某都市の某有名女装スナックに行ってきました。
色々考えたけど、やっぱり店の名前は伏せた方がいいと思って「某」。
純粋に・・・楽しかったぁ。

前々からその都市には出張でよく行くし、そこにその手の人達には老舗の有名店があることはわかっていた。
でも、足を運ぶと言う心情では全くなかった。
それが、どうしてだろう・・やっぱりどこか寂しいのかなぁ。
もう、ウン十年この世界とは無縁だったはずなのに。

地図を見て、店自体はすぐに見つかったけど、入り口の前を数回行ったり来たり。人が来るとちょっと隠れて知らないふりしてみたり。
何か学生の頃みたいな新鮮な心境になった。

店に入ると、私は出張で立ち寄ったサラリーマン。
女装に興味があるの?女装子が好きなの?と店のお客さんに色々聞かれた。さすがに店のママさんはヤボな事言わなかったけど。
私は初めて入った初めてのお客なのに、お店のお客さんが気さくに話してワイワイやるのは、こうゆう店特有のノリなんだろうなぁ。

ちょっとビックリしたのは、最近はコスプレ系の若い人達が来てアニソン歌って盛り上がる時もあるみたいで、時代も変わったな・・と、うなずいてしまった。
相変わらずなのは、ハッテン場の、あそこ行ったココ行った。あの人とどうこう・・と言う話。
やっぱりこの世界は幅も奥も深いわぁ~と、それもまた楽しい。

昔はアングラな雰囲気があったこの手のスナックだけど、今はある意味市民権も得てたくましくやっている。
経営大変なのかなぁ。でもこう言う店は消える事はない必要枠だよなぁ~なんて余計なことまで考えながら、静かにビールを飲んで帰りました。

楽しかったよぉ
また行っちゃうかも。。

AD

曾根崎心中

テーマ:

江東区文化センターで「曾根崎心中」を観劇してきた。
あまりココに書いた事はなかったけど、芝居は年に数回見に行っている。
それでも今回は随分久しぶりかぁ。


相愛の若い男女、徳兵衛とお初の心中の物語


何も死ぬことは・・と現代感覚では思うかもしれないけれど、
そこにしか行き場がなくなる二人の思い。
愛する人を刺せない徳兵衛の葛藤。


人には、どうすることも出来ない事柄がある。
折合を付けられるくらいの事ならまだしも、
決して譲れない事柄もある。


決して譲れない事柄を抱えた者は、
決して満足することも、
また出来ないのであろう。

AD

もやもやする気持ち

テーマ:

私は平々凡々と暮らしている。


悪いことをしてしまったのか・・・
順風満帆なのか、
多少の波乱万丈も面白い・・


場面と・・その時の感情でいろいろな気持ちを自分の中で説得しながら生きている。


平凡が一番だ!と思いながら、何か刺激を求めている自分もいる。
職場も、仲良しこよしよりも、誰かと誰かがぶつかったり、何か問題が起きたりするのを密かに待っている様な自分がいる。


これって真に「他人の不幸は蜜の味」と言うやつであろうか。
意地悪、突っ張って、他人と違うことをやりたがる。


まだまだ、私は子供なのかもしれない。

AD

微熱

テーマ:
悔いの無い生き方をしたい。最近特にそんなことを考える様になったのは、きっと自分の人生が見えてきたからだと思う。

迷った時には出来るだけ、自分の本能に従い、周りを考えずわがままになる様にしている。

後で後悔したくない。事を起こさずに悔やむなら、起きた事態をその場その場で対処した方がいい。
そう仕事とは逆で、本質改善よりも対処療法。

今はそんな事しか、考えられない。


あまり昔のことを思い出したくなくて、意識を反らすことが多かったけど。


あるキッカケで蘇ってしまいました。


でも、イヤ・・・って自分に問えば。
イヤではない。
良くもないけど・・。


今の自分を形成してきたモノと、上手く付き合って、前を向いて歩く。


それでいいんだよね。


女装マゾ秘書の日々-1503a
今日はドキドキの焼成をしました。
キットに含まれているシルバーポットと言う優れもので焼を入れます。

ポットの中でメラメラと炎があがり、何か神聖な気分になります。
いろいろな事を考えながら炎を見つめていました。
で・・約15分くらいで終了。


女装マゾ秘書の日々-1503b
あとは金物ブラシ→ヤスリ→シルバークロスの順で磨き、念願のシルバーアクセサリーの完成です。


決して上手くは出来なかったけれど、自分で一から作り上げたモノで愛着はひとしおです。


女装マゾ秘書の日々-1430
毎日忙しい日々だけど・・
このゴールデンウィークは10連休。


だらだら過ごしてしまうのもイヤだなぁと思って、前から気になっていたアクセサリー作りに挑戦してみました。


買ったキットは、三菱マテリアルから発売されている純銀粘土PMCシリーズ。


これは粘土状の銀の元?を好きな形にして焼き入れをすれば、何とシルバーアクセサリが出来てしまうと言う優れものです。


さっそく粘土をコネコネして、リングを製作。


これは指輪ではなくて、ペンダントにする計画。


イメージはハイビスカス散らばるハワイアンアクセサリー。
さて、どうなることやら・・楽しみ楽しみ☆