリンク …季節のお得なメニューがありますよ

      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町で懐石

      台風16号による あいにくの天気ではありますが 霧に煙るような高層からの夜景もオツ 紀尾井町に7月オープンした ザ・プリンスギャラリー35階 「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」 旬の素材の鮮度を閉じ込めたイメージ "アイスコンセプト"をテーマに 店内は クリスタル調のインテリアの演出 ディナーメニュー(夜懐石) 一部をご紹介 「前菜」 松茸と京水菜のお浸し  夏草花 蝦夷鮑黒酢醤油油揚げ  ライム  カマンベールフライ  ウッドスモーク マスカルポーネクリーム  柿  梨  マスカット  丸十蜜煮  シブレット  レモンチップ クリアの蓋をあけると鼻腔を擽る 薫り高いスモークが広がりました 器も 洋食器と和食器の組合せに 盛り付けだけでなく まずは、目で楽しむことが出来ます 日本酒は 澤乃井、その名も"蒼天" 「焼物」 骨付き子羊味噌漬け焼き  揚げ銀杏  焼き松茸  酢取り野菜 鰻の蒲焼き  山椒  レモン 子羊の大好きな私にとって また、魅力的なお料理が増えました 味噌の旨味がギュッと染み込んだ子羊 貴腐ワインを思わせる 新潟の村祐酒造"村祐"と一緒に 「デザート」 本日は、 ココナッツのアイスクリームの中に 種々のフルーツ メロン  梨  ぶどう メレンゲの食感を生かしたアイスクリーム マンゴーソースをあえて とても優しくまろやかに 口福が広がりました ディナーはほかに 鉄板焼や寿司メニューもあり ランチメニューももちろん充実 今度はゆっくり バーで夜景も楽しんでみたいですね 今回は 「マルシェ・デ・ヴァン」 ~の和食だったので ワインではなく 日本酒で楽しみました

      5
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 9回 オークラワインアカデミー

      9月最初のワインアカデミー テーマは ボルドー地方 オー・メドックやグラーヴをはじめ 有名な5地区を含む A.O.C.の地区が20あります ラベルに表示できる最小区分は村名まで 代わりに オー・メドック、グラーヴ、ソーテルヌ、サン・テミリオンの4区では 独自にシャトーを格付けして 村名や地区名と一緒にラベルに表示できるんですよね セカンドワイン… 樹齢の若いぶどうから醸造したワインや、醸造初期の熟成段階において選抜されたワインによって作られます シャトーによっては、天候の良くない年にはセカンドワインの方が多くなることも 今回のラインナップ 「Chateau Bel Air Perponcher」柑橘系で生ガキに合いますね 「Les Hauts de Smith」香りが豊かで洋ナシのようなスッキリさも 「Mouton Cadet Reserve」少し青っぽい香りが特徴でも 「Les Fiefs de Lagrange」余韻がふくよか、熟成感も 「Chateau Lynch Bages」Cabernet Sauvignon の独特な青い香り=ピーマン臭 「Chateau Beau Soleil」 土っぽい、トリュフの香り 「Chateau Cantegril」貴腐ワインです、チーズとの相性よし そんな、チーズはこちら 「Chaume(ショーム)」 ウォッシュタイプ、特有の匂いがきつく感じることもあるようですが、意外にもマイルドな味わいです 「Blue des Causses(ブルー・デ・コース)」 青カビタイプ、ロックフォールの牛乳版!?優しいブルーチーズ。熟成が進むとより力強い味わいが楽しめます。夏は黄色・アイボリー色。冬は白く味も強くなります 今夜のお料理はこちら 「海鮮と野菜の炒め物」~桃花林~ 「仔羊肉のカイエット」~ラ・ベル・エポック~ この秋は ワインの相性探し 自分のお好み、楽しんでみましょう♪

      4
      テーマ:
    • オークラワインアカデミー

      8月最後のワインアカデミー テーマは「ブルゴーニュ地方を知る」 フランス北東部に位置する ブルゴーニュは、 ボルドーと共に4世紀には名声が確立しましたが、対照的でもあります 基本的に一つの品種からワインを造ります そして、 カトリックの修道会がワイン造りを洗練させて、王侯貴族たちに長く愛されてきた歴史があることも、大きな違いです 場所による個性の違いが顕著なうえ、 フランスワインのA.O.C.数の四分の一に相当する100のA.O.C.をもっています 因みに ブルゴーニュのA.O.C.は 地方名、地区名、村名、畑名まで細分化 最も小さい単位の畑名をラベルに表示したワインが、最も格上になります 畑はClimats(クリマ)と呼ばれ 特級畑(Grand Cru)と第一級畑(Premiers Cru)に格付け 今回のラインナップ 「Chablis」酸味がおだやか 「Meursault Porusots」果実味が豊か 「Moulin-a-Vent」 「Bourgogne」 「Gevrey-Chambertin」少し若いワイン 「Charmes-Chambertin」かなり高級です 合わせるお料理は 「鱸のグリル ソース・ブールブラン」~ラ・ベル・エポック~ 「鴨の網焼き」~山里~ チーズは 「エポワス・ドゥ・ブルゴーニュ」 ウォッシュタイプ、強烈な個性のチーズですが、ねっとりと濃厚で力強く上品な後味が忘れられない かの食通ブリヤ=サヴァランが"チーズの王様"と賞賛 「マコネ」 シェーブルタイプ、ワインの産地で有名なマコン地区で作られる。熟成の段階によって違う味わいが楽しめる 知れば知るほど 奥が深いブルゴーニュワイン 品種 赤はピノ・ノワールやガメイ… 白はシャルドネやアリゴテ… ブドウの力を感じたいときにぜひ~♥

      2
      テーマ:
  • 26 Aug
    • オークラワインアカデミー

      テーマは ヨーロッパワインのラベルの見方 ついつい 読めないとか中央の大きな文字が! と、判断しがちですが… フランスは、A.O.C. イタリアは、D.O.C. オーストリアは、D.A.C. …というように 地理的な表示が付いていますね ワインの格付けや等級分類 ワイン法による品質分類が厳しく それが、 ブランド力にも繋がっているのでしょう 改めて ラベルの隅から隅まで 裏側もしっかりチェックして ワイン名(生産地) 瓶詰めした場所 アルコール度数 収穫年 容量 生産者名 から まずは、ワインを感じることが 出来るかもしれませんね ワインは 「Vougeot Clos du Prieure」 「Arbois Grand Elvage」 「Chavignol Lot 2013  Vin de Table Rose」 「Barbera d'Alba Sandrone」 「Almirez」 「Berncasteler Doctor Riesliog Auslese」 合わせるチーズが シュールなタイプ、山羊らしいコクも 「サント・モール・ドゥ・トゥレーヌ」 ハードタイプの「グラーナ・パダーノ」 そしてお料理は 「海老と空豆、高菜の炒め」(桜花林) 「鴨のコンフィ」(ラ・ベル・エポック) ワインの楽しみかたも 広がりますね❤

      3
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 第6回 オークラワインアカデミー

      天使のため息… ボトルから静かにコルク栓を抜くときの シュッという音 いよいよ暑さはこれからが本番! 爽やかに 涼やかに楽しめる 「スパークリングワイン」 今回のテーマです フランスでは、Vin Mousseux 例えば しっかりした複雑味の「Champagne」 地方名が付いた「Cremant de Bourgogne」 「Cremant de Loire」など イタリアでは、Spumante 例えば 北イタリアの高品質な「Franciacorta」 甘口タイプの「Asti」 ドイツでは、Schaumwein 高品質な「Sekt」 スペインでは、Espmoso スペインの北エリアの「Cava」 アメリカやオーストラリア、イギリスでは、 Sparkling Wine 特別な名称はありません シャンパンのコルク栓は 最初からキノコのような形をしているわけではないんですよね。 ボトルからの圧力に耐えているので、その時間が長いほうが、より細くなるというわけです 製法は一番正当な作り方が トラディショナル方式。 シャンパーニュ方式と言われるもので、スティルワインを瓶に詰め、糖分と酵母を与えて密閉し、瓶の中で第二次酵母を起こさせる方式。 ドイツのFlaschengarung イタリアのMetodo Classico スペインのCava も この方式 ほか スティルワインをタンク内に密閉し第二次醗酵させるシャルマ方式、瓶内二次醗酵後新たなボトルに詰め替えるトランスファー方式なども 製造には ブレンド力こそ大切なんですね~ 今年の各ブトウ品種に加え、昨年・一昨年のイイトコ取り、みたいな部分もあり ブレンド比率が命! そもそもシャンパーニュ地方は緯度が高く、気候の影響でブドウが甘くならない。その変わり程よい酸味があり、アルコール度数も上がらない。 その特徴を最大限活かして、生まれたのがその名もシャンパーニュ~♥ということ 収穫、 圧搾(4000kgのブドウを絞り2550㍑に)、 一次醗酵、調合、ワインの瓶詰め後糖分と酵母を添加、 瓶内二次醗酵(5気圧)、 滓とともに熟成(15ヶ月ほど)、 倒立、動瓶、 滓抜き(昔は職人がが手作業で)、 門出のリキュール(昔はよく言ったそうな)、 打栓、ラベル貼り、そして出荷… リキュールを添加するDosage 1㍑中の残留糖度で種類分けすると 昔は、 極甘口(50g/㍑以上)のDoux 今は一般的に目にするのが 辛口(12g/㍑以下)のBrut 3g/㍑未満のBrut Nature、Pas Dose、Dosage Zero  なども 大切なラベル表示 Blanc de Blancs(シャルドネだけで造った) Blanc de Noirs(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエだけで造った) N.M.(Negociant-Manipulantの略、殆どが属する) R.M.(Recoltant-Manipulantの略、自家ブドウ栽培中心の小規模会社) 今回のラインナップは… 「Codorniu Clasico Brut」 「Franciacorta Ca'del Bosco    Brut Cuvee Prestige」 「Nyetimber Classic Cuvee」 「G.H.Mumm Cordon Rouge Brut」 「Moet&Chandon Brut Imperial」 「Dom Perignon」比率は非公開 「Asti degli Angeli」 合わせるお料理は 季節の魚メニュー 「スモークサーモン キャビア添え」(ラ・ベル・エポック) 「鱧のスープ蒸し」(山里) チーズはこちら フランスの ノルマンディ地方が主 「Brillat Savarin」 ティエラッシュ地方 「Maroilles」 ベルギーに近い地方では地元ビールを合わせるとか スッキリと シュワシュワ.。o○.。o○タイム いかがでしょうか

      4
      テーマ:
  • 12 Jul
    • オークラ ワインアカデミー

      7月最初のアカデミーは 「赤ワインと醸造」 ワインは発酵することで 糖→アルコール+炭酸ガス  に 白  赤  ロゼ各 収穫、果実の選別、破砕、プレス、アルコール発酵、醸し、プレス、マロラクティック、樽・タンクでの熟成、オリ引き、清澄・安定化、濾過、瓶詰め、瓶熟成、出荷までの 15行程がワインの醸造の主な流れ 中でも赤ワインは ブドウを破砕し除梗(果梗を取り除くこと)してから、白よりもやや高め26~30℃、平均7~10日程度のアルコール発酵を行い、発酵と同時に色素やタンニンなど抽出するための"醸し=マセラシオン"を同時進行。 ココが赤ワイン造りのポイントですね プレス後のマロラクティック発酵は 簡単に言えば、酸をまろやかにすることで、方法も凡そ20℃で温めるだけ。 ワインの中に含まれるリンゴ酸が、乳酸菌の働きによって乳酸に変化する現象。 微量の炭酸ガスが生じる事で、ワインの酸味が和らげられまろやかになり、酒質に複雑性が増し、豊潤な香味を形成するというわけ そういえば よくワインの標示で気にする 亜硫酸があります。 過剰使用は健康や発酵の面から考えても よくないと思われますが 働きとしては 酸化防止、微生物による腐敗や再発酵防止、ポリフェノールの果皮からの抽出促進、ワインの清澄効果や還元状態に保ちアセトアルデヒドの生成を抑制します 殺菌作用があるので、少量ならば使ってもいいのかも…とも感じました 今回のお料理 北京ダック、海老のすり身のせトーストの揚げもの(桃花林) 点心にはガメイ種のワインとの相性❤ コルドンブルー ソース・マデイラ(ラ・ベル・エポック) チーズは ゴルゴンゾーラ・ピカンテ(世界三大ブルーチーズ) ペコリーノ・ロマーナ(イタリア最古のチーズ) ゴルゴンゾーラ・ピカンテは Rasteauの甘みとの相性が良かったです。 でもアルコール度は高いので、飲み過ぎには気を付けないと そして ラインナップです 「Beaujolais Nouveau」 フレッシュでバナナチップの香り、ピュア、ベリー系フルーツ+炭酸ガス 「Morgon」 軽いが、ガメイ種の味わいと香りを楽しむ 「Morgon Sans SO2」 醸造からくるひね香が特徴 ガメイ種を飲み比べ 「Gevrey-Chambertin」 「Chateau Lynch Bages」 「Shaw & Smith Adelaide Hills Shiraz」 シラーズ、オーストラリア スパイシーなワイン 「Amarone della Valpolicella」 果実味優しいがアルコール度は高い レーズンの香りや渋みが特徴 収穫後に水分を除いてからワイン造りに 「Rasteau」 ブランデーも使われていて甘みも強いが、アルコール度も高く、デザートワインに ワインの楽しみ方は、それぞれ🍷 料理やチーズとの相性もお楽しみです      風味を余韻で感じてみては

      5
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 第2回御殿場miyaマルシェ

      昨年の11月に続いて開催されたマルシェ 場所は 御殿場市の秩父宮記念公園 7月2日(土)、3日(日) 富士山の麓 草花が咲き 自然溢れるココで 静岡県内東部を中心に およそ40店舗が出店! 市内は元より 県内外など 各4000人以上の方々に 楽しんでいただけたようです❤ 今回は スタンプラリーや 限定Sweets アルコール類も解禁となり 大人時間 ファミリータイムなど 思い思いに過ごせる空間でした 出店ブースの皆さんの思いを 来場者に伝えるべく 会場内を動き回っておりました 喋り 走り 動き回っておりましたが(笑) 充実した二日間でした 食への意識も思いも高く強い 魅力イッパイの方々にお会いできて すてきなご縁も繋がりました 初日はボタンアコーディオン 翌日はBloody Orange Orchestra 生演奏のステージで 爽やかな高原の風が 会場内に響き渡りました~♪ 次回は10月の連休 3日間の開催です、お楽しみに(*^O^*) 七夕飾り 短冊の願い事が叶うといいなぁ❤

      4
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 伊勢志摩サミット記念「新茶とイタリアンの会」

      朝から快晴❤ 東京有楽町「COVA」 と 宮内庁御用達「芳翠園」のコラボ 芳翠園さんの食事会は オリジナルメニューが基本ですが、 今回もイタリアンの料理に 種々お茶が使われていました アミューズ 「抹茶と新玉ねぎの冷製スープ    生うに添え」 淡路島産の新玉ねぎの甘味と オリーブオイル、タイムの香り 抹茶クリームを仕上げに 粉末茶 前菜 「芳翠園の茶葉でマリネした功力鱒のマリネとマスカルポーネチーズ   ほうじ茶のヴィネグレットであえた 北緯40度の大西ハーブのサラダ添え」 ほうじ茶と白バルザミコ酢から作られたドレッシングがポイント パスタ 「抹茶を練り込んだパスタ生地で    クリーミィーなブラータチーズを包んだ    ラビオリ イタリア産のグリーンピースのソース」 深いグリーンと鮮やかなグリーン 濃厚なラビオリを優しいソースが包みます 温かい玄米茶 パスタ 「玄米茶を練り込んだパスタ生地で ズワイガニとルーコラ、プチトマトの自家製タリオリーニ  からすみ添え」 玄米茶を練り込んだ細麺にシンプルなソース  たっぷりのからすみがアクセント 肉料理 「フランス産鴨肉のロースト牛蒡とほうじ茶のソース   ほうじ茶で炊いた穀類添え」 ボリューミーな一品。十五種類の穀類リゾットとピューレ状のソースは、牛蒡とほうじ茶の組み合わせの妙 金のほうじ茶 ドルチェ 「抹茶ティラミス」 爽やかに、しっとりと。 伊勢志摩サミットのコーヒーブレイクタイムに出されたお茶とともに お土産は… 伊勢志摩サミットで提供した 抹茶バーチ・ディ・ダーマ G7各国首脳に対するおもてなしの一環として提供され、紹介されたお品 いつも前を通っていた「COVA」で 今回だけの時間を 新しいご縁とともに堪能してきました 出されたお茶は 「芳翠園」屈指の日本茶インストラクターが淹れてくれました 冷茶はボトルで用意してありました

      2
      テーマ:
    • 第三回オークラワインセミナー

      三日月も見える 清々しい夜7時30分~スタート 今回は「テイスティング」 ワインを楽しむために最も大切で 美味しさを伝えるためにも 大事な感性ともいえそうです ポイントは 外観~香り~味わい 近道はないので 出来るだけ多くのワインを飲むこと 自分の舌でワインを判断できるようにすること 楽しむときは、何でもそうですけど…環境が大きく影響を与えますよね、自分の体調もあるし。なので、一度や少し飲んだ程度で評価するのは、ワインにも失礼かもしれませんね タイプが違うもので比較したり、ワイワイ仲間と行うと、気付きが増えますよね 常に主観で行い、一貫性のある連動した、プラスのイメージのことばで表せるように~ 大事なのは、飲んだワインをメモ書きでいいので記録しておくことφ(..) 舌の上で転がすように…って言いますね。 1回含む量は10~15ml、同一ワインは3回まで、口中滞留時間は10~15秒ほど。 外観は、清澄度・輝き・色調・濃淡・ディスク・粘性・泡立ち ディスクは、グラスを傾けると見えやすいですが、アルコールの比重で出来るので厚みが違うんです。ボリュームやグリセリンを測量できます。また、オレンジ色や青っぽい色だったり。 香りは、 原料ぶどうの香り=第一のアローム 発酵で生まれる=第二のアローム 樽や瓶など熟成中に現れる=ブーケ これを伝える、ことばと感性を磨きたいですねぇ 味わいは、アタック・酸味・甘味・渋味・苦味・フレーバー・アルコール・ボディ・凝縮度・バランス・ミネラル・フィネス・切れ味・余韻 酸味はワインの個性を表します。味わいからは、座地や気候、ポテンシャルや価値までも分かってしまうほど重要。 味覚、嗅覚、触覚もフルに働かせましょう 今夜のお料理は 「鱚の唐揚げ 旨だしかけ」山里 「和牛サーロインステーキ  特製ガーリック香草パウダーかけ  レタス包み」桃花林 チーズは 「パルミジャーノ・レッジアーノ」 ザクザクカットの方が、口の中で噛むことでよりワインと楽しめます ブルゴーニュのシャルドネ白ワインとピッタリでした 「ロックフォール」 少量のバターと混ぜると、苦手な人もまろやかに楽しめます 重厚な赤ワイン、ヴィンテージなワインとの相性は抜群です❤ 梅雨入りしてムシムシ 気温も上がりますが だからこそワインをより楽しく味わいたいですね~

      3
      テーマ:
  • 24 Apr
    • ウェスティンホテル東京で「新茶の会」

      八十八夜を直前に控えたこの時期に 開催された「新茶の会」 昨年に続いて二回目となりました 神宮司庁御用達銘茶 「芳翠園 」さん ウェスティンホテル東京の日本料理「舞」 料理長の岩根さん 日本茶を使った オリジナルメニューはもちろん、 料理に合わせた日本茶を 楽しむことができます 先付け 北寄貝と菜の花の辛子浸し 茶振り飯蛸、黄味酒盗、花穂 (低温の出汁に菜の花を浸し、蛸をほうじ茶で茶振り) ▼粉末煎茶を冷茶でスッキリ お椀 春野菜の沢煮椀 (春の名残と初夏の走りをいただきます。新牛蒡、陸蓮根、山独活、人参、蕨、貴重な柚子の花も) お造り 初鰹の叩き、真鯛 (初物は縁起が良いので重ねることでさらに幸せを~との思いで、器をお重に。四国の真鯛は淡路の新玉ねぎと一緒に) 焼き物 鱸の抹茶オイル焼き 茶通空豆、酢取り茗荷 (抹茶を入れたオリーブオイルに四国や九州の鱸を一晩浸け、さっと焼き香り付けで抹茶を振る) ▼四国4県、岡山の選りすぐりの玄米を使った玄米茶。薫りを楽しむために高温で淹れました 揚げ物 相並と叩き海老の挟み揚げ 五三竹薄衣揚げ、茶塩 (相並と海老真薯を詰めて茶塩でいただきます) ▼八十八夜新茶を冷茶で。芳翠園の独自製法で、徹底した温度管理のもと、去年の新茶を香ばしくいただくことができるんですよ 煮物 浅利と根三つ葉の飛竜頭 蛍烏賊、花山椒 (浅利をがんもにしてかつお出汁で。1~2週間しか出回らない柚子の花や花山椒を添えて) ▼金のほうじ茶を水出しで。オシャレなティーボトルでサービスです 食事 金のお茶漬け (焼いたきんき、薬味、香の物。急須で淹れたての金のほうじ茶で熱々を召し上がれ) 水菓子 抹茶蜜豆 (一週間炊いた自家製黒豆、寒天、求肥、塩豆、苺を抹茶蜜で) お土産は 煎茶とほうじ茶のティーパック 粉末ほうじ茶をまぶした「ほうじ茶豆」 …香ばしく、食感サクサク 「お手軽粉末ペン(煎茶)」 …ペン型の携帯サイズの粉末茶。キャップを外してペン先を付け、振る。お湯を注げば出来上がり。使用後キャップをしっかり閉めれば保存もOK! 日本茶と日本料理の相性の妙 奥が深くて、発見もある 貴重で贅沢なひとときを堪能致しました

      3
      テーマ:
  • 22 Apr
    • ホテルオークラワインアカデミー

      いよいよ始まりました! 第一回はオリエンテーション ボトルワインの抜栓からスタート 白ワインは、ソムリエナイフで 赤ワインは、2枚歯コルクプルで スマートにキレイに開けましょう 作業の後は、 必ず瓶の口を拭く一手間がエチケット 白は、左から 新潟「Le Cinq」 フランス「Pouilly Fume」「Bourgogne Coteaux des Moines(Chardonny)」 赤は「Bourgogne Coteaux des Moines(Pinot Noir)」 スペイン「Aalto」 アメリカ「Opus One」 オークラならではのワインの楽しみ方 お料理とのマリアージュ 「桜花林」冷菜の盛合せ(豚の塩窯焼き・梅鴨・鮑の冷菜) 「カメリア」和牛バラ肉の赤ワイン煮込み そしてチーズも 忘れてはいけませんね 今回はマイルドで食べやすい種類 「Fourm d'Ambert」 「Brie de Meaux」 イチジクとマンゴーのドライフルーツ あっという間の1時間半🕘 お仲間同士の話も弾んで 次回の再会を楽しみに~♪ 毎日飲み続ける宿題が出ました!! 同じワインを飲み続けることで 自分の中でワインの指標が出来るようです まずは薫りを何度も嗅いで その表現力を磨くこと 奥深いことはもちろんですが 自分の感性も研ぎ澄まされる 気がします 貴重な機会とチャンスを 作ることが出来たので 改めて、自分の中で ワインと向き合いたいと思います

      4
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 箱根や御殿場でスイーツ巡り

      毎週水曜と木曜は 富士山GOGOエフエム 7時~の朝番組「Fujiyama Sunrise」 を担当しているので 生放送後は、取材やネタ探しなど 多くの出合いをいただいております それが元気の源 パワーになるんだと今日もつくづく 感じました 箱根方面は 冬場チェーン規制となるので なかなか出掛けられず ウズウズして居りましたが、 快晴だったこともあり久しぶりのドライブ ポーラ美術館に向かい ランチと 10日(日)まで行われている 箱根スイーツコレクション2016春を 楽しみました その後は 御殿場市に戻り 夜桜ライトアップを待つ間 東田中の秩父宮記念公園内 うぐいす亭にて和菓子セットでひといき 幻想的な夜桜を堪能して 帰宅しました 一部、お披露目します

      4
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 春だ!桜だ!開局特番♪富士山GOGOエフエム

      春のお彼岸お中日 お赤飯を炊く日でもありますが 明日3/21(月)は FM御殿場「富士山GOGOエフエム」の お誕生日です 感謝の気持ちを込めて 2周年の開局特番オンエア~♪ 午前11時~午後4時30分 5時間半の生放送🎤 御殿場市森の腰 エピスクエアのスタジオを飛び出して 市内神山「時之栖」特設ステージから お送りします 会場では… 大抽選会 30秒にPRや告白、感謝の気持ちなど "想いを叫ぼうのコーナー" ふわふわ・モコモコ ごてんばこめこストラップはラスト販売 なので、ど~んとプレゼント付き お子さんにはキャンディつかみ取りも🍬 各パーソナリティーによる 中継レポートもあります ぜひ、お出掛けくださいね(*^-^*) ラジオは86.3MHz PCやスマホは 「GOGOエフエム」HPの"聴く"を クリックすると、聴くことが出来ます~♪ お耳でのご参加も大歓迎ですo(^o^)o このステージが皆さんといっしょに GOGOエフエムカラーに 染まりますよ(^-^)v

      3
      テーマ:
    • ふじのくに"旬"を食べ尽くす会 3月

      今年度の〆はこちらのお店 静岡市葵区 「BISTRO FERME(ビストロ フェルム)」 フランスやベルギーで研鑽を重ねた 小笠原光洋シェフのお料理 驚きあり 優しさあり 静岡の食材が大変身でした♪ ・長谷川農産(富士市)マッシュルーム ・フードカルチャールネサンス(三島市)ほうれん草のオイル ・工房炭俵(静岡市)竹炭のメレンゲ ・河原崎農園(藤枝市)プチルージュと黒オリーブパウダー ・フードカルチャールネサンスのケールとビーツのソース、カーボロネロのソテー、菜の花マリネ、フォアグラのムース ・森山養鶏場(静岡市)駿河シャモの玉子 ・かもや(焼津市)黒米リゾット ・渡邉ハム工房(御殿場市)3年熟成のふじやまプロシュート ・長谷川農産ブラウンマッシュルーム チーズの泡! お皿が違うと、雰囲気も変わる!? ・上村農園(磐田市)アスパラガス ・下山養魚場(伊豆市)アマゴのマリネ、卵 ・杉山農場(静岡市)山葵白ワインソース ・富士農場サービス(富士宮市)セレ豚(ブー)ロースト、チョコレートのソース ・フードカルチャールネサンスの宇宙いもとパンチェッタのソテー ・北山農園(富士宮市)の人参ソテー ・浜松のスーパーブロッコリー(プチネロ) ・おおいし養蜂(藤枝市)みかん蜜のアイスクリーム ・プチガトーショコラ、みかんのパウンドケーキのパウダー、みかんのコンポート、チョコレートのチュイル ▼日本酒はこちら 魚料理 肉料理、それぞれに合わせて 今夜だけヒミツの食材もあって 濃厚な夜でした

      2
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 第二回金太郎そば~立春朝搾りを楽しむ会~

      ちょこっと前に開催された 日本酒を楽しむ会 10月1日が「日本酒の日」ですけど 春もぜいたくな日本酒に合えるんです 「立春朝搾り」という'杜氏泣かせ'のお酒が楽しめます 立春の朝に搾り、その日のうちにお客さんの手元に届くというお酒 もちろん火を通していない生・原酒です 時間の遅れを許さないので、杜氏泣かせと呼ばれ、条件をしっかり管理した場所で保存すると、少しずつ発酵もすすみ、美味しさもアップして行くという、楽しみなお酒でもあります 御殿場市二の岡「金太郎そば」で開催された「第二回立春朝搾りを楽しむ会」 日本酒のチョイスは しまだ酒店さん。 さらに、島田の大村屋酒造場七代目の解説付きという、贅沢なもの! この日本酒に合わせたお料理は 金太郎そばさんの日本食と フレンチ稲越シェフ、 イタリアンはミカヤンさん。 デザートは、アンドロア・パレ田代さんの二点 濃厚な一品や贅沢な一品を前に 満足満足の時間でした 料理人たちは、幼馴染みや親しい先輩後輩の繋がりがなせる技❤ 次回も楽しみになりました

      4
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 「金太郎トマト」のジャム!完成で~す☆☆☆

      富士山の麓にある 静岡県駿東郡小山町は ♪ま~さかりか~ついだ金太郎~ の生誕の地としても有名な所です 2015年の1年間は エジプト出身大嶽部屋の力士 大砂嵐金崇郎(金太郎)関が観光親善大使を務めていました 朱色とゴールドがまばゆい 金太郎の刺繍をほどこした”化粧まわし”を 贈っています そんな小山町で栽培されている 「金太郎トマト」 ミネラルを多く含む、富士山麓特有の赤土で育った フルーツトマト『金太郎トマト』は、 ほかのトマトと比べると味が濃いんですよね JA御殿場勤務~伊豆・函南町にあるオラッチェの地ビール開発に携わり 平成23年に農業生産法人「(株)富士小山企画」を設立した 代表取締役 山口和芳さんを中心に栽培と商品化に取り組んでいます 栽培の過程で どうしても摘果しなくてはならない青い果実がたくさんあることを知り ママ友でもある 内海さん、小野田さん、軽部さんが、商品化に取り組んだのが 「金太郎トマトジャム」なんです ケチャップのようにはならないように トマトそのものの味わいは残したい・・・ 食感を確かめながら試食を繰り返し 出来上がりました~!! 赤い「金太郎トマトジャム」 熟した金太郎トマトをたっぷり使っています 一つひとつ、丁寧に皮を湯剥きして 口当たりも柔らかな仕上がりに~ 国産レモン果汁入りで、さわやかなあと味がポイント 青い「金太郎トマト青トマトとレモンのジャム」 金太郎トマトが熟する前の青いトマトを使っています 皮を付けたままの青トマトと レモンピールをコトコトじっくり煮込みました プチプチ食感がたまりません パンに付けたり クラッカーにのせたり ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにもおススメです 御殿場市萩原「pain(パン)わらべ」さんで販売中      

      5
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 富士山を和菓子で味わう楽しみ

      2月23日は「富士山の日」という事で 静岡県では イベントが開催され 学校がお休みになったりと 富士山を思い思いに感じる日になっています 御殿場市では今回初めて 「富士山を和菓子にしてみませんか」 とデザインを公募 グランプリ、御殿場市長賞、とらや工房賞 と3作品が選ばれ販売されました 富士山の日限定で販売されたのが2種類 御殿場市長賞の「シベリア」 東京都在住の三須さんのデザイン 御殿場のさくら玉子を使ったカステラで羊羮をはさみ、富士山の形に とらや工房賞の「干菓子」6個入り 神奈川県在住の福井さんのデザイン 頂きに雪を被った富士山を、和三盆糖で表しています 23日のみ各30個限定で販売でした! なので、私は買うことができず… グランプリ「琥珀羮」は 小山町在住の戸栗さんのデザイン 春霞の富士山を表しています 富士山は羊羮、 霞は桜の花弁の形で羊羮と道明寺粉で作られています こちらは2月29日(月)まで 1日30個、1人3個まで(お取り置き不可) 御殿場市の東山旧岸邸で販売されています 今夜は雪が降っている御殿場ですが 一足早い"春の富士" 感じてみませんか?

      5
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 道の駅「ふじおやま」レディースランチセット

      春の訪れを感じられたかなぁ~と思えば 寒さがぶり返したり… 富士山も雪の裾をなが~く引いております そんな雄大な姿を見ながらお食事が出来る道の駅「ふじおやま」は、R246沿いです この時期おすすめメニューは 「レディースランチセット」800円 一日5食限定、男性もOKなんですよ! 女性のコックさんが お客さんの声に答える思いで 開発した新メニュー メインのポトフは鶏肉が優しくて コロコロ大きなカットの野菜もたっぷり パスタが入って ボリュームもしっかり! デザートには 「ふじおやま」 パン職人さん手作りの オリジナル品が付いていて おもわずニッコリ(*^O^*) ぜひ、お出掛けください

      2
      テーマ:

プロフィール

annみつ姫

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
静岡県
自己紹介:
ふじのくに=静岡県を中心にフリーで活動中です。 地元ラジオ番組のレポーターやFM局のパーソナリティ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
300413 位
総合月間
585434 位
日々のできごと
21777 位
中部
3558 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。