クリスチャン・カラーリストの色でワクワクするブログ

大阪・枚方のカラーとパステルの教室です。
色であなたがワクワクするお手伝いをしています。


テーマ:

東洋における黄色を見てみると、

まず、中国において、黄色は皇帝の色として、

畏敬されていた。




明朝や清朝の皇帝の正装は、黄色い地に、色々

文様がカラフルに刺繍されたものだった。




Color Impression

そして、皇帝以外は、黄色を身につけるのが禁じ

られた。




中国の皇帝の居城だった紫禁城のかわらの色が

黄色に彩られているのも、「天子の住む家」を

象徴している。



Color Impression



紫禁城




文明の源である河は、黄河。

「ここを見ずして山を見たというなかれ」と

言われる景勝は、黄山。



中国で大切なところの名前には、よく「黄」が

使われている。



これは、中国独自の祖神論がルーツとされる。


「祖神である天帝は、天の紫微垣にいる。

(紫微垣:今の小熊座にあたる星座)

 地の天子は、大地にいる。」

という思想である。




天子の象徴色は、大地の色、すなわち、中国の

大地の黄色である。




また、中国の思想・哲学に大きな影響を与えて

いる陰陽五行説においても、黄色は中央に位置

するである。




Color Impression




中国だけでなく、仏教、儒教、ヒンズー教の

国では、黄色が大変尊ばれている。



タイやチベット、ベトナムでは、僧侶が黄色い袈裟

をまとっている。



Color Impression


*タイのワット・マタハート

 仏像に着せられた黄色い袈裟



インドのヒンズー教の寺院でも、大理石の建物に

橙と黄の彩色がなされている。




この風習は、日本にも伝えられ、

820年に即位した嵯峨天皇以来、

天皇の正装には、

黄櫨染御袍 (こうろぜんごぼう)

と呼ばれる、黄色の渋い色をした衣装をまとう

伝統がある。




この衣装は、重要な儀式に限って着用されるもの

で、普段は見られないが、最近では、平成二年の

即位式に、今上天皇がお召しになっていた。


Color Impression

上の写真は、それを再現したお内裏さまである。



このように、東洋においては、黄色は最上位の

として君臨しているのである。



簡単な比較ではあったが、黄色という色一つをとっ

ても、西洋と東洋では、色彩感情にこれだけ違い

がある。




インターネットが発達し、簡単にさまざまな国の

人たちとつながりを持てるようになった。




そういう時代だからこそ、自分達の文化や歴史

を知り、またつながろうとする相手の国の文化や

歴史を知ることが、これまでよりもずっと大切に

なってくるのではないか。




黄色は、その思いを喚起させてくれる

ありがたい色である。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。