♪アニマートミュージックくらぶ(さいたま市)     

子育てに音楽を♪「ベビーリトミック」や「赤ちゃんとママの小さな音楽会」、英語にも親しめる「英語でリトミック」などを開催。レッスンの様子や、乳幼児への音楽のもたらす効果などを綴った講師のブログです。


au 着フル0歳児からの音楽体感~ママと一緒に♪*


日にち:6月8日(水)


場所:武蔵浦和コミュニティセンター・音楽室4


音譜「赤ちゃんとママの小さな音楽会」(0~2歳児程度)

  赤ちゃんが心地よいと感じる曲をピアノの連弾で♪

  音楽に合わせたアクティビティも。音楽でママもリラックス☆

 


音譜「ベビーリトミック」(4ヶ月児~1歳2ヶ月程度)

  ベビーリトミックで育児を楽しみましょう♪

  母子の交流を深め、赤ちゃんの情感や音感、リズム感をUp!


音譜「英語でリトミック」(1歳児~3歳児)

  英語の歌や音楽に合わせて体を動かしましょう♪

  聴く力を伸ばしながら、英語にも音楽にも親しむクラス☆


  


詳細はhttp://www.animatomusicschoo.com/武蔵浦和  







NEW !
テーマ:

小さな子ども達のレッスンを30年近くしていて、母子の音楽交流の小さな変化をいくつか感じます親子


その1つが、日常、お母さんが歌を歌うことが減ったように感じることなのですが・・・なきがお


以前は、レッスンへの道すがら、車の中で、お家で家事をしながら、童謡や自分が子供のころに歌っていた歌を、お子さんに歌っていらっしゃるお母さん多く、あ~、そういうものなのか、と感じていましたおんぷ


なので、生徒ちゃんはレッスンで聴いたり弾いたりする曲が、それらの歌だとわかると一緒に歌えましたし、ママが歌ってくれるのおんぷ♪という言葉も聞かれていましたハート


でも、ここ数年は、幼稚園で習ったかどうかで、子ども達の知っている歌が限られてきているように感じます涙


幼稚園では、園の生活や季節の行事に合わせたお歌が主流なので、童謡やパパやママの小さな頃に歌っていたものは、やはり、子供たちにとってパパやママが歌っているのを聴くのが一番身近キラキラ



ベビーリトミックから、ママの歌声を取り入れているのですが、この曲知っていましたか?と聞きますと、知らなかったというママも多くなってきていますmakovv


歌詞の意味を考えなくちゃと思い詰めることは必要ないので、まずは音として、また言葉の響きとして、気持ちいいと感じるお気に入りの童謡やお子さんと一緒に歌える歌を増やしてみてはいかがでしょう♪♪


お金もかからず、お子さんにもママにも、そして親子関係にも効果大クラッカー


お子さんが小さいうちは、お子さんに向かって歌ってあげると、子ども達はママからの愛情を感じますラブラブ



少し大きくなると、ママと一緒に歌う喜びを体験できますねうさぎうさぎ

そして、自分だけで歌うと言いだしてくると、お子さんが更に成長してきた証になりますよキラキラ



子ども達の歌いやすい童謡や唱歌を、お子さんの小さいうちから生活の中で歌ってみてくださいおんぷ



それに、

歌って声を出すことは、ママにとっても気持ちをリラックスさせる効果がありますよ~音譜










AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

赤ちゃんの習い事は、いつもママと一緒ねこじろ&こじろ


0歳児から始められるレッスンは、スイミングやリトミックがありますね赤ちゃん


どちらも、赤ちゃんがママのお腹にいたころからの繋がりがあると思いませんかはてなマーク


そう、スイミングは、赤ちゃんにとってはママのお腹の中の羊水にいたころに近いですよね妊婦さん

そして、まだ水が怖いと感じない赤ちゃんにも、ママの産後の運動にも、良い効果がありそうですね合格


リトミックは、音楽を中心に行っていきます音譜

ピアノやCDの音の他、ママの歌声や声掛けと一緒に赤ちゃんに優しくタッチ赤ちゃん


ベビーリトミックは、赤ちゃんが生まれてくる以前から聴こえていたママの声、産まれた後も一番多くの時間を費やすママの声と手によって、赤ちゃんの心の安定や情緒の成長を促していきますラブラブ


こうして、赤ちゃんにもママにも効果ある赤ちゃんと一緒に行うレッスンは、母子共に楽しい時間になりますママ


でも、赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの体調や機嫌で、毎週のお出かけはちょっと難しいことも・・汗


私たちの、ベビーリトミックのクラスは、1回毎の参加方法。1回のレッスンでも、日々ご自宅で行っていただけるように少人数でのレッスンです赤ちゃん


お子さんの成長に合わせて、1か月後、または数か月後に参加して頂くと、お子さんの成長に合わせた内容に少しずつ変化していきますau 着フル


まずは、ママに育児を楽しんで欲しい♪

すると、赤ちゃんに笑顔や表情が増えていきます赤ちゃん


気軽に参加して頂いて、毎日の生活でリトミックを活用して、ママも赤ちゃんもハッピーになってもらって、心も体も元気になれますよ~に音譜





AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピアノは、何歳になってからでも、レッスンをスタートすることが出来ますピアノ


ただ、レッスンで重視することや、習得して欲しいこと、レッスンの進め方などは年齢によって違ってきますpiano*


例えば、3歳前後で始める子、3、40代でお子さんと一緒に始められる方、60歳を過ぎてから始められる方では、それぞれの身体機能(指の動かし方や楽譜を目で追う速度など)や理解度に違いがありますよねひらめき電球


このような違いに合わせて、また個人に合わせたレッスンの進め方をしてくれる先生のもとでレッスンをスタートすると、無理なく効果的に続けられると思いますピアノ


そこで、やはりママ達の関心事である「我が子にピアノを習わせたいけれど、何歳で始めるのが良いの?」という問題ビックリマーク


先ほどの、年齢や個人の得手・不得手に合わせたレッスンの進め方をしてくれて、尚且つ、3歳前後のお子さんの指導に慣れている先生のもと、個人レッスンで始められるのでしたら、早いに越したことはないと思いますレットP


ですが、どの生徒さんにも同じ教材、グループで始めるようでしたら、もしかすると、そこには合わないというお子さんもいるので、それでしたら、お子さんがピアノを習いたいというのでなければ早くから始めなくても良いような・・あせる


3歳前後で始めるお子さんは、是非ママと一緒にレッスンに通って頂いて、お子さんのレッスンの様子を見たり、先生のお子さんへの指導法や接し方を見るのも良い時間ですよ合格


もし、下に赤ちゃんのいるママも、赤ちゃんも一緒にレッスンを過ごせる先生だと、下の子も音楽に親近感を持ち、ご家族でピアノに親しめるようになりますよね♪


お家でママと一緒におさらいのお歌を歌ったり、パパにレッスンの様子を話したり、レッスンへの
道すがらはママとのお喋りタイムになったり、未就学児のレッスンは、レッスン時間だけでない楽しみ方や親子関係の充足に繋がっているようです♪*



小学校に入学してから始められる子も多いですが、自ら習いたい!というのでないと、宿題やお勉強に時間を取られて、練習できずに進歩感がなく止めてしまいがち・・しょぼん


このようなお子さんには、レッスンの日時を変則的にして、集中してレッスンに通える期間を設けると、わかった!できた!弾けた!という実感を得られますよ音譜


その間(2週間でも、1か月でも)は、レッスン時間が練習時間を兼ねているし、一人で練習するより先生が一緒なので、家で一人で練習するよりも理解度が高まり、練習ポイントがはっきりして、結果、自信が持てるようです♪


ピアノレッスンは何歳でもスタートできますが、

せっかく始めたピアノレッスンなので、ピアノの楽曲を弾くという目的に自分の練習で出来るようになったという体験を増やして、ピアノ以外でも「やればできそう、だから、やってみよう」というふうに向かってもらえると嬉しいです♪
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。