テーマ:

いつもAnn-bのブログをご覧くださり、

ありがとうございます。


理学療法士の沢田です。


今回は、骨盤ベルトについてお話です。



お客様からよく、

『そろそろおなかが大きくなってきたので

骨盤ベルトってしたほうが良いですか?』


『産後、病院で骨盤ベルトを着けるように

言われましたが、

いつまでつけておけばよいですか?』


というご質問を頂きます。


率直に申しますと・・・

骨盤ベルトには、多くの種類があり、

そもそも装着に関して賛否両論あるので、

必ずこうすべき!!ということは

言えないと思います。


そのため、

当サロンでの骨盤ベルトに対する

考えをお話させていただきます。



まずは妊娠中の場合・・・

{D1F97213-8987-4670-B0E8-84A6DA4F133A}妊娠すると、赤ちゃんが大きくなっていく際に

骨盤に十分なスペースを確保させるために、

関節を緩めるホルモンが初期から出ます。

また、大きくなるおなかを支えるために、

姿勢も変化していきます。


そのため、

元々筋力が弱い方や、

姿勢が悪い方、

ヘルニアなどの持病をお持ちの方は、

体の変化に筋力がついていけず、

腰痛や股関節痛、恥骨痛などが起こる

(もしくは悪化する)ことがあります。

そのような場合は、

骨盤ベルトを使用し骨盤を固定することで、

痛みが軽減されることがあると思います。


しかし、

特に疼痛などのトラブルがない場合には、

骨盤ベルトをつけておく必要性は

ないと思います!




次に産後の場合・・・

出産時に骨盤はひどく捻挫したのと

同じような状態になります。

例えば、足首などを捻挫したときなどは、

一定期間固定して安静にすると思います。

それと同じように、

やはり産後の体には安静期間が必要です。

そのため

骨盤ベルトで固定して、

動作時に必要以上に負担がかかるのを

防ぐということは、可能だと思います。


ただし、

長期に渡って使用し続けてしまうと、

骨盤周囲の筋力が落ちてしまうため、

余計に疼痛を長引かせてしまう可能性も

あります。


また、産後の安静で最もよいのは

『横になって重力の影響を

できるだけ受けないこと』

ですので、

骨盤ベルトを着けているからと、

バリバリ動いてしまっては意味がありません。



また、妊娠中・産後に関わらず、

骨盤ベルトをしていることで、

余計に疼痛が増す場合や、

動きにくさや不快感がある場合は、

無理に使用せず、

医師や助産師に相談したほうが

良いと思います。



当サロンでは以上の考えをもとに、

骨盤ベルトの必要性を、

その方のお身体の状態を診て

生活環境などをうかがった上で

慎重に判断させていただいています。


骨盤ベルトに限らず、

腹帯・補正下着などに関しても、

どうしたらいいの?とお困りの方は

遠慮なくお尋ね下さい(^^♪


■□■□■□■□■□■□■□
マタニティサロンAnn-b
大阪市福島区福島福島7丁目14‐19‐801  
Tel: 0664540239  
ホームページはこちら♪
ご予約はこちら♪
■□■□■□■□■□■□■□








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。