どうも、ぁー坊です。
『誰も寝てはならぬ』開幕直前なのですが…1週間後に次次回出演となるアンティークスのご予約がスタートしますので、このタイミングで公演情報をアップさせていただきます(*^^*)

すっかり常連となりました、アンティークス。
今回5回目の出演です。
チームワークと丁寧な作品づくりで、今回も不思議であたたかい作品になるんじゃないかなって思っています。
よろしければぜひぜひ、観にいらしてください(*^^*)

↓↓↓




アンティークスvintage24
2018年5月23日(水)~5月27日(日)
『あしおと』
@下北沢シアター711  
脚本・演出 岡崎貴宏


ある少女が窓の外をながめている。
「その子の夢は大人になることだった」

ある大人がぼんやりとながめている
「その人の望みは必要とされることだった」

絶望と暗闇と孤独を感じているあなたに問う
「本当に大切なものは何か・・・」

アンティークスが綴る、「心の旅」の物語。


【出演】
坪和あさ美 
中村賢人 
嶋垣くらら

遠藤葵 
大里結衣 
伊藤大介(芝居企画TECALL)  
関山未来

長谷川なつみ 
あらい日向 
高橋唯子 
田中綸(劇団三日月座) 
平原穂


【タイムテーブル】 
5/23(水)14:00★  / 19:30* 5/24(木)19:30* 
5/25(金)19:30* 
5/26(土)14:00 /  19:00 
5/27(日)13:30 /  17:30

※上記は開演時間です。
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。


【チケット料金】
前売  3500円
当日  3700円

★印(初回割引)前売当日共3000円

*印(前半割引)前売3300円  当日3500円

学生割引  2800円(前売のみ・対象:大学生以下・専門学校生・受付要学生証提示)

ペア割引(要予約・前売のみ・限定販売)6000円

※全席自由席です。


【ご予約】
※4月15日(日)10:00より、受付開始です!!
上記フォームより、ご予約くださいませ(*^^*)


【劇場】
下北沢シアター711
東京都世田谷区北沢1-45-15


↑↑↑

以上です。
最後まで読んでくださりありがとうございます。

すでに稽古ははじまっております。
わたしは、feblaboの稽古のため、まだ顔合わせもできておりませんが、既にチームワークも相性もよい感じだそうです。
主宰の岡崎さんが、いつも以上に力をいれていたキャスティングなだけありますね!!
合流がとてもとても楽しみです!!
ちなみにぁー坊、ついにトップクレジットとなりましたー。
アンティークスベテランなのでねー(^q^)
素敵なメンバーのみなさんと、素敵な作品をお届けします!!
よろしければぜひぜひ、観にいらしてくださいませ\(^o^)/
4月15日の10時より、ご予約開始です。
皆様のご予約、こころよりお待ちしております(*^^*)
それではまたー!!
どうも、ぁー坊です。
さいきんほんっと、ブログサボリマンすぎるなあ。
元気に過ごしておりますですー!!
今年なかなか観に行けてなかった、舞台観劇もちょこちょこ行けて、たくさん刺激をもらっています。
それから、話題の映画、グレイテストショーマンを昨日突発でみにいきました。
涙止まらないです。
ショー、舞台、お芝居の可能性を感じて、わたしもこの世界の片隅でそういうものに、ささやかでも関わっているんだなと思うと幸せでした。
それから、大好きなミュージカル映画をいくつか思い浮かべるシーンもあり、楽曲の素晴らしさや、魂のこもった歌、ダンスに感動。
あと、主人公の奥さんチャリティにいちいち感情移入してしまって、しんどかったです。
ちょっと分かりすぎるとこあってー。
リピートしたい、素晴らしい映画でした。
あれは映画館でみるべきって言ってくれた方と、突発で誘ってくれたももちゃんにも感謝ですー。
お芝居っていいなあ。
これは、そんなわたしの次の舞台『誰も寝てはならぬ』稽古初日後の懇親会でのお写真ですー。
個性豊かかつ、かっこいい皆様。
楽しくて、それでいてしっかりと自分を持っている、強そうな方々です。
ご一緒できるのが幸せ。
素敵な作品をお届けできるようがんばると同時に、たくさん吸収できそうです!!
『演劇を復活させる』という作品であるとともに、『この作品も10年ぶりに復活させる』と、演出の池田さんがおっしゃってました。
10年前の戯曲なんです。
ワクワクしちゃいます。
どんな復活になるか、楽しみにしていてくださいね!!
それではまたー!!



【次回出演】
feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「誰も寝てはならぬ」
 
2018年4月12日~18日
@新宿シアター・ミラクル

脚本:友寄総市浪 
演出:池田智哉(feblabo)

詳細はこちら!

ご予約はこちら!
よろしくお願いいたします(*^^*)



どうも、ぁー坊です。
ミラフェスの当日パンフレットでは、ちょろっと載せていたのですが、4月の半ばにおこなわれる、feblabo×シアター・ミラクルプロデュースの舞台に立たせていただくこととなりました!!
作品は、国道五十八号戦線さんの『誰も寝てはならぬ』ですー!!
昨日台本をいただいたのですが、ワクワクしちゃいましたー!!
そして、あまり普段やらないような役をいただくことになりそうです!!
稽古が楽しみ!!
とてもすぐな日程なのですが、1週間ほど上演しておりますので、お時間ありましたらぜひぜひ、観にいらしてください(*^^*)

↓↓↓




feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
『誰も寝てはならぬ』

2018年4月12日(木)~18日(水)
@新宿シアター・ミラクル

脚本:友寄総市浪
演出:池田智哉(feblabo)


【INTRO】
演 劇 は 絶 滅 し ま し た

そこは落書きだらけの寒々しい劇場跡。
演劇の絶滅した世界で、演劇を復活させるべくプロジェクトが立ち上がった。
遺伝子学的に演劇に適したDNAを持つ人間を集め、いうなればコモドオオトカゲから恐竜を復活させようというのと同じ一大人体実験。
訳もわからず集められ閉じ込めた面々を前に研究者はうそぶく。

『成功するまでが実験です』

図らずもあきらかに人間性が破綻している有象無象が集まったのはDNAの神の囁きか演劇の悪魔の悪戯か。
さんざんゴネまくった末いざ動き出したと思いきや、七回起きたと思ったところにやはり転ぶ八回目。
どうにかこうにか形に成したと思っても、何かが足りない。
台詞をいれ人間が動くだけでは演劇は復活しなかった。
こうなれば。

研究者はある重大な裏切りをはたらく。世界をひっくり返しかねない、重い重い反逆。

『誰も寝てはならぬ』、

そんなオペラの一節の落書された埃まみれの劇場跡で、果たして演劇の復活はなるやならざるや。

異色異端の楽屋モノ、COMING SOON!


【CAST】
伊藤圭太
伊藤貴史(劇団ミックスドッグス)
グレートニュームラマツ(劇団鋼鉄村松)
塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
坪和あさ美
ニシハラフミコ(いちごドロップ)
沼田天音
福富朝希

【TIMETABLE】
2018年4月
12日(木) 20:00初
13日(金) 20:00
14日(土) 14:00/18:00
15日(日) 14:00
16日(月) 20:00
17日(火) 15:00昼/20:00
18日(水) 19:00
※受付開始・開場は開演の20分前です。
※初:初日割引
※昼:平日昼割

【TICKET】
前売・当日:3,000円
初日割引:2,500円(12日20時のみ・当日可)
平日昼割:2,500円(17日14時のみ・当日可)
U-22割引:2,000円(来場日の時点で22歳以下対象・要年齢確認書類提示・当日可)
U-18割引:1,000円(来場日の時点で18歳以下対象・要年齢確認書類提示・当日可)


【ご予約】
上記フォームより、ご予約くださいませ!(坪和扱い)

チケット発売日は、
2018年3月25日(日)AM0:00~
です。

【劇場】
新宿シアターミラクル

【feblabo公式サイト】

↑↑↑

以上です。
最後まで読んでくださりありがとうございます!!

ご予約は、3月25日に開始です。
なんとなーく、あたまの片隅に入れておいていただけたら、嬉しいです(*^^*)

今回は、ミラフェスEx回でちょろっとご一緒した方もいますが、ほぼほぼ初共演まつりです!!
今年はシアターミラクルにご縁があるなぁ。
久しぶりに、会話劇に出演ということで、ドキドキしておりますー。
強そうな共演者の皆さん(勝手なイメージ。笑)と、この脚本がどんなふうに立体になってゆくのか、楽しみです。
皆様にも、楽しみにしていただけますように!!
年度始めのお忙しい時期とは思いますが、ご来場お待ちしております!!
それではまたー!!