回答編、遅くなりました~(^_^;)ノ

さて、犬と猫のリンパ腫の問題。間違いはどれ?
ひとつずつ見ていきましょう。

解説スタートっ\▼・ェ・▼/\=^_^=/


1. 日本国内の犬のリンパ腫について、大手動物健保会社の報告では、発生頻度が高い犬種として、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、フレンチブルドッグ、ウェルシュコーギーを挙げている。

↑大手動物健保っていうのはアニコムのことですね。
欧米での報告では、ボクサー、ブルマスティフ、バゼットハウンド、なども多いのですが、日本ではかなり数が少ないですからね。
ということで、1.は正しいですから、これは×

2. 猫のリンパ腫において、FeLV(猫白血病ウイルス)感染に関連して発生する若齢猫の前縦隔型、多中心型、中枢神経リンパ腫は減少し、消化器型や腎型が増加している。

↑FeLV感染の診断・予防が普及したことによって、ウイルス関連性のリンパ腫は減少傾向にあります。ということで、2.もただしいので×

3. 犬のリンパ腫で一番多いのは消化器型リンパ腫で嘔吐、下痢、体重減少などの非特異的消化器症状を示す。

↑犬のリンパ腫で一番多いのは体表のリンパ節が腫大することで発見されることが多い"多中心型リンパ腫"で、およそ84%を占めます。
ということで! 3.は間違い! これが正解ですビックリマーク
ちなみに、消化器型リンパ腫は全体の5~7%です。

4. リンパ腫の診断において、細針生検細胞診、ツルーカット生検・リンパ節摘出などでの組織検査によって細胞の形態的、組織構造の分類などで診断をつけるが、判別が難しい場合はクローナリティ検査や免疫染色などが有効とされる。

↑4.もその通りで、正しいですので×

5. 猫の腎型リンパ腫は通常両側性に発生し、多臓器(腸間膜リンパ節、肝臓、脾臓、消化管、体表リンパ節、胸骨リンパ節、肺、心臓、骨髄、眼球、皮膚、中枢神経など)への浸潤が高頻度に発生する。

↑抗がん剤を用いた治療で生存期間中央値7ヶ月といわれています。
両側の腎臓が侵されますと当然腎不全も起こしてくるわけで、日常のQOLを上げ、腫瘍もたたきながら、なかなか厳しい予後なのですね。早期診断は腎臓の(針)生検ですね。それも簡単なことではないですよね。

ということで、正解は 3. でしたわんわんにゃー


汗ばむ昼間、肌寒い夜、お彼岸あたりはそんな気候。
皆様も、皆様のかわいいパートナーも、お身体にはくれぐれもお気をつけ下さいラブラブ

ではでは、Dr.BAOでした~音譜


AD
犬と猫の腫瘍発生率のトップ3にどちらも入っているのがリンパ腫です。

リンパ腫はそれだけ多い腫瘍ということになりますが、体表のリンパ節が腫れる多中心型や胸部の前縦隔型は比較的診断がつけやすいですが、消化器型や皮膚型や節外型などはいずれも他の疾患との鑑別が簡単ではありません。

リンパ腫が数少ない抗癌剤治療による寛解が得られる可能性のある腫瘍であることからも、その診断、予後の判定はとても重要なものとなります。

ということで、今回はリンパ腫の問題。間違っているのはどれはてなマーク


1. 日本国内の犬のリンパ腫について、大手動物健保会社の報告では、発生頻度が高い犬種として、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、フレンチブルドッグ、ウェルシュコーギーを挙げている。

2. 猫のリンパ腫において、FeLV(猫白血病ウイルス)感染に関連して発生する若齢猫の前縦隔型、多中心型、中枢神経リンパ腫は減少し、消化器型や腎型が増加している。

3. 犬のリンパ腫で一番多いのは消化器型リンパ腫で嘔吐、下痢、体重減少などの非特異的消化器症状を示す。

4. リンパ腫の診断において、細針生検細胞診、ツルーカット生検・リンパ節摘出などでの組織検査によって細胞の形態的、組織構造の分類などで診断をつけるが、判別が難しい場合はクローナリティ検査や免疫染色などが有効とされる。

5. 猫の腎型リンパ腫は通常両側性に発生し、多臓器(腸間膜リンパ節、肝臓、脾臓、消化管、体表リンパ節、胸骨リンパ節、肺、心臓、骨髄、眼球、皮膚、中枢神経など)への浸潤が高頻度に発生する。


さーて、いかがでしょうわんわんにゃーちょっとむずかしかったかなはてなマーク
比較的診断つけやすいものから、症状からだけでは診断つけにくいものまで様々なリンパ腫。

かわいいパートナーのために、ぜひ、正解して下さいっラブラブ

我々動物医療従事者も常に心して、毎日の症例と向き合っていかなくてはなりませんね病院目

ではでは、回答編でお会いしましょう音譜
Dr.BAOでしたニコニコ

AD
 さて、週末日曜も夜中になってしまいましたが(日中は東京にセミナーに行っていましたのでゞ)、先日の高血圧のメカニズムに関する問題の解答編です\(^_^)/

 1. ヒトでは原因疾患が伴わない特発性高血圧症が多いが、犬や猫では他の全身性疾患(腎疾患、甲状腺機能亢進症など)から二次的に発生する二次性高血圧症がほとんどである。

 ↑その通りですグッド!ニコニコ
ワンちゃんの腎疾患は割合的にネコちゃんほど多くはありませんが、高齢のネコちゃんには甲状腺機能亢進症もあり、腎疾患も多いことから、高血圧の問題はネコちゃんの方がより身近なものなのかもしれませんね。

2. 血行動態的な観点から 血圧=心拍出量×末梢血管抵抗 と規定される。

 ↑その通りです。心拍出量、そして末梢血管抵抗に影響する要因に関しては3. 4. に簡単にまとめてあります。

3. 高血圧の発症段階における心拍出量の増加は、体液量の増加と心収縮力の増大などが関与している。

 ↑これもその通りです。体液量の増加に加担する因子としては、過度の食塩摂取や肥満、腎臓からのナトリウム排泄能の低下などがあります。

4. 末梢血管抵抗の上昇は、交感神経系機能やレニン・アンギオテンシン系(RAS)の亢進や、RAS以外の血管収縮物質の増加、血管拡張性物質の減少などが関与している。

 ↑これもその通りでした、ということで、、、

5. 肝臓は高血圧に大きな影響を与える臓器で、レニンの分泌とナトリウムの排泄作用により血圧の調節に関与している。

 正解は5. つまり間違っているのは 5.でしたわんわんにゃー
1.に腎臓って言ってますし、レニンの分泌やナトリウムの排泄作用により血圧の調節に関与しているのは肝臓ではなく『腎臓』が正しいと言うことになります。


ふう。皆様おつかれさまでしたパンダ
あなたのかわいいパートナーは、心臓疾患、腎臓疾患、高脂血症、網膜疾患、などなど、これからは様々な診療の一環として血圧測定を動物病院で受けることになるかもしれません。

病気の仕組みを知っておいて損はしないですよね。
それに、血圧の問題はご家族ご自身の問題になるかもしれませんしね叫び

ではでは、またお会いする日まで~ラブラブ

Dr.BAOでした~音譜



AD