日焼けどめについて書きますね☆

SPFやPAとゆう記号が必ずついていますがそれぞれ何を防止するかご存知ですか?(^□^)

●SPF----UVBを防止

●PA------UVAを防止

UVAとUVBがどんなものか忘れちゃった方は紫外線とお肌 を見て下さいね(^▽^)ノ



SPF1で約15~20分の効果を表します。

SPF50が最高値です。

PAは+か++か+++で表します。

+++が最高値です。

なので例えば…

SPF20 PA+++

だとするとUVBから5時間守ってくれUVAを防止する効果が非常にあるとゆうことになりますヾ(^▽^)ノ



ところで日焼け止めがどのように紫外線を防いでいるか知っていますか?(^^)

紫外線を防ぐ代表的な成分は2つあります。

①紫外線吸収剤

②紫外線散乱剤

とよばれるものです。

日焼け止めには両方配合されているものが多いそうです。



お肌に塗った時どのように紫外線を防ぐかをまず図で表します(o^冖^o)
目指せ!肌美人
①紫外線吸収剤は名前からして誤解が多い成分です(>_<)

「紫外線が肌に吸収されてしまうから危険!」など聞いたことはありませんか?

でもそんなことはありません(^^)

実際は化学反応によって紫外線を吸収剤が吸収します。

そしてそれを熱などのエネルギーに変えることで肌に入るのを防いでいます◎

目指せ!肌美人

主にUVBを防ぎます。

散乱剤よりも効果は高いんですがまれに敏感肌やアレルギーのある人は炎症をおこす場合があるようです(・_・、)



②紫外線散乱剤は紫外線を乱反射させて肌に入るのを防ぎます(・∪・)

目指せ!肌美人
これはUVBとUVAを防いでくれます。

肌への負担も少なくジェル状の日焼け止めやファンデなどによく配合されています(・∪・)

ちなみに日焼け止め特有の匂いは吸収剤の特徴だそうです◎



日焼け止めの使い方として肌に負担のかからないようにするには数値の低いものを重ねづけするといいですよヾ(`>∪<´)/

例えば顔につけるなら…

●SPF50の下地か日焼け止めのみ

よりも、

●SPF20の日焼け止め

●SPF10の下地

●SPF20のファンデ

のほうが効果も同じで負担は少なくなります(o^冖^o)

普段使いならSPF50なくても問題ありません◎

肌の弱い方は敏感肌用のものやアルコールフリー・無香料のものが安心です(o゚∪゚o)/



次回はなぜ体に比べて顔に多くトラブルがでるか?

についてお話します(^∀^)

AD

コメント(7)