映画の缶詰

面白くてもイマイチでも映画を観て思ったことを
好き勝手書いています。いわゆる映画の備忘録。


テーマ:

18世紀のパリ。魚市場の片隅で

一人の赤ちゃんが産み捨てられる。

彼の名はグルヌイユ。彼は小さい頃から

嗅覚が人一倍優れ、やがて天才的な

香水の調合師となる。

しかしグルヌイユは街でであった少女の

匂いが忘れられず究極の香をもとめて

殺人を続けるようになる・・・。


倫理観がまったくなく、香に誘われるまま

次々にキレイなお姉さんを殺害しては香を

抽出し13種類の女性の香を調合するグルヌイユ。

クンクン鼻をならしては恍惚の笑みをうかべる

グルヌイユ役のベン・ウィショーは変態そのもの(笑)


グルヌイユは体臭がないから自分の存在を

感じられない・・みたいなことを言ってましたが

これからの汗臭くなる季節、ある意味それって

うらやましいと思いつつ観ていた私です。


ま、とりあえず、究極な匂いフェチの変態映画とでも

いっておきましょうか?


でもただの変態映画じゃなくおもしろい!

女性の香の抽出方法なんか

あんなんじゃムリっしょ?とか

13人の女性から作り上げた香水で街の人々が

ホニャララになってしまったり

あのラストはゲゲゲゲ~?それってアリ?

でしたが映画の中では何度私も鼻をクンクン

鳴らしたことでしょう。


好き嫌いはあるでしょうが、オドロオドロした

猟奇的殺人に飽きたかたは是非ごらんください。

「美しい猟奇的殺人」です。




杏の休日 ★ 別館 ~映画館~



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

あんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。