11月14日に禊祓カードが生まれました。それについて、説明致します。

 

【禊祓カードと副カード】
引き方1:禊祓カードが出たら、副カードを引く
引き方2:最初から副カードを入れておいて、副カードが出たら、もう一枚引く

 

瀬織津姫カード
水 手洗い 流水 水に浸す
塩 盛り塩 撒く ヒマラヤ岩塩、海水塩
塩水 嗽(うがい)する


速開津姫カード
飲 波動の高い水を飲む
食 食を慎む 一食抜く 断食する

 

気吹戸主カード
風 風を感じる 空気を意識する(生命を生かしている存在) 掃く、払う
└息 息を意識する(生命を意識する) 邪気を吐く
言 祝詞、般若心経、観音経を上げる 感謝の言葉を発する
└音 音叉、シンキングリングを鳴らす

 

速佐須良姫カード
許 許す(自分、他人)
認 認める(自分、他人)

 

天照大神カード
火 食物を焼く 飲み物を温める ロウソクの火 囲炉裏(暖炉)を囲む お香、セージを焼く
日 朝陽を浴びる 日光浴(夜明けから午前中がベスト 10分~1時間程度)

 

上記が、11月14日に生まれたカードを説明したものです。
上記以外に、以下もあるかな・・・
月読み命カード
月 月光浴
スサノヲカード
地 自然に近い地面に置く、埋める 大きな石の上に置く
石 水晶などの浄化された石と一緒に置く
場 部屋の掃除、片付け
植 部屋に緑の植物を置く

AD

11月14日に道、理、器、成の4つのカードが生まれた。


関係性を説明したい。

 

まず、基本になるのは、厳霊と瑞霊の関係。
厳霊は、荒魂と和魂の融合したものであり、商売繁盛とご先祖さまとの関係を現す。
瑞霊は、幸魂と奇魂の融合したものであり、夫婦関係を基本とした家族、友人関係を現す。
そして、厳霊と瑞霊が融合されることで、伊都能売となる。と定義させていただいております。

 

そして、今回、生み出したカードは、道、理、器、成。
順に説明します。

道 平(和魂)と化(幸魂)の融合 プチククリ姫
理 交(和魂)と覚(奇魂)の融合 思兼神
器 感(奇魂)と克(荒魂)の融合 スサノオ
成 造(幸魂)と進(荒魂)の融合 大国主

 

道理成で、ククリ姫のお役目
道と器の融合で伊都能売となる。
理と成の融合で伊都能売となる。

上記の細かな説明は、和魂カウンセラー協会のWEBに反映していきます。
 

AD

11月14日に5枚の追加を発表して、祓のカードを引いた時の後を考えた。

祓なので、祓戸四神のおでましとなります。
 

  • 瀬織津比売(せおりつひめ) -- もろもろの禍事・罪・穢れを川から海へ流す
  • 速開都比売(はやあきつひめ) -- 海の底で待ち構えていてもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込む
  • 気吹戸主(いぶきどぬし) -- 速開津媛命がもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して根の国・底の国に息吹を放つ
  • 速佐須良比売(はやさすらひめ) -- 根の国・底の国に持ち込まれたもろもろの禍事・罪・穢れをさすらって失う

そこで、こちらの4柱にそれぞれ文字を当てはめてみた。
瀬織津姫は、塩・水、速開都姫は、飲・食、気吹戸主は、風・音、速佐須良姫は、許・認となり、火・日(火の力であり、太陽の力)の5種類の追加になろうか・・・

つまり、「祓」カードを出したら、次の5枚から選択する。「塩・水」、「飲・食」、「風・音」、「許・認」、「火・日」と言うこと。

AD