筑後市の基礎医学を大事にする かげ○接骨院、整体院/5万人以上の患者様に対応の実績   

急なケガや長年の身体の不調にお悩みの方専門の接骨院、整体院です。


テーマ:

 

こんにちは。ニコニコ

 

かげ○接骨院、整体院の鹿毛です。


先日、数か月ぶりに自身の身体のメンテナンスに行きました。

 

通常であれば1か月におよそ1回は行きながら、

 

間は自分でストレッチやらなんやらで

 

身体の調整をしているのですが、

 

この度ある考えのもとメンテナンスの間をあけていました。


それは、

 

不調の患者さんの気持ち、

感覚をより実感するため。

 

20代後半に身体の調子を崩して、

 

活して以降、

 

軽い不調、違和感などは感じたことは

あるのですが、

 

それ以上の、にっちもさっちもいかないを経験したことがない。

 

もう一つは

 

「不調を訴えている患者さんは一体どんな感覚なんだろう?」

(特に腰痛)

 

と思うことがありまして

(経験できる範囲なんて限られていますが)

 

それを実際、経験したいと思ったため。

 

で、結果、

 

 

★ひと月目

⇒セルフケアで間に合う程度の状態。特に問題なし。

 

 

★ふた月目

⇒腰に限らず、あちこちに違和感を感じ始める。セルフケアでほぼ追いつかない状態

 

 

★み月目

身体の変な硬さを自覚する。セルフケアが全く追いつかない状態。

 

 

★そして

⇒限界となり、知り合いのところへ直行。

 

自分の場合、2か月開けると、1度の施術では間に合わない。

 

ということは

 

やはり時間、費用が無駄になりますね。

 

もう二度としません。

 

やっぱ定期的に行こう。


にしても、身体だけでなく、思考も鈍るような感じ。

 

どのような経緯で、身体のどの部分に

どのような問題が出てきて

どんな感じに陥るのか、

 

参考になりました。

 

無駄にしない。

 

自身に合ったところで、気の合う施術者に

定期的にケアをしてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

こんにちは。

 

かげ○接骨院、整体院の鹿毛です。

 

ゴールデンウィーク初日いかがお過ごしですか。

 

この時期、

 

特に生活スタイルやリズムも変わらないのに

 

体の各箇所に筋性の痛みを訴える方が

 

いらっしゃいます。

 

別にいつもと変わらない負荷の運動や食事などを

 

しているのにも関わらず

 

ひどい場合はぎっくり腰、ぎっくり首、ぎっくり背中などなど。

 

ストレスや体を使ったような特別なことをご本人はした記憶がなく

 

「なんで?」

 

という感じ。

 

なぜでしょうか?


原因として考えられるのが

 

”汗の量”

 

があります。

 

この時期になると汗をかく機会が増えてきます。

 

ジッとしてても汗が滲み出てくるようにもなります。

 

この汗の中には

様々なものが含まれていますが、

 

その中には身体の栄養素として不可欠な

 

微量のミネラル、ビタミンも入ります。

 

それらは体の構成材料にも

 

エネルギーにはなりませんが

 

生命維持活動を行う上で非常に重要な役割

 

を担っています。

 

例えばミネラルの中に含まれるマグネシウムは

 

不足すると筋のひきつれ、緊張低下を

 

引き起こし

 

ビタミンで言えば、B6は働きとして

 

たんぱく質の吸収を効率よく高めてくれます。

 

しかし、これらは汗や尿で体外に

 

排出されやすいものでもあり

 

なかなか体に蓄積してくれません。

 

特にビタミンでいえば、

 

大きく水溶性と脂溶性に分かれますが、

 

水溶性ビタミンに至っては、

 

ほぼ体に残ってくれることはなく

 

不足しやすいものといわれています。

(B6も水溶性)

 

なので、汗をかく機会が増える今からの季節は

 

積極的に摂取を心がけないとすぐに

 

不足してしまいます。

 

運動を常に行っている場合は、より一層の摂取を

 

心がける必要があります。

 

でないと、筋の問題はおろか、

 

ほかの不調も出てくる可能性があります。

 

 以前、ある市民マラソン大会の救護班に

 

参加して事があるのですが、

 

様々な不調を訴える方がいる中で、

 

断トツで多かったのは

 

大量の汗をかいたことによる筋肉の

 

つりや痛みでした。

 

しかも場所は多岐にわたる。

 

これと同じような経過が

 

ジワジワと

 

もしくは潜在的に忍び寄って

 

体の痛みが出てくるのではと考えます。

 

普段から食事を空けたり、

 

インスタント食品を食べたり

 

アルコールを常飲したり、

 

偏った食事でお腹を満たしていると

 

これからの季節は、

 

てきめんに身体の異常につなっがていきます。

 

しっかりバランスの良い栄養のある食事をとってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。ニコニコ

 

 

かげ○接骨院・整体院の鹿毛です。

 

 

ボディスーツを日ごろから着用している方がたまにいらっしゃいます。

 

 

様々なタイプのがあるみたいですが

 

 

おおよそ胸部から骨盤まですべてを覆うタイプが一般的でしょうか。

 

 

聞けば身体が締まるので安定するとのこと。

 

 

確かにそういった良い面もあるのでしょうが、締めが強すぎると逆に悪い影響も与えかねないのでその部分を把握しておくことも大事です。

 

 

それではどのようなマイナス面があるのでしょうか?

 

 

ボディスーツを使用されている方で最も違和感を感じるのは

 

 

肋骨と背中に縦に走る筋肉の異常な硬さ。

 

 

特に肋骨に関しては下部の硬さは抜きんでています。

 

 

結果、下部の肋骨の内部にある横隔膜と言われる呼吸時に重要な筋肉の硬さも見られます。

 

 

軽くでいいので一番下の肋骨の直下から指を内臓の方に入れてみてください。

 

 

弾力性がありますか?

 

 

適度に奥に入ってくれますか?

 

 

 

もし上記のようにならないのであれば

 

 

腹部の中から外側に与える圧が強すぎる可能性があります。

 

 

これでは内臓をはじめ腰の骨、股関節に対するストレスがいかばかりか。

 

 

少し話が逸れますが

 

 

体幹を強くすることが重要

 

 

と昨今よくいわれますが、

 

 

反面、体幹の筋を強くするということばかりに目がいってしまうことで

 

 

腰痛、ぎっくり腰の発生の確率を高める危険性がある

 

 

ともいわれています。

 

 

その理由としては上記に書きました

 

 

肋骨、横隔膜の柔軟性の有無

 

 

です。

 

 

ボディスーツは体を安定させる反面、

 

 

必要以上の固定化状態にしてしまう

 

 

可能性があることも視野にいれておかなければいけません。

 

 

頼りすぎには十分注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。