筑後市の基礎医学を大事にする かげ○接骨院、整体院/5万人以上の患者様に対応の実績   

急なケガや長年の身体の不調にお悩みの方専門の接骨院、整体院です。


テーマ:

 

こんにちは!

 

 

かげ○接骨院・整体院の鹿毛です。

 

 

 

お勤めをしていた時、いつも、

 

 

自分で院をしたいなー。

 

 

と思っていました。

 

 

しかし、そんな勇気もなく時間は過ぎていっていましたが、

 

 

それでも、やはり

 

 

自分でしたいなー。

 

 

というものが浮かんできていました。

 

 

でも、でも、

 

 

怖いな。

 

 

という考えがすぐに出ては消え。

 

 

その繰り返しでした。

 

 

特に仕事に行く月~土は

 

 

それなりに忙しく、やりがいも感じていたので

 

 

このまま、ここで仕事を続けてもいいかも。

 

 

週末、祭日には家族と一緒に過ごしたり

 

 

どこかに行ったりする、

 

 

この幸せもいいかもな。

 

 

毎月、お給料入るし。

 

 

なんてことが、フッと頭によぎっていました。

 

 

でも、休日になると、

 

 

なんか違うぜ、

 

 

と身体の中から沸き立つ何かが出てきていました。

 

 

そんな1週間の思考のサイクルをうっすら認識はしていました。

 

 

ある日、何年振りかの発熱で仕事を休む日がありました。

 

 

前日の夜から熱が出て、翌日はだいぶん下がったのですが

 

 

念のため仕事を休みませてもらいました。

 

 

普段なら仕事場で仕事をしている時間に

 

 

家で布団に包まってボーっとしている。

 

 

そんな時間を過ごしていた時でした。

 

 

日常では考えつかないだろう思いが

 

 

あふれんばかりに出てきました。

 

 

やりたいことが今までより明確になり

 

 

具体的な計画まで思いは至り、普通だったら

 

 

無理だな

 

 

と思うだろうことが

 

 

すんなり

 

 

やろう!(自分のイメージする院を作る)

 

 

と自然と思えました。

 

 

それからは、少しづつ目指すもののために動き始めました。

 

 

たまに、以前のネガな思いも、みえかくれしていましたが、

 

 

やることがあるので、すぐに打ち消されていました。

 

 

 

話は少しの間、ガラッと変わりますが、

 

 

身体の中には「コルチコステロイド」というホルモンが分泌されることがあります。

 

 

このホルモンはストレスホルモンとも言われています。

 

 

簡単に言うと、ストレス(痛み、不快)に耐えるためのホルモン。

(交感神経優位になる、戦闘態勢に入るなどなど)

 

 

心拍数が上昇したり、呼吸が早くなったりするわけです。

 

 

我慢して我慢して無理をすると、このホルモンが大量に分泌されます。

 

 

このホルモンの心理的作用についての記事をたまたま目にしました。

 

 

特筆したいのは、コルチコステロイドは、

 

 

断片的で表面的な思考を生み出す作用

 

 

があるということです。

 

 

それは、時間決めでの生活、暮らしの中では

 

 

自身の内面に耳を傾ける、

 

もしくは

 

内面を見つめる暇がなくなる

 

 

ことを意味するとも書かれていました。

 

 

この記事を見たときに

 

 

おそらく私の以前の生活リズムと思考は

 

 

内面の思いと表層の思いの狭間で繰り返し

(仕事の時と、リラックスしているときの差)

 

 

ぐるぐると変化していたのだと思います。

 

 

 

なので今では

 

 

自身の内面でなにが起こっているのか、

 

 

どう考えているのかを冷静に知るためには

 

 

・ストレスホルモンを鎮める必要性があるということ。

 

 

・自律神経を整える

 

 

心底、心底、冷静になれる、まとまった時間をもつこと。

 

 

が重要だなと実感しています。

 

 

私の場合、うまい具合に熱発のおかげで、

 

 

自分を見つめる時間がゆっくりできたことで

 

 

散在していたパズルのピースを

 

 

組み合わせることができたのだと思います。

 

 

このホルモンの心理的作用を知った時に、

 

 

過去の思考のサイクルとうまくリンクして

 

 

自分のなかで腑に落ちました。

 

 

自身の思考の周期的サイクルって、意外と感じている方が多いのではないでしょうか?

(主観ですが)

 

 

だとすれば

 

 

そのサイクルをどう捉えるか、または向き合うか、

 

 

迷われている方もいるかと思います。

 

 

その原因が

 

 

ホルモンの影響かも

 

 

と思えば、

 

 

冷静に自分を見つめる時間を

 

 

じっくり設けることによって

 

 

案外答えは簡単に出るのかもしれませんね。

 

 

今回は、ストレスホルモンと思考作用の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

筑後のもっとも基礎医学を重要視する整体師  :鹿毛 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「どうなる?」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。