『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』

2016.10.28 マチネ/フェスティバルホール

 

 

友達と観劇してきました、なな何と3列目、生田斗真くんを3列目で

観れるという奇跡酔っ払い

基本チケット運無い私もたまにはやりますキラキラ

下手席だったけど斗真くんは下手にいる事が多くて美麗なお顔を

超近くで観れて眼福でした一休さん

 

ストーリーは、あのかぐや姫にフラれた男がヴァンパイアになり

現世で結ばれないなら生まれ変わったかぐや姫とせめて来世で

結ばれたい、でも愛したかぐや姫は実はエイリアンでヴァンパイアは

エイリアンにとって天敵というとんでもストーリーが展開されていきます。

人を選ぶまでは全然いかないけど、観る日の自分のコンデイションによって

結構感じ方というかおもしろく感じるかどうか変わるかもしれません。

ボーッと観れないというか悪い意味ではなく観ていて疲れる系なので

あと20分くらい削ってくれたらもっと観やすいかなと笑い泣き

皆さん本当に熱演だし笑えました、あれを1日2公演は本気でキツいやろな…

小池栄子ちゃんはついつい胸ばかり見てしまいましたww素敵な女優さん照れ

かなり喉がお疲れな感じでしたね。

あと中村倫也くんがカッコ良かった~、写真では全然なのに生で観たらラブ

ジャニーズが出てるので残念ながら円盤化は無さそうですね、劇場で

観るより家でテレビで見た方がのんびり楽しめそうな不思議な感じの作品w

 

 

観劇後は近くのアナクラウンホテルでディナーブッフェ。

暗かったので美味しそうに撮れてないけど…

 

 

友達との観劇はこうして後で楽しくご飯食べながらお喋りできるのが

本当にいいですよね。

もうすぐ結婚してもちゃんと私の相手してくれよなえーん

 

AD

まただいぶ経ちましたが松ステに行ってきました。

 

 

グッズはなかなかの行列でしたね、缶バッジ・ミラーのトレーディグ物は

六つ子とF6で分かれてるのは良心的かなと思いました十四松のつもり

交換してると一番人気はF6カラ松でその次は六つ子一松でしたね。

人気のキャラを結構引けたので現地で交換できましたウインク

DVDも勿論その場で予約しれんれんポスターをゲット。

 

 

劇場内には撮影OKのサイン入りポスターの展示も。欲しい!

 

2016.10.1 マチネ/シアタードラマシティ

2016.10.3 マチネ/シアタードラマシティ

 

1日は2列目上手、3日はだいぶ後列ですがセンターから観劇。

予想通り客席降りがありましたね。

ファンサとか受けれるとまぁそりゃ楽しいのですが、できれば無い方が

私は嬉しいかなぁ。舞台の上だけで魅せて欲しいというか通路席

大勝利というのがもうそれ舞台なのかなって感じですよね最近アセアセ

ちゃんと楽しい舞台でした、観る前は不安しかなかったけど上手いこと

舞台化したなーという感じです。

 

推しだからというわけではありませんが、れんれんの十四松が

すごく良かった。声もたまに小野Dに聞こえたもんねw

終わってからも別にれんれんのファンじゃなさそうな人達が十四松が

良かったねーていうのがチラホラ聞こえてきて嬉しかったですニコニコ

 

嫌だった事も書きますが。

マナー厨じゃないけど、観劇態度が悪い人はやはりちらほらと…

作品的に覚悟してましたが、家でテレビ見てるような感じの人って

ホントに存在するのね。『○○がww』とかいちいち声に出したり

空気を読まず挨拶の時に名前呼ぶ人とか待機中のキャスト見たいのか

座席移動する人とか悶えて足バタバタさせ座席揺らしまくる人

ピクシブのホモネタを大声で話す人などなどガーン

舞台は楽しかったけどそのあたりはゲンナリでした…。

 

別の日にお友達と松ステコラボのジャンカラへカラオケ

 

 

2時間ルーム利用でただの1曲も歌わずひたすらトークというか私の

推しの話しを友達に聞いてもらってましたにやり

コラボドリンク1杯につきコースター1枚なんだけど、ドリンク持ってくる時に

コースター渡されるんじゃなくて会計時に貰えるってんで『えー!?』て

感じでした。推し出なかったから追加注文て作戦がががががが滝汗

初めに6杯頼んだんだけどこれで出なかったらどうしよって感じで

追加で2杯の計8杯。全部アイス乗ってるし炭酸系が多かったので飲むの

必死でしたわ笑い泣き残すとか当たり前ですが許されない行為。

会計済ませ自分で引くというものだったんですが無事にれんれんを数枚

手に入れる事ができました、引いてくれた友にも感謝でありますぶちゅー

 

 

公演が終わってからJR大阪駅構内でれんれんのポスターが掲示されてた!

他の兄弟は東京に貼られてるのに推しだけ地元とか嬉しすぎて

横でピースして記念撮影しましたわデレデレ

 

AD

名古屋いろいろ。

テーマ:

エリザで名古屋に行った時に観光も少しだけしました。

1日だけ母もついてきてくれたので名古屋港水族館イルカ4

イルカーショーが目玉だろうけど他にも沢山みどころがあって

スゴくイイ水族館だったよー、3連休で家族連れが沢山Sweat+゜

 

 

名古屋飯も堪能。

 

名古屋港水族館レストランのまぐろ丼/まるや本店のひつまぶし

ホテルの朝食ブッフェ/山本屋の味噌煮込みうどん/ユーハイムのモーニング

名古屋駅のきしめん&天むす/中日ビルの中、サンモリッツのナポリタン

 

あとは帰りに手羽先を買って帰りました、どんだけ食うねん~ニヤニヤ

次は12月にまた生執事で愛知に来るので楽しみです、

その時は食べる時間ほとんど無いと思うけどあせる

 

AD

まさか名古屋公演まで追いかける事になるとは滝汗

お金無いんですけどね、多分古川さんも最後のルドルフだろうし

そうなるともうチケットも取れなくなるだろうし遠征しなくちゃねほっこりあせる

 

中日劇場は初めてです、老朽化で取り壊しが決定していて寂しい…。

確かに古い感じですが雰囲気のいい劇場です。

そして舞台の近さに笑いそうになりました、キャスト達もひしめきあって

見えるというか迫力がありましたわ。まあ各回の感想は下で。

 

 

 

2016.10.10(月・祝)マチネ

 

 

7列目のようやくセンターブロック。

真ん中からだとこんな観やすいのかと感動しました、ストレスがなくて

物語がすっと入り込んできてくれる。

3回目の観劇にして初めて泣けました、観やすさのせいなのか

エリザベートがようやく花總さんになったからかは分かりませんがw

 

ちなみに名古屋は3回とも花總さんでチケットとりましたウシシあせる

やはり人気なのか1公演落選してますけどね。

万里生フランツの悪夢のシーンで泣きました、3回目にしてようやく

注目して観れたんですがあんなに素晴らしい演技をされていたなんて!

 

 

2016.10.11(火)マチネ

 

 

前から9列目の一番端、斜め前のオバさんが超前のめりだわ頭を

終始左右にゆらゆらしてるわでブチ切れそうだったーえーん

2幕はお身内さんと席変わったようで良かったわ迷惑すぎよあのレベル…

 

涼風ゾフィーが梅芸で観た時よりずっと良くなってましたぐすん

この日の花總さんは少女時代の時から終わりまで歌が絶好調でした、

前日はちょっとエンジンかかるまで不安定に感じたので。

 

 

2016.10.14(金)マチネ

 

 

古川さんの千秋楽なので来るしかありません、日帰り往復バスしんどいゲッソリ

最後でさすがに希望者が多いのか14列目と今までで一番後列ですが

前が通路で高くなってて観やすかったです。

古川さんの最後のルドルフを目に焼き付けてきましたよー、カテコ挨拶では

意外に長く喋って育三郎さんにツっこまれてましたねウシシ

梅芸では何を言ってるのか全く聞き取れなかった育ルキは

中日劇場ではちゃんと聞き取れたのでやはりマイクのせいだったのかしら。

 

 

大阪と併せて5回、芳雄トートは2回・城田トートは3回観れました。

蘭乃×井上、蘭乃×城田、花總×井上、花總×城田この全部の

組み合わせ観れて本当に良かったです。

やはりビジュアル・雰囲気・演技と、よりトートなのは城田さんですね。

まさにこれをハマり役というのでしょう。

私は城田さんファンではありませんが素敵黄泉の国へ連れてって~と

思うのは城田さんですねウシシ

でも何回も観るなら飽きないのは芳雄トートかなと私は感じました、

もっと観たいよーって感じです。

城田トートは結構その日の感情で仕上がるトートが違う気がしました、

芳雄トートはブレないというか研ぎ澄ませていく感じかな?

5回しか観てないのに何が分かんねんて感じですが5回観ての印象。

まぁ、どっちのトートも最高という事です。

エリザベートはやはり花總さんですかね。白いドレスを着た時の圧倒的美しさ、

扇子で顔を隠した時の場を支配する存在感はさすがでした。

私は大昔にw高校の芸術鑑賞で宝塚の宙組の「エリザベート」で

花總さんシシィを初めて観ていて、何十年も経って同じ役で花總さんを

観れるってスゴいなと思いましたよ笑い泣き

まさにレシ゜ェンドですね…

 

DVDは勿論両方とも予約しました、古川ファン的に嬉しいですね

どっちにも収録されているのはデレデレ

蘭乃さんの扱いは気の毒すぎかなと、私は蘭乃さんも好きですよー。

 

またまただいぶ経ってしまいましたが記録として…

梅田芸術劇場でミュージカル「エリザベート」観た時の書いておく。

 

2016.9.19(月・祝)マチネ

前日に京まふ、それも2日連続で行ってからのこの日だったので

疲れてて観る前からしんどかったわーぼけーあせる

 

 

井上さんを観るのは「モーツァルト!」観劇以来、推しの古川さんは

「1789」以来ですね、結構最近。

何とこの日は、さ・最前列!

なのにうっかり眼鏡を忘れてしまいました、最前列でもオケピで距離があり

表情がイマイチぼんやりというえーん

井上トートを最前列で観れるなんて奇跡はもうないでしょうね、

いいお席のチケットを送ってくれたFCに感謝。(井上さんとこじゃないっす)

 

芳雄トートの歌ほんと良かったー、さらっと歌ってる感じなのに

ホント劇場中に響き渡る感じ。歌声だけでゾクリとさせて下さいますわー。

噂の蘭乃さんは、うん、確かに歌は不安定なとこもありましたが

ボロカス言われるほどでは全然ない。むしろ演技は好きです、涙をボロボロ

こぼし熱演て感じでしたよ。泣ければいい演技なんて思ってないけど

少女時代の演技は可愛かったしあやつられてる時の動きもきれい。

私がエリザベートに重点を置いてなくてトートを中心に観てるせいですけどてへぺろ

 

そんで成河さんのルキーニがめちゃくちゃ良かった、ついつい彼を目で

追ってしまうほどの魅力的な演技。可愛かったりかと思えばナチスのシーンの

帽子をかぶる時のあの空気感、あそこ本当に好き完璧なのあそこの時間。

残念ながら絵葉書は数人隣の方でしたキョロキョロ

古川さんも可愛かったです、エーヤンのとこで旗持ってるのも確認できました。

スタイルいいとホント得だよね、踊りもキレイでさすが私の推しやでー!と

心の中でうちわとサイリウムを振ってました団扇ウシシキラキラ

 

 

 

2016.9.24(土)ソワレ

 

 

2回目の観劇はお友達と一緒に。

エリドベートは前回に引き続き蘭乃さんでトートは城田さん。

前から5列目とこの日も良席チケットでした、城田トートはビジュアルが

最高なので前方席で観れるのは本当に有り難い。

見た目だけじゃなく歌も上手くてビックリしました、変に感動したw

この日のルキーニは育三郎さんだったんだけど、成河さんの怪演を

観た後だと物足りないというか明らかに残りの公演を見据えて力を

抑えてる感じでした。そして音響のせいなのか台詞も歌も何を言ってるのか

ほとんど分かりませんでした。隣で観てた友達もルキーニだけ何を

言ってるのか分からなかったらしいから私の耳がおかしいとかじゃないですよzzz

香寿さんゾフィーはものスゴく威厳がありました、前回見た涼風さんのゾフィーとは

全く雰囲気が違っててダブルキャストって観るの楽しすぎー。

梅芸で観れたのはこの2回だけです、あとは名古屋編につづくウシシ