鹿島アントラーズと歩むブログ

鹿島アントラーズに関する所感/考察/想像(妄想)を書いています。 戦術詳細より、選手プレーや心理、及びクラブ・監督の戦略が中心かも。 ◎専門家(含GELマガ)から一般人まで世論は読まず、自分が率直に思った是々非々で書いてるので『くさや系ブログ』かもしれません(^^;


テーマ:

 

ご無沙汰しております。

 

今までもスカパーオンデマンドで、

都合ダメな時以外は、鹿島の試合見て

おりました。

 

ようやく、スカパーアンテナを再び設置できる日の

見通しが立ち、じきHD画質で再びみられる様になる

ので、

 

そのウォームアップも兼ねて、最近の一連に

ついての鹿島関連の個人感想を書いてみます。

 

 

まず、ムーの一件ですけど、

オンデマンド画質で見る限り、

ムーも「普段なら、そのままピッチ外に出る所

だけど、元同僚ファブリシオの初出場だから、

エールを送りたい」意思だったのでは

と、私には映りました。

 

でもそれが結果的に、

石井監督とタッチする流れになってしまい、

ムーとしては当然「何故自分を変えるんだよ」

という気持ちが再燃してしまったのかな、と。

 

この真相ばかりは内部関係者しか

知る由ないですが、その後の鹿島内での

収まりの早さをみると、この仮説は

概ね当たってる気がします。

 

(最近は音声消して見てるので、

もし中継内音声により既出だったら、

スルーして下さい)

 

 

ただ、ハリル代表監督の立場としては、

「他の代表候補選手の手前」もあるし、

 

サッカー界の本番、W杯アジア予選初戦前

という事もあり、「ここで自分が釘を刺さない

と、W杯本戦出場も危うくなる」

 

などなどの気持ちもあって、

敢えて、会見で触れる事にしたのでしょう。

これはこれで、仕方のない事です。

 

 

個人的には、今後のムーに関して

特に悲観していません。

 

鹿島での活躍はもちろん、

「激しさ」を基本的に好むハリル代表絡みに

関しても。

 

「こういう風に、全てのタイミングが驚く程

重なる時って、たまにあるんだよな」

というのが、私の率直な感想です。

 

 

それで、今朝のニュースでは、

「急転、石井監督続投へ」となっています。

 

人間、心労が重なった時には、

“その人の一番弱い部分”に最初にしわ寄せが

出るようだ、と経験則的に感じています。

 

川崎時代の関塚さんだったら、それが不整脈

だったし、内臓系に出る人もいるし。

 

今回は雰囲気的に、自律神経系の症状が

出たのかなと、推察しています。

 

 

ずっと推理続きで申し訳ないですが(苦笑)、

おそらく昨日・その分野の専門医診察を

受けたのでしょう。

 

その結果、嬉しい予想外な事に、

専門医から「幾つかの事に気を付ければ、

監督業務続行可能」な旨の診断だったのかも

しれませんね。

 

 

正直言って、本当に嬉しいです。

おそらく石井監督の心労の大半は、

ムーの件ではなく、

 

「内容は悪くないけど、結果が全然出ない。

スルガ杯も逃してしまった。本来、鹿島という

クラブでは、あってはならない事。

それでもここで、自分がブレちゃいけない」

 

だったのでは、と自分は思ってるので。

 

 

そして、横浜戦の修正の遅さ(特に前半)を

見るにつけ、「そりゃ、大岩コーチにはまだ

早いよな」感は、否めなかったからです。

 

 

先に関塚さんの例を出した様に、

「1度目の監督業で、初めて厳しい局面を

迎えた時に心労が溜まり体調崩す」のは、

ごく一般的な事と思います。

 

鹿島の場合、スポ新に対して

「オープンにして問題ないものは、できる

だけオープンにして、メディアともうまく

やっていく」

 

いうスタンスでずっとやって来ているので、

おそらく、石井監督続投リリースが今日ある

でしょう。

 

 

本当に、その正式リリースが待ち遠しいです。

 

川崎も浦和も“お付き合い”してくれたので、

まだ、年間1位=CS第2戦開催権も射程圏内。

 

是非、カシマでリーグタイトル奪還の瞬間を

迎えたいです!!

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鹿島アントラーズ、1stステージ優勝をまず獲りました!


この1stステージも、他チームが、少し前までの鹿島と

同様、終盤になって硬さの出た部分がありました。


なので、満男やソガがいるウチに、今日の様な

「大一番でも、いつも通りの戦いができる」

という“勝ち癖”を身に付けられた事が、

本当に、今後に向け大きいと思います。



「目の前にあるモノは、全て勝ち取る」を

今日、杉本やブエノといった代役も出ている中、

実践し、1つの果実を得る事ができ嬉しいです。


今日の勝ちも、最終目的である「CSを勝ち、

リーグ優勝」に向け大きいと思いますし、


更なる“勝ち癖”を求め、

次の2ndステージも優勝しましょう!!



最後に、

青木・ジネイと今日の試合で別れねばなりません、

今まで、鹿島の為にありがとう!

よい形で、送り出す事ができ本当によかった。


2人の今後のサッカー人生にも、

幸多からん事を願っています。



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも、弊ブログをお読み頂き、

ありがとうございます。


私事ですが、

住んでる家周辺で工事がある関係で、

スカパーアンテナを数カ月間外さな

ければ、いけなくなりました。


スカパーオンデマンドで、

試合自体は見られるのですが、

小画面のデバイスしか持っておらず、


ブログに自信を持って書ける程の

試合レビュー等は、しばらく書けなくなる

見込です。


なので、現在の所、

スカパーアンテナを再び付けられる

数か月後まで、


ココは更新のない可能性がある事を、

お伝え致します。



再びブログを書ける様になったら、

訪れてやって頂ければ幸いです。


今後とも、よろしくお願いします。



鹿島アントラーズファミリーの力で、

今年、絶対4つタイトル獲りましょう!!




AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

相手のFC東京に『ACL疲労があるなりに勝てる
ゲームプラン』のある事が、垣間見えただけに、


リーグ中断前のポイントとなる一戦で、
「鹿島らしい勝負強さが戻って来た」と言える
大きな勝利を挙げられましたね。



今まで、交代采配については好結果を連発し、
盤石の信頼感を持って見ていられる石井監督
だったけれど、


昨年の天皇杯早期敗退もあっただけに、
今日の事前情報で、正直私は半身半疑だった
カイオ・優磨の先発起用が本当に効いて勝てたので、


今日の勝利自体も大きいけど、
今後のシーズン展望も明るくなったと、
大いに喜んでいます!!



そして、残り10分辺りでFC東京が落ちてきて
からは、多くの鹿サポが「2点目を取れ!」で、
通じていた事と思います。


そんな中「今年、2点目を取れない原因かな…」
というモヤモヤ感を持たれていた、岳のピタリ正確な
クロスからの得点だったというのは、象徴的でしたね。


前回ホーム鳥栖戦時は“ホーム開幕”という事を考慮して
私は触れなかったですが、やはりホームでは
2点差以上をつけて勝ちたいし、とてもよかった!



しかし、本当に気を抜いてる暇はない。
7チーム中2チームしか勝ち抜けないナビスコ予選、


大車輪活躍のムーと、
安定成長した源&植田が抜けるが、
来週の2試合もきちんと勝ち点獲らないと苦しい。


ナビスコ予選は『国内3冠を狙う上での第1難関』
と言っても過言でない、と私は考えています。


ブエノが故障中という事もあり、サテで失点多いが、
どんな形でも勝ち点を積み重ねてゆかねばならない。


今週水曜・土曜のナビスコ予選も、ホームでは
必ず勝ち、アウェイでも最低勝ち点は持ち帰りたい。


鹿サポの1人として、ナビ予選に対しても、

より強い気持ちを、TV越しでも送るつもりでいます!!




コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日はカイオ&優磨投入が嵌らず2点目を取れず、
1-0のまま進み、最後はヒヤヒヤ勝利となった。



しかし、シーズンで全タイトル獲る事から逆算した場合、
『満男の年齢的なモノ』と『金崎への依存度の高さ』は、


実際に露呈する前に考慮に入れていかないといけない
だろう、と私は感じていた.。


なので今日の鳥栖戦で、敢えて永木を投入して
チームにフィットさせてゆこう、という石井さんの
采配を、私は評価しています。


ガンバ戦で、終盤に三竿を投入した采配にも、
私は同様の意図を感じていました。



昨年はシーズン途中就任だったから、石井監督の
そういった部分を計れる機会が無かったので、


今年初めて、シーズン始まりから
采配をふるう石井監督を見ている訳だが、


こういった『先を見据えて、リスクも冒した選手起用を
しつつ、勝ち点を重ねている石井監督』は、鹿島の監督
として、大いに評価されてよいのでは、と思っています。



今日は、結果的にホームとしては“渋めの試合”となって
しまったが、鹿島の目的は、あくまで『全タイトル獲得』。


応援する私も、『実りの秋・冬』のイメージを忘れず、
「獲るべくして、全タイトルが獲れた」となるよう、
今後も、一喜一憂し過ぎず応援を続けたい。


今の所、「流石、鹿島の初代日本人キャプテン」と

言える采配を、石井監督がバランスよく執っているので、


私は、今年の今後への楽しみが、

更に膨らんでいる所です!!





コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。