はい、表題のとおりでございます

芸術の秋とかっても短すぎると思うんだ
一季節でやれる芸術ってそもそもナニヨ…( ̄_ ̄ i)
とか思いつつなんとか実行してみようと頑張っています
まあ芸術とはいいがたいんだけども(ゴニョゴニョ

とりあえず!!
本日で人生3冊目のネタ帳が埋まりました≧(´▽`)≦

今までで一番小さいネタ帳だったが…
埋めるのに結構な期間を費やしたものだ

というかそもそも僕はあんまり書き留めないタイプ
書き留めてもあとから読むと意味がわからないし
それなら頭の中で変化していくのを楽しみたいのだ

それで、今書いてみようかなーと思っているのはこの3つ

①「タイトル未定」
  今からちょっとだけ未来のこと
  どっかの国(決めてない)の研究施設で
  極秘裏にあるものが発明された
  それは『自分の生涯』を自由に行き来できる機械
  いわゆるタイムマシンというやつだ
  主人公(まだ設定決めてない)は
  やり直したい過去があるんだかないんだかで(決めてない)
  その機械を使って過去に行ったり未来に行ったり
  でもひょんなことで機械の設定が生まれる前の年代に…
  目を開けた彼が目にしたのは『自分ではない誰か』
  生まれる前の自分、前世の自分だったのだ!
  (来世でもいいかなーとか思ってる。)


②「ファンタジスタ」
  丸の内で働くOLのA子(仮定)はいつもイライラしていた
  何が原因かなんて知らないがとにかくイライラ
  もういっそ気でも狂ったほうが楽なんじゃないかしらん?
  なんて思うけれど意外にもタフな彼女は
  どうにもおかしくなんてなれそうもない
  どっかに白馬とか転がってないかー
  このさい木馬でもいいわ金持ってれば!
  とやや投げやりになったりしている彼女の日常(?)を描く
  『丸の内OLファンタジー』
  (ちなみに5ページくらいでクビになる予定。OLですらない)


③「タイトル未定」
  目を開けるとそこには真っ白な扉があった
  扉だけじゃない、あたり一面真っ白だ
  まるで雲の上にいるみたい
  「ああそうか、俺は死んだのか」
  思い当たることはある
  野良猫を助けて(?)車にはねられたのだ
  思い残すこともないので扉に手を掛けてみるが
  鍵が掛かっているのか開かない
  見ると扉には文字が刻まれている
  『生きた証を示せ。(英語とかのが格好付くかな)』
  それから彼は探し続けることになる
  自分の生きた証というものを何度も何度も生まれ変わって…
  なぜならば…未だ彼の前には
  『天国の扉は開かれていない。』のだから



というのを考えてます
とりあえず短編にしてみて
いけそうだったらそのまま盛って長編にします

①はシリアスな感じで攻めていって
②はとにかくクレイジーに
③はハートフル&コメディ風にいくのだ!

とくに②の「ファンタジスタ」は最も書きたいネタ
「なんだとぉぉぉ!? こんなふわっふわのコートが5万!?
 ふざけんじゃねぇぇボッタクリかこら!!
 どんだけふわふわしてんだコラァァァァ!!
 こんなん着たら…お前…このやろぉぉぉぉぉ
 私が今年いくつだと思ってんだ馬鹿にしてんのかぁぁぁぁ!!
 えぇぇぇっい!!ちっくしょー!!買ってやんよオラァァァァァ!!」

というのをいわせたくていわせたくて仕方がない
ビール瓶片手におろろんおろろん泣かせたい!
というか最近OLという単語に異常に反応してしまう

ええ、OLが好きですが何か?
働く女性が好きですがそれが何か?
『場末のバーで愚痴聞きながら一緒に飲みたい』
とか思ってますがそれに一体なんの問題があると!?

とりあえず弁解させて欲しい!
おかしいのは僕の脳みそであって心ではないと!!
この心はいつまでも純真無垢で清廉潔白であると!!

ふぅ…書きたいこと書いたらなんとなく落ち着きました('-^*)/

ちなみに僕の書くお話は
ネタがベターでありつつもどっかおかしい
何故ならベッタベタの展開が嫌いだからです
『驚きの展開!!』とか『予想外の~』とかもないです
あれってそれなりに物語に触れている人なら予想つくし…

『あるものがあるべきところに帰る』
それこそが王道であると思ってます

それからテーマなんてものも一々考えません
それは読み手が勝手に創っていくものであって
作り手が押し付けるもんじゃないと思うからです
これは批判になっちゃうけど…
作品に一々テーマを望む人間は物語を理解していない
人間の人生というものにテーマなんてものがあると思うかい
一人ひとりがテーマを背負って生まれてくるわけがないだろう
それは自分や他人が勝手に決めて良いこと

誰しもが好きに生きて良いんだよ迷惑かけなければ!!

とりあえず3作品ともオトシドコロは見当つけているので
書くのはそんなに難しくはないです
モチベーションが保てればね…( ̄_ ̄ i)

AD

コメント(6)