お付き合いで観てきました。
借りぐらしのアリエッティ」 ( → 公式サイト  )

映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ1

声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林
上映時間:94分

本 両親と暮らしをしているアリエッティは14歳の女の子。彼らは古い屋敷の床下で静かに暮らす小人。
生活に必要ナモノは床上に住む人間から気づかれないようにこっそり借りて暮らしていた。
人間に見られたならばそこから引っ越さなければならない。それが彼らのおきてなのです。
ある日、アリエッティは病気療養のためにやってきた少年に姿を見られてしまい……。

人間に見られてはいけいない。

映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ7 ぶっちゃけ、ジブリは苦手。
唯一好きなのは「耳をすませば」です。

だから今回ももちろんスルー予定でした。
が、毎日見かけるポスターに激しく反応するビリー(息子2歳)。
「アリエッティ、観るの!」と、あまりにも鼻息荒く言うもんですから、お付き合いで劇場へ行くことになっちゃったよ。

でもでも。
意外なことに、引き込まれて堪能しちゃいました。
舞台となるところが限られたところだし、登場人物もそんなの多くない。
ついでに頭をつかわないで観られる。
それに上映時間94分、ブラボー。
アンマリー好みだわ。

映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ5 病気療養でおばあちゃまのお屋敷にやってきた翔くん。
以前、母から聞いていた「小人」に興味津々なんだよね。
ってこともあって、あっという間に小人のアリエッティを目撃。

怖がらせるつもりはないけれど、存在を感じているだけに声をかけちゃったりするんだけど、小人側からするとこれは一大事なんだよね。


映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ3 人間と小人の違い。
サイズはもちろんなんですが、さすが劇場の音響。
音の差で実感できるんですよ。
人間にとってなんてことない音量でも小人にとっては轟音なんだなーと。
わずかな振動も小人にとっては大地震
これは我が家のちっこいTVで観るよりも劇場で体感した方がいいな。って思ったよ。

映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ2 床上も床下もみんなやさしい人ばかりではないところもよかったです。
お手伝いのハルさんが、小さなドロボーがいる。ってなことを言うんですけどね。
小人たちは借りてるつもりでしょうが、返すことはないんで、ハルさんの言うとおりっすね。

だからか。
高齢者のハルさんの行動もそんなに嫌悪感いっぱいにならずに観ることができましたー。
ただ、捕まえてどーするつもりだったのかね???

映画でココロの筋トレ-借りぐらしのアリエッティ6 翔くんの好意が逆効果になっちゃったことから小人たちの行動に拍車がかかります。

人間に見られた自分が悪い。
でも言ってやりたいことがあるんだもん、言いに行っちゃうわ。
というアリエッティの行動力にすがすがしいものを感じました。

そしてとうとう別れのとき、「ママー、、、」とビリーが声をかけてきたの。
見ると必死に泣くのをこらえてんのーーー。
さよならだね」って声をかけたら、大号泣でシートを越えて抱きついてきました。
そんなビリーちゃんに、私、感無量。
親子で抱きあいながら大号泣しちゃいました。

帰り道、
アリエッティ、おにいちゃんにどーぞができたね」とか、
さみしかったね」とか、
感想も聞かせてくれました。
成長したなぁ~~~。

メッセージ性あるジブリ作品をお好みの方からすると物足りないと感じるかもしれないですが、それが苦手な私にとっては、気楽に楽しめる作品でした。

上映中

¥2,500
楽天

※モバイル非対応


ビバリー 借りぐらしのアリエッティ スタンプライブラリー  (BK4-002)【ポイント倍付0...
¥870
楽天

※モバイル非対応


↑ スタンプで遊んでます。


AD

コメント(6)