冬場にCOLDを飲むときは。

テーマ:

ビール



こんにちは。

かげ整体院の鹿毛です。

本日は、

冬場のCOLDの飲み方

について書きます


この時期はおいしいお酒に、食事と胃の休まる暇がない時期でもありますね。


寒い冬でも、ビールなどの冷たい飲み物を飲まれる方も多いのではないでしょうか。

私も、最初にビールを飲むことが多いです。

でも、その冷たい飲み物は胃の働きを鈍らせることにもなります。

胃だけでなく、それ以降続く消化器官に対して負担になります。

ましてや近隣にある内臓器官まで冷やし、機能低下をまねいてしまいます。

なので、私はなるべく白湯を近くにおいて、ビールを飲んだ後に白湯を飲みます。

もしくは温かい食べ物を胃の中に入れます。

いわゆる体内の温度のバランスをとるということですね。

なんなら、私はお冷やに入ってくる氷も除きます。

「特に冬場はいらんだろ」

と思うわけです。

同席した方に、からかわれたりもしたことあります。

が、気にせず実行していました。

そうしたら、テレビで女性モデルの方が同じような事を実践されているのをみたんですね。

しかも両方。(私はモデルではないですが)

「ほほー」

と思いました。

モデルの方は、

”内臓を冷やすと落ちにくい脂肪がつくためにやっている”


とのこと。

勉強になりました。


この時期は特に飲み会等が続きます。

1度ならまだしも、継続的になれば内臓の冷えも慢性的になるかもしれません。

後から温めるのも一つですが、時間差をかけるより、飲んでいるまさにその時に帳尻合わせを行うほうが身体には優しいです。

めんどくさいのは最初だけ。

慣れればなんてことはありません。

今のその身体への気遣いが3日後、3週間後、3ヵ月後・・・に効いてきます。


ということで、是非、実行してみてくださいね。


********************

 

■かげ整体院(併設:かげ○接骨院) 
TEL : 090-5949-3759


■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

■整体院 フェイスブックページはこちらから 

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから 


***************