やっぱり戻します。

テーマ:
このブログをご覧いただいている皆さまへ:

中国では日本のブログがいくつか規制対象となっており、
私の元のブログ もブロックされていると聞いていたので、
慌ててこのアメブロを立ち上げたわけなんですが、
世の中、色々考える人がいるもので、
とあるサイトを経由すると、私のブログにも問題なくアクセスできるということを教えていただきました。

ということで、
どうもこのブログは使い慣れていないせいもあるのですが、デザイン等もあまり好きになれないので、
次回からは元のブログに戻って更新を続けたいと思います。

中国にお住まいの皆さんも、
こちらのサイト を経由されると見られると思いますので
良ければお越しくださいませ。



AD

台湾国語と普通話

テーマ:
今日は夕方から雨がポツポツ降ってきました。
会社を出た時、湿度100%くらいの勢いで空気がネットリ。

敢えて、北京。

さて。
今回北京に来るに当たって、
すっかり台湾風に染まった私の中国語では相当苦労するだろうな~とドキドキしていたのですが。

今のところ、意外と大丈夫です。

会社がかなり大きな組織で、事務所には南方も含めて全国から人材が集まっているようです。
広東省の人もいて、発音も文法も台湾国語と近いので嬉しくて仲良くなってしまいました。

でももちろん、現場レベルだと北京っ子の人もいます。
その場合は、一語一語ハッキリ聞き取れているわけではないけれど、大体意味は分かるという感じ。

といっても台湾人は今のところいないので、周りは全部普通話。
普通話のシャワーを全身に浴びながら、「あぁ、あったよあったよ、こんな言い回し(笑)」と一人懐かしがっています。
「私、おもいっきり台湾国語だから可笑しいでしょ?」と内モンゴルの人に聞くと、
「大丈夫。最近は台湾ドラマも流行ってるし、みんな好きだよ」って言ってくれました。

台湾では殆ど使わないけれど、普通話でよく使う言葉の代表格は、
「赶紧」「挺~」「咱们」「(OKの意味の)行」「啥」「(接続詞としての)完了」等々。
アル化はまだ自分で照れてしまっ てあまりできません。
徐々に慣らしていこうと思ってます。

写真は天安門の近くの路地で見つけた四合院レストランの中庭。
週末はこういう雰囲気のオシャレカフェを探しに行きたいと思ってます。

【追記】
さきほど、とある方法を使ってみたところ、北京から元々のブログにアクセスできてしまいました。
なので、もしかしたらそっちに戻って継続するかもしれません。
元のブログ のほう、正常に更新できているか確認してみてもらえると嬉しいです。
AD

中国のシリコンバレー

テーマ:

敢えて、北京。


今住んでいるホテルから一番近所の賑やかな場所は「中関村」というエリアです。
この辺りはIT企業が集まっているので、中国のシリコンバレーと呼ばれています。
しかも地下鉄の駅の付近はパソコンショップや電器店がひしめいていて、中国の秋葉原とも言われています。

他にもカルフールやセブンイレブン、スタバ、ユニクロ、H&Mなんかもあるので、
週末遠出したくないときはここで済ませることになりそうです。

一つ一つのビルが巨大で、数ブロック歩くと相当疲れます。
昨日は一昨日より暑くて、38度くらいあったかもしれません。

敢えて、北京。

ここで、「鹿港小鎮」というレストランを教えてもらいました。
台中にある小さな古い街の名前が店名なので、どんなお店なのかなと思ったら、
こんなにオシャレ。
メニューもあんまり台湾とは関係なさ そうなのもありましたが、どれも美味しかった!
左から、ピータン入りのスープ 、坦々麺、酸っぱいキャベツと春雨の炒め物。
またまたお腹いっぱい食べちゃいました。
北京に来てまだ3日目ですが、毎食お腹いっぱい食べてるので、
すでに2キロくらいは太ったかも!
敢えて、北京。

AD

北京生活開始!

テーマ:

敢えて、北京。

北京生活、無事スタートしております。
金曜日移動で来ていきなり土日ですので、観光+買い物で動きまわってます。
この写真の空は青っぽく写ってますが、実際の空はスモッグがかかっていてほぼ真っ白です。
気温は表示がどこにもないので確認できていませんが、
体感的には思っていたよりはマシです。35度あるのかな?風もあって、木陰に入ると涼しいです。

昨日はまず真昼間に天安門の辺りをふらふらとさまよったあと、
朝陽区にあるイトーヨーカ堂に行って生活用品の買い出し。
結構何でも売ってあるので、「入手できなくて困る!」というものはあまりないかも。

しかし北京は広いです!
住んでいるホテルが北京大学の近くで、北西の端っこになるため、
南東の端っこにあるイトーヨーカ堂からはタクシーで環状道路を30分くらい走りました。
いわゆるオシャレカフェのある辺りも、地下鉄で4回くらい乗り継がないと行けない模様。

とりあえず、ホテルも会社もクーラーはガンガンに効いているので、快適です。
ネットもサクサク動いてます。



以上、北京第一報でした。
写真は初日に食べたミニ白菜と春雨の料理。
醤油ベースのタレが最高!
このでっかい一皿で22元(330円くらい)です。