アクネ菌って(ニキビ編)

テーマ:

みなさんアクネ菌ってどんなものか知ってますか?
よくニキビケア商品の名前に使われたりパッケージに『ニキビを治すにはアクネ菌を撃退しよう!』
なんてフレーズも書いてありますよね。

でも本来はそんな悪者ではないんですョ(^□^)♪
それではアクネ菌はどんな菌なのかとゆうことからお話していきます☆


私達のお肌には「常在菌」といって常に約10種類ほどの菌がいます。
アクネ菌はその1つでみーんなのお肌に必ずいるものなんです(^^)
大きな特徴は

●皮脂が大好き

●酸素が嫌い

●毛穴の中にいる

とゆう3つがあげられます。
そんなアクネ菌がどんな働きをして、なぜニキビの原因になるのかお話しますね(^▽^)



アクネ菌は『ポルフェリン』とゆう物質を出しています。
ここまでは別に問題はないんです(^∪^)

どこからが問題かとゆうと紫外線をあびた時から変化が始まります(*n*)
紫外線を浴びることで活性酸素をつくりだします。
◎活性酸素とゆうのは簡単に言うと細胞を老化させてしまうものです。
お肌の細胞だけに限りません(ノ_・。)

これについては後日、減らす方法など詳しくお話します☆

そのつくりだされた活性酸素は皮脂を酸化させてしまいます。
例えば天ぷらをする前の油は澄んでいますよね(^^)
でも終わってから数日おいておくと茶色に変色しているのと同じです。

そして皮脂を酸化させる他に細胞を刺激して傷付けます。
それが進むと炎症がおこってしまうんです

ニキビの段階でゆうと●ニキビができるまで● でお話した黒ニキビから赤ニキビに変化する時です(゚∪゚)

アクネ菌に悪ささせない為には♪

①皮脂を必要以上に与えない

②皮脂をためない

③紫外線を防止する

とゆうことが重要になります☆



①は始めに話したようにアクネ菌は皮脂が大好物です
皮脂が多いほど食べまくって増殖します(^^;)

②も始めに話したようにアクネ菌は酸素が嫌いです。
逆に酸素がない状態はとても元気☆
皮脂がたまることで密封状態になると毛穴内の酸素が減ります
毛穴に潜むアクネ菌にとっては好都合になります(*□*)

①と②はクレンジング、洗顔をして皮脂をためない事と乳液やクリームを必要以上につけない事で防止できます◎

③は活性酸素を作り出さない為に日焼け止めをつけます☆
よくニキビがある部分には油分をさけたケアをしてとか素肌のままはよくない
と言われているのはこんな理由が隠されていたんですょ(^∪^)

アクネ菌は皮脂をコントロールしてあげれば大量に増えることもなければ悪さはしません(・∪・)
なのでバイ菌みたいに嫌わないで下さいね(´∪`)笑

ちなみにニキビ治療として行われているレーザー治療はこのアクネ菌を少なくする為に
殺菌したり皮脂の分泌を抑制してくれる効果があるそうです(o^冖^o)♪

次回はニキビとはきってもきれないホルモンとの関係 をお話します☆
AD

コメント(8)