筑後市の基礎医学を大事にする かげ○接骨院、整体院/5万人以上の患者様に対応の実績   

急なケガや長年の身体の不調にお悩みの方専門の接骨院、整体院です。


テーマ:

syougai

おはようございます。

かげ整体院の鹿毛です。


前にも少し書きましたが、再度書きたいと思います。
(再再度かも)

表に出てきている症状、感覚と身体の中の状態は必ず一致しているとは限りません。

端的に言うと

痛みがないから大丈夫ではありません。

例えば、スポーツをしている子供さんなどは特に注意してほしい。

確かに痛みを早急に抑えるための手段はいくつも存在しますし、放っておいても痛みが軽減する場合もあります。

が、

それは治ったとは言えないケースが多々あります。

痛みが減ったから競技に即復帰は、かなりのリスクが伴います。

もしその辺の情報が不確かならば、やはり一度専門機関で精査して状態を把握し、競技の程度をコントロールする必要があると思います。

また、競技を休む、強度を下げる場合でも、その間やるべきこと、できることはとてもあります。

エコー



上の画像は過去、とある機会に超音波検査装置で撮った中学生の膝の画像です。(因みに当院には現在この装置は置いていません)

膝のお皿の下にボコッとした膨らみがあります。(だれでも)
その辺りを横から見ている画像です。(膝部分を外側から見ている)

この中学生には、年代特有の疾患でオスグッドという診断名が出ていました。

当初、痛みは薬か時間経過か少しずつ落ち着いてきたということでしたが、完全に消失しないということで、各種徒手検査後に画像を撮りました。

上(A画像)も問題ありますが、ここでは仮正常として、下(B画像)を異常とします。

難しい解説は抜きにして、本来はきれいな線の輪郭があるはずなのですが、AもBも輪郭不整なのがよく分かります。

特にBにいたっては不整が顕著で明らかに突出している部分もあります。

ここはお皿下の隆起している所で、そこが本来の位置から遊離しているんです。

画像の中学生はバスケットボールの選手で、画像を撮る前まで薬を飲みながら競技を続けていましたので、完治まで期間が長引きました。

このように、本人の痛みの程度の訴えと身体の中の状態が全く乖離していることがあります。

これは、ほんの一例です。

ある処置後に痛みがすぐ消失した。軽減した。

それはそれでいいのですが、その後すぐに競技に復帰することは、長い目で見た時かなりの問題が出てきます。

どうか痛みの有無のみで安易に判断をしないで下さい。

本来知りうる、または知るべき情報をしっかり得た上で、対処していただければと強く思います。



***************************


ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから

■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

院長 フェイスブックはこちらから

整体院 フェイスブックはこちらから  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

筑後のもっとも基礎医学を重要視する整体師  :鹿毛 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。