筑後市の基礎医学を大事にする かげ○接骨院、整体院/5万人以上の患者様に対応の実績   

急なケガや長年の身体の不調にお悩みの方専門の接骨院、整体院です。


テーマ:

おはようございます!

かげ整体院の鹿毛です。

本日は、”ぎっくり腰の予防法”について書きます。

個人差でなりやすい方、なりにくい方がいると思いますが、
どちらにしても予防することにより、なりにくい身体にしていくことは
可能です。

運動、食事、ストレッチなどといろいろありますが、まずはじめに意識したいこと。


それは

”平日(仕事の日)の休憩”

です。

日常の昼休み、小休憩の過ごし方はかなり大事です。

私が診させていただく患者さんにも問診の中で聞き取りすることあります。
(もちろん仕事中の姿勢、動作も重要なので聞き取りしますが、
 そこに変化をつけることはなかなか難しい。)

・定刻に食事をとって、そのあと雑談される方(床OR椅子)

・不規則な時間に食事をとる方。

・その日の仕事の状況によってとる、もしくはとらない方。

・食事のあと軽く運動される方。


過ごし方は人それぞれですが、その昼休み、小休憩の時間に

”横になる時間”

を作って下さい。


できれば大の字になれる、仮眠(15分程度)、ストレッチなど自分流に+α、カスタマイズできれば最高ですね。
あくまで食後の10分~15分あけた後がいいと思います。

日常習慣化すれば、それだけで予防になります。

なかなか、時間、環境などが許さない方がいると思います。

しかし、最初は毎日じゃなくてもいいし、仕事場ではないところでもいいし、自分に合った時間・場所を作って徐々に習慣化してください。



では、なぜ、横になることが大事なのか?


目的は午前中の間の身体に影響を与えた分の重力とそれに伴う姿勢性のストレスをリセットすること
です。

それによって、気持ちのリセットもできます。

自身の身体への新しい気づきにもつながります。


例えば、前屈み姿勢の多い仕事内容ならば、その反対の姿勢、のけぞった姿勢で仰向けになる。

などはわかりやすい例でしょうか。



おそらく、休日などは無意識にリセットするような動きを
しているはず。

が、

ひとたび、

”仕事中”

という、

”枠”

ができたとたん、自然とそれをできなくなります。

すると優位に使用した部位は固くなり、
使用しなかった部位は反応しなくなります。


そのような不均衡を放置すれば、水面下の異常状態につながっていきます。




最初から、完璧に場所、時間などを設定してする必要はないです。

「あっ、あの近くの公園にベンチあったなー。」

「あっ、(仕事場の)近くに友達の家あったなー。」

「昼飯のあと、少し時間あるなー。」

「来週は、昼休みの時間を十分取れるようにスケジュールを組んでみよう。」

など。

様々な理由でできない、と思っているのは意外とそれまでの思い込みからきてるだけで

”しようとしていなから。”

という部分が大半です。

少しだけ考えをシフトチェンジすれば、時間も場所もあることに気づきます。


「休憩の過ごし方で?そんなことで?」

と思われる方もいると思います。

そんな
小さなことの習慣化で身体は変わっていきます。

ぎっくり腰の予防はおろか、腰痛、肩コリがいつのまにか改善しているケースも少なくありません。

毛の生えたような小さな習慣で、です。


やってみましょう!


****************************

 ■ ご意見、ご感想、お問い合わせは
 ( 上記についてご紹介させていただくことがございます。紹介不可の場合、            その旨もご記載ください。)
     ssaass.sikamou001@gmai.jp



■”かげ整体院”公式ホームページはこちらから。
    http://www.kagesetsu-health.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

筑後のもっとも基礎医学を重要視する整体師  :鹿毛 進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。