生理周期による肌の変化

テーマ:

今回は生理周期による肌の変化をお話です。
それも考えたスキンケアができればもっと綺麗になりますヾ(^▽^)ノ



生理周期は平均で28日といわれています(・∪・☆)
その周期は大きく4つの時期にわけられます

①月経期----生理中の1週間

②卵胞期----生理後の1週間

   ●排卵●

③黄体前期--排卵日から1週間

④黄体後期--生理前の1週間



ではそれぞれの時期になりやすい肌状態をお話しますねヾ(o-∀-)ノ



①月経期
卵胞ホルモンも黄体ホルモンも1番少ない時期です(*∩*)

●肌が敏感になる

●乾燥・肌荒れ

●毛穴が開き気味になる

●湿疹ができやすい

などがおこりやすくなります(・_・、)
そして自然なピーリングが行われる時期でもあります◎
この時期は肌が敏感になっているので化粧品を変えたりするのは控えた方がいいですよ(゚∪゚)
栄養も水分も不足しがちなのでしっかり保湿ケアをしてあげます☆



②卵胞期
黄体ホルモンが少なく卵胞ホルモンが多く分泌されるので1ヶ月で1番肌の調子がいい時期になります(o^冖^o)♪
卵胞ホルモンのおかげでコラーゲンを増やしてくれたり水分量も高くなります☆
一番肌状態が安定しているのでスキンケアを変えるならこの時期がいいと思いますよ(ゝω・)ゞ



③黄体前期
卵胞ホルモンと共に黄体ホルモンもだんだん増え始める時期です(>_<)
以前お話したように黄体ホルモンは男性ホルモンとも言われ皮脂を過剰に作りだしたりと肌荒れに大きく関係します(・_・、)
肌はベタつきやすくなります↓
まだ肌トラブルは少ないですがストレスや胃腸の調子などが肌に出やすくなってきます



④黄体後期
卵胞ホルモンが急激にへり黄体ホルモンが多くなるのでニキビや肌荒れが一番起こりやすい時期になります(~∩~。)
水分よりも皮脂が過剰になるので角栓ができやすくなったりシミの元であるメラニンも作られやすくなります(ノ_・。)
なのでくすみや目のクマも目立つ場合があります



このように1ヶ月の中でお肌は変化します。
なので一時的な変化だけで乾燥肌だとかオイリー肌だとかは決め付けないほうがいいです(>_<)

これから生理周期の肌変化を頭にいれて過ごしてみて下さい☆
例えば…

「肌がベタついてきたな」

「毛穴が目立ってきたな」

と思ったときに生理周期をあてはめると
『そういえばもうすぐ生理だ!』
というように自分の肌変化もわかってきますよヾ(^▽^)ノ



次回はシワの原因と改善方法 をお話します☆

AD

コメント(2)