アンカー星人のロードバイク日記。

ロードバイク・サイクリング・ポタリングに関するブログです。
自転車ライフの楽しさをお伝えします。
LINKして熊本県を中心とした九州のスポット等を時折ご紹介させていただきます。
また、人と人との輪を広げられれば尚Good!


テーマ:

 

ずーーーっと前から気になっていた所に行ってみる。

 

国道3号線を北上し、鹿北町へ入って県道18号線の岩野川沿いを上り、

 

 

 

 

廃校になった岳間小学校の手前を直進し

 

 

更に上って行くと、茶畑が目立ってくる。

 

 

この辺りは、岳間茶発祥之地らしい。

 

 

岳間茶はその昔、肥後細川藩主、忠利公の命による献上茶であったということ。  フムフム。

 

 

また、この辺りは くまもと歴町50選の一つ。

 

 

なるほどね。

 

 

更に上って、岳間(熊本県山鹿市)と八女(福岡県)の境目辺りで補給食。

カロリーメイトに、口の中の水分を全部持って行かれる。

 

 

根引峠を下り始めたら、メタボ気味のタヌキと遭遇。

 

 

そして、矢部の日向神ダム湖から、杣(そま)の里方面へ

 

 

ひたすら上って行く。

 

 

 

 

どこかで聞いたことのあるフレーズ。

“天空の○○”。

 

 

“あと○Km”という表示がある所は、大体きつい。

 

 

その秘境に到着。 向こうに見えるのが、

 

 

この大きな吊橋。

本日のモチベーションの一つ。

 

 

これを目掛けて、きれいに整備された敷地内をエッチラホッチラ登って行くのだけど、あ~、きついきつい。

 

 

 

 

ようやく着いた~。

と思ったら、何故かフェンスの外側にいる。

 

 

そしてなんと、フェンスの入り口には南京錠!

エ~~~ッ?!

 

 

ウソでしょ~!? (※紅蘭)

 

 

なので、一旦引き返し違うルートを登って、

 

 

何とかフェンスの内側にある

 

 

杣の大吊橋へ到着。

 

 

ここを対面へと進んで行く。

 

 

下を見ると いい景色~。 のはずが・・・

うわ~、怖い怖い。

高所恐怖症なので、1/3位進んだ所で引き返す。

 

 

そこから更にロードバイクで釈迦岳を目指し、ヒーコラ上って行く。

車は殆ど通らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何とか頂上へ到着!

 

 

と思いきや、案内板を見ると、

 

 

釈迦岳頂上まで、あと 0.9Km!?

エ~~!?

 

 

ウソでしょ?!

 

 

まあ、SPDだし。。。

 

 

ロードバイクはここに置いて、腹をくくってハイサイ開始!

(※ハイサイ・・・みきたかさん命名)

 

 

とは言えど、中々ハードなハイサイな訳で。。。

 

 

己の内にある邪念を見透かされたり、

 

 

悟りの境地にいる カッコウの声を聞きながら、修行僧の如くひたすらハイサイ。  というより、登山。

 

 

頂上手前では、まさかのロッククライミング。

 

 

そして、や~っと登頂!

お釈迦様に手を合わせる。

 

 

お釈迦様の見つめられる方角。 

素晴らしい景色。

 

 

釈迦岳は福岡県八女市と大分県日田市との境界にある標高1231mの山で、九州百名山の一つに数えられている。

ということ。

 

やっと来れて満足!

 

再びロードバイクにまたがって、下界へ直行。

自転車ってこんなに楽なんだ~。と実感する。

 

 

日向神ダム湖近くにある

“八女市矢部市地区観光物産交流施設 杣(そま)の里”へ。

 

 

ここで、清流を見ながら

 

 

オススメと表記してあった “そま蕎麦” をいただく。

おにぎりは、何故jか店員さんがサービスしてくださった。

もしかして・・・これって、ご利益?

ありがたや~。

 

 

以前は、日向神湖まで来ても食事処がなく素通りしていたけれど、こういう施設ができると今後のモチベーションに繋がりそう。

 

 

慣れない登山で、走行距離(81.3Km)の3倍疲れたな~。

 

 

ウソでしょ!?

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。