劇場予告観て観たかった「サブウェイ123 激突」をやっと観ました。

( → 公式サイト  )


映画でココロの筋トレ-サブウェイ1

出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン

上映時間:105分


本 ぺラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気づいたニューヨーク地下鉄運行司令部勤務のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、1両だけ切り離されて停止していることに不審に思い無線連絡する。
するとライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が59分で1,000万ドルを市長に用意させるように要求してきた。
人質は19名。
1分遅れるごとに1人ずつ殺していくと恐ろしいことを言い出し……。



1時23分発列車――
その車両ひとつでNYをハイジャックする



映画でココロの筋トレ-サブウェイ9 事前にいろんなブロガーさんの記事を拝見して、今回のデンゼルさんは地下鉄の職員だってことを知りビックリビックリ!

劇場予告をチラっと観たとき、てっきり刑事役で地下鉄職員になって潜入捜査中なのかと思ってたわーーー。

この情報は事前に知っててよかったです。

知らなかったら、勝手に勘違いして勝手にがっくりしてたと思う。

みなさん、ありがとうキラキラ♪

映画でココロの筋トレ-サブウェイ8 ということもあって、デンゼルさんの演技やらチェックしちゃったわー。

もね。

走り方が頼りない感じだし、銃をかまえる姿も腰引けてるし、しゃべりかたも笑顔もやや柔らかい。

と、素人の私にも変化に気づける演技でしたー。

俳優さんなんだから当然のことか。



映画でココロの筋トレ-サブウェイ4 ところで、この映画ってリメイクなのね。

相変わらずオリジナルの方は知らないし、事前にストーリーチェックもしていかなかったので、もードキドキキャーだったよ。

もし自分があの車両にいたら。。。ひーあせる


ボーっとしてるおバカな私もで気づいちゃう。

この計画、どーみても成功しそうにないんだもん。

しかもトラボルタ演じる主犯格のおっちゃん、逮捕されそうにない雰囲気ムンムン。

てことで逝っちゃうんだろうな。

って予想しながら観ちゃったよ。


この計画、全然かっこよくない。

だけど実行犯のライダーをノリノリで演じてるトラボルタに引き込まれましたー。


映画でココロの筋トレ-サブウェイ6

ニューヨークの地下鉄が乗っ取られたんだもん。

もちろんFBIの方々が登場するよね。

でも交渉役は、ガーバーさんが指名されちゃうの。

とばっちりはそれだけじゃなくて、ガーバーさんが抱えている問題までしゃべらされるしさ。

現金届けに行かされるしさ。

ガーバーさん、踏んだり蹴ったり。



映画でココロの筋トレ-サブウェイ7

この一大事の報告を受けたニューヨーク市長。

登場時はもしかしてボケたおっさんか? と思ったけれど、最後の方では、勘も働き、ガーバーさんへの最後の一言のシーンはよかったわ。


翌日、ガーバーさんがマスコミにどれだけ突っ込まれるやら。

というシーンはなかったけれど、市長さんが「任しておけ」って言ってたな。

もみ消されるのか?な?

ガーバーさん、命がけでがんばった甲斐があったかな。



映画でココロの筋トレ-サブウェイ5 自分が乗車中の車両が乗っ取られて、暴走しちゃったら。。。

想像しただけでゾゾゾ顔です。


それにしてもライダーは、最後の最後までのんきだったな。

歩いて移動って。。。

だからひょこひょこ走りのガーバーさんに追いつかれちゃうんだよー。


一撃くらったときのライダーのゆがんだ表情が忘れられない。

銃ってすごい衝撃なんだって実感したわ。

そんな演技を披露してくれたトラボルタってやっぱ好きだな音符


まだご覧になられてない方はぜひDVD待ちしてチェックしてねピース



サブウェイ・パニック [DVD]
¥1,995
Amazon.co.jp

サブウェイ123 激突 (小学館文庫)/ジョン ゴーディ
¥880
Amazon.co.jp


AD