殺処分 ゼロ を目指して・・・ あにまるあいず活動ブログ

仲間と共に、捨て動物ゼロ・殺処分ゼロとを目指して、活動しています。いつか、不幸などうぶつ達ががいなくなることを願って。
ココに掲載した記事は無許可で転載可能です。
お問い合わせ:animaleyes2008@yahoo.co.jp


テーマ:
{E1EFD61C-3B07-4DF1-A457-8DB668E437BE}

いつもお世話になっている、動物保護管理センターで、保護されている猫の譲渡会が開催されました。
当会の猫は参加しませんが、里親さんの応対のお手伝いをさせて頂きました。
初めての試みです!
猫の頭数より、里親さんの方が多くてビックリしましたびっくり

しかし、殺処分がゼロになることは、現時点では無理です。
猫の殺処分のほとんどが、離乳していない子猫だからですアセアセ
そこを解決しなければ、殺処分はゼロにはなりません。

愛知県でも、乳飲み子を引き取って人工保育をする団体は、ごくわずかです。
時間拘束も長く、精神面でも体力面でも大変だからです。

当会でも、子猫の人工保育をできるのは私だけです。
産前には仕事しながら、子猫の人工保育をしていました。
長男を出産後は、仕事は短時間になったものの、家事もあります。
とにかく大変です。

子猫の人工保育は、専業主婦でない限り、難しいです。
このご時世、専業主婦は少ないです。
まずは、自分が生活しないといけません。
当会は、専業主婦はいませんし、全員が家事育児をしています。
となると、沢山の頭数を抱えられませんショボーン

活動の中でも、「乳飲み子を育てる」というのは、家庭の時間が削られます。
「まずは家のことやってからでしょ」と、ほとんどの旦那さんが思われるでしょう。
自分が旦那さんの立場なら、同じことを言うと思います。
だから、この活動は、家庭崩壊につながるパターンは、よく聞く話ですショボーン

ボランティアだけが、乳飲み子を抱えるのは大変です。
行政も、勤務時間内に職員さんが、子猫の人工保育を出来れば良いと思うのですが、愛知県内の自治体ではほとんど行われていないのが現状ですもやもや

しかし、ここ数年、私がお世話になっている自治体では、犬猫の殺処分を減らすために、すごく努力されていると感じています。
職員さんから、「出来る限り殺処分はしたく無いんですよ」という声を何度も聞きます。
私が活動を始めた頃を思えば、ここ数年、とても努力され、ボランティアとの連携を取ってくださってると感じています。

今回のお手伝いで、「行政から猫を引き取る」という人が増えたと実感しました。
猫の殺処分ゼロの希望の光が、少し見えたように思います。

ちなみに、犬は、殺処分ゼロになるのは、実現可能だと思います。
そもそも行政に持ち込まれる頭数が猫より少なく、成犬でも里親さんが見つかるからです。

1日も早く、犬猫の殺処分がゼロになりますように星


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

あにまるあいずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。