NPO法人アニマルライツセンター

日々の活動やイベント情報を発信!


テーマ:
エシカル消費と動物への配慮シンポジウム

アニマルライツセンターでは、エシカル消費の中に動物の問題を含めるべきであるとして活動を続けてきました。
日本ではこれまでもグリーンコンシューマー運動や持続可能性などの中に動物が抜け落ちてきてしまっています。
本来は、飼育下の動物を適切に扱い、また苦しみを減らしていくということは、人権や環境とならんで大きなトピックスです。
この議論をより深めるため、専門家を招き、『エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム』を行います。

基調講演には、世界のエシカル・コンシューマリズムをリードする雑誌”Ethical Consumer(エシカル・コンシューマー)”の創刊メンバーであり主筆を務めるロブ・ハリスン氏をイギリスよりお招きします。

前回ロブが日本に来たのは、JETROの講演会でした。
今回の来日は、動物の問題(アニマルライツ・アニマルウェルフェア)はもとより、環境、エシカル、持続可能性、SDGsなど関心の深い方にはとても有益な機会になることでしょう。

その他にも、消費者・企業・生産、それぞれ専門家にお越しいただきます。



日時
2016年10月2日(日)10:00~17:30

場所
立教大学 池袋キャンパス 8号館1階8101教室(収容人数498人)
(171-8501 東京都豊島区西池袋3丁目34−1)
https://goo.gl/maps/NXJLiZ8NjoB2

参加費
資料代として 500円

プログラム
司会:ラジオパーソナリティ 柳井麻希
10:00~10:05 開会
10:05~10:15 日本のエシカルコンシューマリズムの動向(仮) 日本エシカル推進協議会 代表 山本良一
10:15~11:15 基調講演 エシカル・コンシューマー主筆 ロブ・ハリスン(※同時通訳あり)
11:15~11:45 日本の動物利用の現状と課題:主催団体より
11:45~12:45 ランチ休憩 パネル展示
※ランチは後日前払いにて販売を開始する予定です(校内での販売ができないため)
※周辺でも購入またはレストラン等ございます
12:45~15:45 現状と取組み
12:45~13:15 消費行動と動物との関わり  日本女子大学教授 細川幸一
13:15~13:45 畜産動物の福祉の現状  帝京科学大学教授 佐藤衆介
13:45~14:15 動物と持続可能性 NPO法人アニマルライツセンター 岡田千尋
14:15~14:45 CSR動向 株式会社クレアンCSRコンサルタント 山口智彦
14:45~15:30 企業の取り組み 株式会社ラッシュジャパン取締役 小林弥生
15:30~15:50 休憩
15:50~17:15 パネルディスカッション 消費と動物(仮)
司会 株式会社クレアンCSRコンサルタント 山口智彦
【パネリスト】 エシカル・コンシューマー主筆 ロブ・ハリスン
一般社団法人消費者市民社会をつくる会代表理事 阿南久
日本女子大学教授 細川幸一
立教大学教授 阿部治(+主催団体より2名、ほか交渉中)
17:15~17:20 閉会あいさつ 立教大学教授 阿部治

参加登録はこちらから
http://goo.gl/forms/hvR9b8uR59yHqqo12

主催
立教大学 ESD研究所
NPO法人 アニマルライツセンター(ARC)
NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
PEACE ~命の搾取ではなく尊厳を

後援
日本エシカル推進協議会
日本消費者教育学会
一般社団法人エシカル協会
一般社団法人全国消費者団体連絡会

特別後援
美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会

メディアパートナー
オルタナS

参加登録はこちらから
http://goo.gl/forms/hvR9b8uR59yHqqo12


■企業やお店などの協賛と特設サイトや配布資料での広告も募っています。お問い合わせ下さい。
連絡先
NPO法人アニマルライツセンター 岡田千尋
150-0042 東京都渋谷区宇田川町12-3ニュー渋谷コーポラス1009
03-3770-0720
メールフォーム http://goo.gl/forms/qt7VQapeiFm7tnAX2

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
毎年開催される藤崎八幡宮例大祭では、馬を連れた奉納行列が行われます。
約60の奉納団体がそれぞれの馬を引き連れ、朝夕10kmを5時間ほどかけて馬は歩かされます。馬を扱う人は全部で1000人。藤崎八幡宮や警察から「馬を暴れさせるような行為はしてはいけない」との指導が出されていますが、動画サイトにアップロードされた2013~2015年の動画を見ると、その指導は行き届いていない、守られていないという状況にあることがわかります。
動画には馬を勢いよく見せるために急所付近をつかみ、わざと後ろ蹴りさせる様子や、馬を左右に引き回したり、不自然な横向きに歩かせる目的でハミを執拗にひっぱる様子が撮影されています。威勢よく見せて盛り上げようという人間本位の考えが虐待につながっていると言えます。

市民からの通報では、馬を取り扱う者が行列の出発前に飲酒することもあるそうです。飲酒も、馬を暴れさせるという行為も道路交通法に違反します。飾馬行列は道路使用許可をとって行われており、本来なら許可取り消しになる行為が行われてしまっています。
また、2016年7月20日の熊本日日新聞のWEB版からの抜粋ですが
『飾り馬奉納「半減」 藤崎宮例大祭』というタイトルで次のような文章が掲載されていました。(赤字はARCが強調)

 
熊本市の藤崎八旛宮秋季例大祭の呼び物「神幸行列」で飾り馬を奉納する団体が前年の65団体からほぼ半減し、35団体にとどまることが19日、分かった。熊本地震の被災者への配慮に加え、運営に必要な寄付金を集めにくいことなどが影響し、自粛が広がったとみられる。
 飾り馬とともに街を練り歩く勢子が大半の神幸行列は例年約1万5千人規模。奉納団体の大幅減で、9月18日にある行列は8千人程度になりそうだ。
(中略)
 その結果、(1)屋外での練習禁止(2)寄付先での馬追いや音出しの禁止(3)神幸行列での酒類提供の禁止-などを順守するよう各団体へ通達。7月上旬の期限に奉納を申し込んだのは、高校同窓会など35団体にとどまった。
(中略)
 一方、寄付金の集めにくさも自粛に影響。ある奉納団体は「通達は事実上の寄付回り禁止。企業や店舗など3百~5百カ所にお願いしてきた寄付がなければ運営は無理」。別の団体は「予算を縮小し参加しても、お酒も飲めず、勢子から不満が出る」と明かす。



馬は「軽車両」に当たるので、馬を引き連れる人の飲酒は禁止です。
「神幸行列での酒類提供の禁止」とありますが、馬を引き連れる人も飲んでるなら大問題です。それ以前に神への奉納行事で「お酒も飲めず、勢子から不満が出る」ような奉納団体は、問題がありますし、そもそも神幸行列で酒類が提供される、という時点でこの行事がどういう性質のものなのかが分かるような気がします。

熊本例大祭における馬への虐待行為や、馬を扱う人の飲酒行為などを見たら、アニマルライツセンターまでお知らせください。可能であれば証拠の動画を撮影してください。またその場で警察にも通報してください。
*【追記】2015年12月の警察の回答では「馬に後ろ蹴りさせるという行為はどの場所であれ不適切な行為にあたる」との判断だそうです。
現状、性器や性器付近をつかむ、後ろからあおるなどの方法で、練習段階から後ろ蹴りをさせるべく、奉納団体は訓練をおこなっており、祭りの最中も執拗に後ろ蹴りをさせるという行為が行われ、時に警察の目の前でもこの行為が行われています。
しかし今後、例大祭における「後ろ蹴り」させるという行為は、どの場所であれ禁止です。

また動物愛護法44条における公訴時効は、刑事訴訟法において3年ですので、現在から3年以内の虐待の証拠になるものがある場合も警察、もしくはアニマルライツセンターまでご連絡ください。



2015年9月13~21日の例大祭(飾馬行列は20日)開催前、アニマルライツセンターは藤崎八幡宮、熊本県議会議員、熊本北警察、神社庁、熊本市動物愛護行政に対し、下記の文書を送付しました。

2015年9月3日

昨年の藤崎八旛宮秋季例大祭を観覧した熊本県民から、「あれは馬への虐待ではないか」との通報が、私どものもとへ多数寄せられております。
そこで、昨年の例大祭の参観者への聞き取りや、ネット上にアップロードされている、近年の例大祭の動画の確認をしたところ、たしかに動物愛護 管理法の第四十四条第二項の罰則対象ではないかと懸念しております。

虐待と思われる行為は下記の二点です。
・過度な心理的恐怖を与えている
・過度な肉体的苦痛を与えている。

被食種である馬は、蹴りをいれる、逃げるなどで身を守ろうとする動物です。そのため外部の刺激に敏感で、恐怖を鋭く察知します。見慣れぬ風景 や音に繊細に反応し恐怖します。
その馬を市中数時間に渡って「ドーカイ、ドーカイ」という大きな掛け声と鳴り物とともに引き回し連れ歩かせています。
そして、後ろ蹴りさせるために馬の背後からわざと囃し立てたり、勢い良く見せる目的で、馬の意思に反して手綱を右に左に引っ張ることで馬の抵 抗を故意に引き出しています。
これらは環境省による「虐待の定義」における「積極的(意図的)虐待 - 心理的抑圧、恐怖を与える」(*1)に該当するものと思われます。

また馬の抵抗を引き出すために行われている乱暴な手綱使いが馬に肉体的苦痛を与えています。
手綱はハミと繋がっており、金属のハミは馬の口に入っています。馬の口腔は、解剖学上最も敏感な部分の1つであり、 その部分に圧力をかけ苦痛を与えて馬を制御するためにハミと手綱は使用されています。ハミ自体が虐待的な悪影響を及ぼすという研究者もいるほどで (*2)、本来ならば優しく、扶助的に扱わなければなりません。しかし、この馬追では馬の逃走反応や闘争反応を引き出すために、故意に苦痛を 与えるために、乱暴に使用されています。
昨年の藤崎八旛宮秋季例大祭でも、手綱を強引に右に左にと引っ張りまわす所作がありました。またハミによる苦痛が気になるのか始終口をクチャ クチャと動かしている馬も散見されました。
これらの扱いは環境省による「虐待の定義」における「積極的(意図的)虐待 - 暴力を加える」(*1)に該当するものと思われます。

以上です。

奉納団体の中には行列出発前に飲酒をするものもいると聞いています。馬の性器をつかみ後ろ蹴りをさせるという行為が昨年も行われています。
飲酒や馬を暴れさせるという行為は道路交通法上も問題となる行為で、道路使用許可を取得する際に禁止されています。

また、お祓いし、飾りを載せた馬へのこのような行為は、神様への冒涜であるとも思います。

今年は9月13日に例大祭が始まり、馬を伴った行列は9月20日に行われます。
大変お手数ではございますが、この件について、どのようにご対応いただけるか書面(郵便またはFAX)あるいは電子メール(宛先:sato@arcj.org)にてご連絡いただければ幸甚です。
何卒、よろしくお願い申し上げます。


敬具

*1 飼育改善指導が必要な例(虐待に該当する可能性、あるいは放置すれば虐待に該当する可能性があると考えられる例)について
(環自総発第 100205002号 平成22年2月5日)
*2 ロバート・G・クック博士(タフツ大学獣医学部獣医外科学名誉教授)
著書「ハミ付き頭絡の及ぼす虐待的な悪影響」
*参考までに、2013年、2014年に撮影された動画より、問題のある行為をいくつか抜粋しております。(以下動画列記)


*参考までに、2013年、2014年に撮影された動画より、問題のある行為をいくつか抜粋しております。

2014年
一頭の馬だけが撮影されています。特に後半馬へのあおりが激しく、ハミを繰り返し引っ張っています。
https://www.youtube.com/watch?v=mKet9FVp6vI

2014年
後ろから(手綱を地面に叩きつけて?)馬に後ろ蹴りをさせています。
13分5秒~
https://www.youtube.com/watch?v=xbLKNzzm6Ec

2013年
馬を横歩きさせるために、ハミを引っ張り続けています。
https://www.youtube.com/watch?v=QkbsZ-e_rJk

2014年
7分34秒~後ろからあおって馬に後ろ蹴りをさせるよう仕掛けています。
(馬は後方も見えるので不振な動きが見えたら恐怖心から後ろ蹴りをします。)
https://www.youtube.com/watch?v=sZ73kv9VDk8

2013年
全編通して何頭もの馬が撮影されています。
おとなしく歩いている馬のハミを故意にひっぱったり、性器をつかんで後ろ蹴りさせている団体もいます。
https://www.youtube.com/watch?v=8LlcDKnNooI


2014年
練習の段階で、ハミを刺激して馬に後ろ蹴りをさせるように仕込んでいます。
https://www.youtube.com/watch?v=G40sf4Fm0J0

2014年
撮影されているこのエリアでは馬をぐるぐると歩かせる趣向のようで、いくつかの団体がハミを故意に引っ張っり引き回しています。
29分50秒~特に強く引き回しています。
https://www.youtube.com/watch?v=KwhiaBGQ6eE

2014年
故意に後ろ蹴りさせています。(馬の背後でよく見えませんが、後方の人が叩くようなしぐさをしています)
https://www.youtube.com/watch?v=OMrR6DXt5wM

2013年
右に左に歩かせるために故意にハミを引っ張っています。また手綱を地面にたたきつけることで、馬に後ろ蹴りをさせています。
4分8秒ころから、手綱を叩きつけている様子が分かりやすいです。
https://www.youtube.com/watch?v=OEPQhz3KsXI

2014年
一番初めの団体が故意に後ろ蹴りさせています。
6分5秒~ハミを上下に何度も激しく動かしてます。
8分55秒~ハミを上に何度も強くもちあげています。
13分55秒~性器をつかんで後ろ蹴りさせています。
https://www.youtube.com/watch?v=E1QoK9CP_AM



2015年例大祭における馬虐待
http://www.arcj.org/animals/sacrifice/00/id=678

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
近年動物との「ふれあい」を目的としたビジネスが拡がっています。
中でもフクロウを利用したふれあいカフェを見かけることが増えてきました。

目のくりくりとした「愛らしい」フクロウと触れ合い、癒される。これがフクロウのカフェの売りです。しかしフクロウは人を癒すことに同意しているわけではありません。
「ふれ合い」と言われていますが、ふれ合っているわけではありません。片方を拘束して、もう片方が一方的に触っているだけです。




フクロウたちは、短いリーシュでつながれて飛ぶこともできず、水が飲みたいときに飲むこともできず、写真を撮られ、触られても飛んで逃れることができない拘束下で、商業利用されています。

【署名】拘束されて動けない フクロウのカフェの撤廃を 
http://www.arcj.org/animals/zoo/00/id=919




この署名は、フクロウなど猛禽類を利用する各ふれあいカフェ、各自治体の動物愛護行政、環境省へ提出します。

フクロウなど猛禽類を利用する各ふれあいカフェには、猛禽類を利用したビジネスの廃止を求めます。

各自治体の動物愛護行政へは、第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目、動物の愛護及び管理に関する法律、展示動物の飼養及び保管に関する基準に基づき、フクロウなど猛禽類を利用するふれあいカフェに、拘束展示の中止並びに飲水器の設置を指導するよう求めます。

環境省へは第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目、展示動物の飼養及び保管に関する基準に、動物の飼養施設について数値基準を設けるよう求めます。




AD
いいね!した人  |  リブログ(7)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。